1999バックナンバー
2000・1月前半 2000・1月後半 2000・2月前半
2000・2月後半 2000・3月前半 2000・3月後半
2000・4月前半 2000・4月後半 2000・5月前半
2000・5月後半 2000・6月 2000・7月
2000・8月 2000・9月 2000・10月
2000・11月 2000・12月
2001・1月
 2001・2月
 2001・3月
 2001・4月
 2001・5月
 2001・6月
 2001・7月
 2001・8月
 2001・9月
 2001・10月
 2001・11月
 2001・12月
 2002・1月
 2002・2月
 2002・3月
 2002・4月
 2002・5月
 2002・6月
 2002・7月
 2002・8月
 2002・9月
 2002・10月
 2002・11月
 2002・12月
 2003・1月
 2003・2月
 2003・3月
 2003・4&5月
 2003・6月
 2003・7月
 2003・8月
 2003・9月
 2003・10月
 2003・11月
 2004・12月
 2004/1&2月
 2004・3&4月
 2004・5月
 2004・6月
 2004・7月
 2004・8月
 2004・9&10月
 2004・11&12月
 2005・1月
 back
3月31日木曜日「MP3プレイヤーを買いに行こう(前編)」

 昨日北九州遠征の前に運転中寝てはいかんということで飲んだジョージアテイスティが効きすぎて寝床に入っても眠れない状態に。カフェインに弱い体質だってのはわかってたけど、まさかこれほどとは……。学生のころはそんなことなかったと思うんだけどなあ。
 で、やっぱり携帯音楽環境をDSに頼るのは無理があるとわかったのでMP3プレイヤーを買いにヨドバシへ行って来ました。Macユーザーの私なので狙いはもちろんipodです。とりあえずシャッフルな方向で。で、現地へ到着してみるとipodの対応USB2.0必須という張り紙が……。確かうちのメインMacもサブノートもUSBは1.1なのです。正直この手の知識にうといのでなにがどう違うのかさっぱりわからないながらも必須といわれてしまうと困ってしまいます。一応プロである弟に連絡してみても携帯全然つながらない。しかもシャッフルは売り切れというような感じもあったりなかったり。
 そこで他のものも見てみることにしました。値段ではシャッフルが安いです、やっぱり。ただシャッフルはかなり機能限定のアイテムですし、液晶のウインドウも無い。あれこれ見てみた結果、これは結構良いんじゃないかなというものを見つけました。ADTECのAD-FG100という機種です。ライン入力を備えていて単体でCDプレイヤーやゲーム機などから音を採取出来るというところがポイント(弟に言わせるとPCに取り込んでしまえば同じことじゃないかということになりますが)。FMラジヲ受信とかは必要ありませんが、MacOS9にも対応している点もシャッフルより高ポイントなのです。もっともうちのOS9は9.0なのでどちらにせよ対応してないのですが(苦笑)。ぼちぼちMacminiへの移行を本気で考えようかな。
 そんなこんなで今日のところは退散。後でipodシリーズでもシャッフルのみUSB1.1対応だということがわかったので性急に結論を出さなかったのは正解だということになりました。明日改めて出直して選んでくることにします。一応、八分通りの腹づもりは決めていますけどね。

3月30日水曜日「北九州制覇」

 やはり「シャイニングフォースネオ」に手を出すよりも、DCの「ロードス島戦記」の積みを解消したほうが良かろうということで、プレイを開始しました。基本的にちみっちゃいキャラが敵をバッサリ斬るだけの「戦国無双」に近いタイプのゲームらしいですが、アクションよりも育成の方が重視されるようですね。ぶっちゃけまだまだ序盤なので面白さの芯の部分には触れていないだろうと思います。ゆっくりとプレイすることにしましょう……明日「メモオフAR3」の発売日だしどうしてもゆっくりにならざるをえないけど(苦笑)。

 昨日の今日で北九州へ遠征してきました福岡市内から北九州へ行くには3号線をずっと北上していけばオッケーです。どこかで曲がる必要はありません。で、出撃したのが仕事の後の朝の四時前。これがまずかった。春になって暖かくなって来たといってもそれは日中の話で、朝方はまだまだ寒い。いや、ほんとに寒い。一度家に寄って服を着足して身体の防寒対策は万全なものの、脚と手がえらい寒い寒い。いつものグローブ一枚じゃ足りず、指が固まってしまう始末です。脚もね、ズーマーは風防の無いデザインだからやっぱり寒い。途中の電子掲示板によると気温6度。そりゃ寒いわけですよ。
 時間が時間だけに車の通行量はものすごく少ないです。3号線は一部車線が1本になったりするのでその辺はとてもありがたかった。貨物トラックなんかはバンバン飛ばして来て恐い思いもしましたけど、路肩も広めだったしなんとか無事に走れました。こんな時間に3号線を走る原付どころかバイクさえいやしねえ(笑)。ちゃんと出発前に給油してあります。一部区間は全開走行になりました。やっぱりとろとろ走ってる方が危ないってこともありますね。30キロ制限なんかさっさと撤廃して40キロに引き上げた方が良いと思いますよ。
 で、現地に到着したのが朝の5時半(笑)。思ったよりもずっと早く着いてしまいました。北九州ではラーメンでも食べて来ようと思ってましたが、これじゃいくらなんでも早すぎる。どこも開いてません。やってるのはロイホとかジョイフルとか終日営業のファミレスだけ。実は私、高校の部活の遠征で九州のあちこちへ行ってますが、北九州には行ったことがありませんでした。当地の食事を楽しみにしていただけにとても残念です。いや、無計画な自分がアホなだけなのですが。仕方ないので小倉北区白銀のローソンでホットレモンを買って飲んでお終い。店員、レジで漫画読んでちゃダメだよ。ほんとにそれだけ、滞在時間10分ほどで3号線をUターン。
 帰りの途中で日が昇って来たので、寒さは随分とやわらぎました。6度が9度になるだけで随分違うもんですね。帰りもはやり1時間半ほどで市内へ到着。都合3時間ばかりバイクに乗り続けてたら、疲労と寒さに縮こまったのとで脚がガクガクになってしまいました。帰宅後少しずつ暖かい血が通って行くのを感じて気持ちよくなったりなんかして。動かないのは手も一緒で、この日記は一度寝て起きてから書いてます。書こうとしたら指が震えてキーボードを打てませんでした。
 次は熊本ですね。こっちは往復で倍はかかるかな? 後でオイル交換しておこっと。

 今回の北九州行きのために用意したものは二つ。デジカメとニンテンドーDSです。なんでDSかというと、私は携帯するための時計を持って無いから。腕時計というものが昔から大ッ嫌いなんですよね。腕にあんなリングをつけると考えただけでぞっとする。かといって懐中時計は高いし。だからといってDSを時計代わりにするってのも我ながらヘボい。やはり腕時計じゃなくていいから携帯用の時計はあった方が良いです。
 あともうひとつ。私はMP3プレイヤーを持ってません。なのでDSをその代わりにも使いました。「大合奏バンドブラザーズ」の曲選択時にDSを折り畳みスリープモードへ移行させておくと、イヤホン端子のみから音が出るようになってるのですよね。こうしておくと普通なら6時間ほどしか連続稼動出来ないDSから20時間ほども音を鳴らし続けておくことが出来ます。実際の道中では風を切る音が邪魔でドラムパートくらいしか聞こえませんでしたけど(苦笑)。うーん、MP3プレイヤーも買おうかな。

3月29日火曜日「透明になったみたい」

 ちょっとだけ寝坊してしまって仕事前に風呂にお湯を張ることが出来ませんでした。仕方ないので久しぶりにシャワーで手早く済ませることに。ぼちぼちシャワーだけでも身体が冷え込まないくらい暖かくなって来たようですね。まだ近所の桜は咲いていないようですが……もしかして今年はちょっと遅いのかな? ともあれ寒さも和らいで来ましたし、ツーリングにも良い季節ってことですかね。北九州と熊本、先にどっちに行こうかな。

 布施明が唄う「仮面ライダー響鬼」のエンディングテーマが結構売れているようです。これ、なかなか良い曲なんですよね。私はMacユーザーなんでエイベックスのCDには手が伸びにくいのですが、今回はCCCDじゃないらしいので見つけたら買ってみたいなと思ってます。
 その響鬼、相変わらずどっしりと構えたストーリー作りが続いてます。ただ主演の細川氏が大河ドラマ兼任で忙しいらしく、今回他の人との絡みのないシーンでの登場だけで残念。今後もこういうことがありそうです。撮影スケジュールもいっぱいいっぱいとかいう噂ですし、今年は何回か総集編があるかもしれません。ちなみに撮影スケジュールの都合で出番が増えたり減ったりってのは平成ライダーではわりと良くあることだったりします。去年も映画撮影の時は映画の出番の無いカリスが主役になってましたね。とはいえ、今からこうだと後が大変そう。
 個人的には響鬼、龍騎の次くらいに好きです。悩み多き中学生(もうすぐ高校生)がどんな道を歩んで行くのか楽しみですね。去年みたいないてもいなくてもどうでもいい人がいないってだけで、これだけ作品が引き締まるとは(苦笑)。

 それじゃこれから「ゾルダ&タイガ」のコメント書いて寝ます。

3月28日月曜日「SIC仮面ライダーゾルダ&タイガ」

 弟が風邪をひいたらしく、電話で救援を要請してきました(我々兄弟は同居してません。バイクで30分ちょい離れたところでそれぞれ一人暮らししてます。一度兄弟ふたりで広い部屋を借りようとしたら父に反対されました。それに兄弟で借りられる不動産ってのもあんまり無かったりするらしい)。弟は私にくらべるとよく風邪をひきます。ですがこうして救援要請してきたことは今回が初めてです。どうやら相当に酷いということのようで。
 いろいろ買い物を頼まれました。栄養ドリンクとか体温計(笑)とか。助けに行くこと自体は特に問題ないのですが、外は雨です。どしゃぶりとまではいかないものの、30分も走ればそれなりに塗れることを覚悟しなきゃいけないくらいは降ってます。今年の冬はほんとに雨が多い。仕方ないので我慢して買い物。3ケ所ほど立ち寄っていろいろ買い揃えて東京出張から戻ったばかりの弟のところへ。
 実際ほんとにガチで酷い症状でした。インフルエンザをやった私の時でも最高で39度までだったのに、さくっと39度5分を計上してます。明日は仕事だとか言ってましたが、こりゃさすがに無理ですな。こんなやつを仕事場につれていったところで役に立ちゃしないし、下手すると救急車送りになりかねない。ちゃんと病院に行くといいんだけどな。あとで電話かけておくことにしましょう。
 買い物袋と引き換えにおみやげを貰って来ました。池袋にある太正浪漫堂からカンナのグラスです。うーん、こういうのはどうなんだろ? とても使いづらいような気はする(笑)。かといって飾っておくようなものかというとそれも微妙だし。で、ひよこ(苦笑)。弟も知っているはずなのになあ、ひよこはもともと福岡銘菓だってこと。東京行ってひよこ買ってくる物好きは普通いないぞ。でもってあらかじめ頼んでおいたカップラーメンの「どんべえ」2個。あっちとこっちではスープの味付けが違うので、一度食べ較べてみたかったんですよね。私は東京生まれなのに随分あっちに行ってません。これが良い機会ということで。具体的にどんな感じで違うのかはデジカメに撮って公開しようかな(笑)。

 昨日買って来た「ゾルダ&タイガ」、インペラーの時と同じくとりあえず画像先行アップしてます。コメントは装着のものと別な感じで行きたいと思ってます。ほんとは既存商品と組み合わせていろいろな名場面を再現したかたんですが、これまでのSICアイテムと比較にならないほど良く動くとはいっても、今回のゾルダもタイガもかなりの制限を受けてますからね。タイガとかクリスタルブレイク再現不可能だし。それに関節ゆるゆるでポーズ固定するのも大変。ゾルダもタイガも武器が重過ぎて凝ったポーズをつけると倒れます。名場面集は装着変身で出そろった後にでもやりましょうか。
 ともあれこれでSICでの龍騎シリーズは打止めです。次から555シリーズに移行するようですね。あくまで龍騎ファンであって555ファンではない私ですので、買うかどうかはかなり微妙です。現在リリース決定しているのは「仮面ライダー555&ウルフオルフェノク」「仮面ライダー555ブラスターフォーム&オートバジン」だそうな。セットとして組み合わせる内容が逆じゃないかなー(笑)。ブラスターでオートバジンに乗ったことって無いんじゃないかな。個人的なポイントはオートバジン。バイクがついてくるのは大きい……高くなるけど。龍騎シリーズでバイクを再現するのは無理だったんだろうなあ。

3月27日日曜日「新しい炊飯器」

 そんなこんなで炊飯ジャー買って来ました。普通に家庭で使われているようなタイプは意外と高いんですね。財布にあまりお金を入れて無かったんで、2〜3万以上という数字にちょっとびびってしまったりして。でもまあ、一人暮らしですから。一度に炊くご飯の量なんてたかがしれてます。小さいのを買えればそれでオッケー。そういう需要もあるということなんでしょうね。小さいサイズのコーナーもちゃんとありました。こちらはほとんどの商品が一万円以下という手頃なお値段です。もちろんその中から選びました。
 「俺は炊飯器マニアだぜー」という人はおそらく極少数派であろうと思うので、最新の炊飯器事情など私は知りません。今まで使っていたのが超ボロだったこともあって隔世の感さえあります。炊き込みご飯やお粥どころかインスタントラーメンまで作れるようになっているとは……。ガス代と電気代、どちらを節約するとお徳になるのかよくわかりませんが、とりあえずラーメン作るスイッチのある物をチョイスしました。週末特価とかで平日よりも1000円ほど安い値段でゲット。
 中には計量カップとしゃもじがついて来ました。この計量カップ、180mlサイズのものです。これ1杯で一合ということみたいですね。今まで200mlのカップで炊いてたんですけど、私。まあいいや、少し多いなとは思ってたんです。
 とりあえず昨日研いで放置していてたっぷりと水気を含んだ米をお粥にして食べました。今までよりも炊きあがるまでの時間が長いかな? 美味しく炊けてましたよ。黒炭もおまけしてもらったんで、次はこれを入れて炊いてみます。ヨドバシって炭作るため専門の事業部があるんですねー。
 本命の「SIC仮面ライダーゾルダ&タイガ」もちゃんと買って来てます。開店と同時に店に入ればダッシュしなくても買えることはわかってるのにその場の雰囲気で脚を早めてしまう軟弱な私に自己嫌悪。ブツの方はかなり良いです。めっちゃかっこよいですね。

3月26日土曜日「有川水班」

 仕事前にうちで食事をしようと思い、お米を研ぎました。それを炊飯ジャーにセットしてスイッチオン……電源が入らない。というかそもそもきちんと蓋が閉まって無い。なんと壊れてる。中を覗き込んでみるとギャグ漫画みたいにバネがびよーんと伸びてて壊れてるのが一目瞭然。修理出来そうもない。
 この炊飯ジャーは一人暮らしを始める時に大阪に住んでいる叔母から貰ったもので、当時既に古臭いボロっちいものでした。それをかれこれ10年近く使って来たわけで、ぼちぼち壊れても無理のない話ではありました。地震の影響も多少はあるのかもしれません。地震の後にも使ってましたけどね。
 困ったのはお米です。もう研いじゃってるわけで。仕方ないのでそれはそれで放置しておいて、今日のところはラーメン屋で食べました。一日くらい水につけておいても問題ないでしょう。折よくこの日記を書いた後にヨドバシへ行く予定があるので、ついでに電子ジャーも見て来ます。良い物があれば買って来て御飯を炊きます。ジャーがないと米だけあってもしょうがないし。

 「スパロボOG2」の三周目、なんだかあっというまに最終面まで来てます。プレイしたりしなかったりという毎日なことを考えると実質的なプレイ時間は一周目の半分くらいかもしれません。でも最終面が長いんですけどね。この3周目後半は普通にプレイすればその強さゆえにメインに据えるであろうSRXをあまり使ってません。ダイゼンガーとアウセンザイターもそれほど使って無いかな? アラドとゼオラのツインバードがフル改造で相当に強いんで、充分に穴を埋めています。ほんと、ゼオラの出番がもっと早かったらいいのにな。今の所必殺攻撃以外で最大ダメージを計上したのはゼオラのファルケンです。オクスタンW熱血無しで16000くらいをたたき出してます。つええ。

 ニ話放送の「ドラゴンボールZ」は早くもVSギニュー特戦隊に突入してます。思ってたよりも物凄く早い展開です。ここからが長いのかな? ここでクリリン&悟飯と手を組んだのがべジータのケチのつけはじめなのか(笑)。

3月25日金曜日「画像の補正について」

 予告していた通りに「装着変身仮面ライダーインペラー」のコメント及び「ミニプラ・マジキング」のページをアップしました。
 隠し玉は「マジキング」です。大枚叩いてDX玩具を買う程の玩具者ではないので(現在実売5000円強)食玩、いわゆるキャンディトイでの購入です。こういうのは作る楽しみがあってもいいじゃないかとも思いますしね。それに玩具の方はやっぱりデカい。最初からディスプレイ目的で買ってますので、大きいと言えばいずれ片付ける時のためにデカい本体よりさらにデカい箱もとっとかないといけません。その点ミニプラの箱……また余震来た……はそもそも収納の役に立ちませんから捨てられます。いざとなったら本体も捨てちゃえばいいし。
 で、今回のマジキングですが去年に引き続きこれまたすこぶる良い出来です。去年のデカレンジャーミニプラシリーズは購入者を驚愕させるほどの出来と内容で、本来の本命であるはずのDX玩具を霞ませてしまうほどでした。このサイトにもアップしているデカウイングロボを見ればわかるように、とにかくプロポーションが抜群。玩具のデカウイングはすごくしょぼい体型なのです。比較にならないくらい。加えて玩具では動かない関節もほぼフル可動とくれば……。ただデカレンジャーのロボは合体変型のギミックがしょぼかった。見るからに胴体のパーツに、見るからに手足のパーツがくっつくだけというもので、これならプロポーション重視で作れるってのも納得というもの。
 そこで今年のマジキング。五体の人型メカが合体して2種類の巨大メカになってしまいます。これはすごい。合体変型フェチがよだれだらだらになってしまうくらいすごいのです。マジキングページの上から2番目にある5体集合画像を見ただけじゃ、なにがどうなって巨大メカになるのかわからないというのも大きなポイントになります。合体後の姿を見ても腕を担当する機体が見当たりませんしね。ボディとなるマジタウロスも結構深いギミックを持っていて単なるビッグモス(ダンクーガね)ではありません。なんせタウロス、ドラゴン、キングそれぞれで脚部の形状がガラっと変わるんだから。なにげに同じ脚部を構成するマジマーメイドも見所です。デカウイングロボみたいに脚部パーツが下駄を吐くという単純な構造ではなく、すでに半分出来上がっているタウロスの脚部に装甲をプラス、もしくはプロレスラーが使うレガースのような形ではめこむようになっています。これを考えた人はすごい。手で触れてみるとアイディア満載のデザインであることが一目瞭然なのですよー。しかも今回も可動は確保されてるし、言うこと無しです。今年は玩具の方の出来もなかなかみたいですけどね。
 正直「魔法戦隊マジレンジャー」という番組そのものにはあまりのめり込んでません。デカに存在しなかった敵組織が復活することで、善悪の構造が単純化してしまったあたりが……とはいえこれが戦隊本来の作品構造ですから文句を入れるのは筋違いでしょう。デカは敵組織が無い分だけデカレンジャーたちの描写にスポットを当てることが出来ました。敵組織を出さないというのも冒険なんで、毎年やるわけにはいきません。

 今月は個人的にも玩具ラッシュで、既にアイテムを3点アップしています。それはいいのですが、個人的に毎回どうにも煮え切らない気分を味わっていました。たぶん使っているデジカメ自体もあまり接写に強くないのでしょう。どうしてもピンぼけしてしまう。今回撮ったマジキングも結構ピンぼけきついものがありますね。これはどうにかならないものか……。
 と思っていたらコラムを読ませてもらっているサイトが玩具の撮影の仕方について触れてくれていました。なるほど、やっぱり撮影した画像をそのままアップするんじゃないんだ。ある程度手を入れたものをアップするんですね。よく考えたら当たり前だし、私自身も最初の「SIC仮面ライダー龍騎」をアップした時はそうしていました。背景を消して白一色にしてみたり。今は背景に緑色のハギレ(ダイソーで105円)を使っています。これは背景を切り取る作業を簡略化するためと、比較的暗い背景を使うことでアイテムを浮き上がらせてみせる効果を狙ったものです。でもね、撮影者である私はずっと思っていたのですよ。そのハギレの色合いが現物と画像ではまるで違う、と。
 これは玩具そのものの色合いも実物と異なるものをアップしているということなので、深刻な問題です。これじゃいかんと思いサブの照明に使っているライトを電球から自然光の蛍光灯ランプに変えてみたりしました。これは効果を挙げたものの、メインの照明が部屋の蛍光灯なので完璧に払拭することはできません。初期に使っていたストロボも今では使ってません。結局画像そのものを調整するしかないのですね。
 そのサイトに書かれていた方法をそのまま使ってもダメです。光源関係に違いがある以上、まんまをやっても意味がありませんから。そこで試行錯誤を繰り返しました。撮影する玩具それぞれの色合いで調整するのはとても大変です。なのでハギレの緑色が現物に近くなるように調整することにしました。これならどんなアイテムを撮影しても大丈夫(のはず)。その結果がこれ。

(1)出来るだけ大きめのサイズで撮影する。うちにあるデジカメは容量が少ないので最大サイズでは撮れませんが。

(2)パソコンに取り込んでからデカいサイズのまま「シャープ」を一度かける。ピンぼけ対策です。これである程度輪郭をはっきりさせられます。効果無いことも多いですけどね。これまではここから画像のサイズを小型化したものをアップしてました。

(3)とりあえずモニターに全画面が写る程度にサイズを小さくする。小さくしたら元画像をレイヤー複製。

(4)複製したレイヤーをレベル補正する。めんどうなので自動でやってもらってます。

(5)色相・彩度を選択して明度を+10。

(6)明るさ・コントラストを選択してコントラスト+30くらい。

(7)カラーバランスを上から+15、+20、ー8前後で調整する。これで蛍光灯下での色合いを現物に近付ける。

(8)加工したレイヤーを「乗算」に切り替える。そうすると下にある元の画像と重なって色が濃くなる。

(9)元の画像をもう一度レイヤー複製。複製したものの透明度を50〜65くらいに設定。重なりあって濃くなる色合いをこれで自然になるよう調整。

(10)元の画像を捨てて2枚のレイヤーを結合。それを更にアップ用のサイズまで小型化してweb用に加工する。

 これで完成。ルーチンワークですから慣れればすぐ終わります。この方法で装着王蛇とインペラーの一番下の画像だけ入れ替えました。ゾルダは元の画像のレイアウトが良かったため、新しい画像を作っただけでそのままにしてます。

 ちなみに従来のやり方での画像がこれ。モデルはなぜかページを作って無い「SICオルタナティブゼロ」。

 こちらが加工した後の同じ画像。随分差があるのではないかと思います。ピンぼけに対してもある程度対応出来ているのではないでしょうか。これは少し明暗をくっきりとさせたせいでしょう。今後はこのやり方でアップする予定です。とりあえず週末に発売される「SICゾルダ&タイガ」から。それに「装着響鬼」もアップするかも。今月ゲームの購入予定が「メモオフAR3」一本で助かりました(笑)。

3月24日木曜日「ボーリング」

 職場のボーリング大会に行って来ました。男女比2:9というハーレム状態でウハウハな感じですが、私ボーリングをとても苦手としています。なのでいいところを見せてやろうという気持ちは最初からついぞありませんでした。
 それにしたってひどい。3ゲームやって一度も100を超えられないんだからひどい。下手にもほどがある(笑)。そりゃ確かにいつもなら寝ている時間の開催の上に仕事後で体力的にもきつかったとか言い訳しようとすればいくらでもできますが、ベストコンディションならこれ以上の成績をあげられたのかというと自分でも激しく疑問です。やっぱりダメだなこりゃ。同じレーンに入った中で最下位だもんね。ハンデでー60ついて同率ブービー
。ブービー賞は女の子に譲りました。つか、もらえるかそんなもん(苦笑)。
 たぶんピンをデッドに狙わないのがまずいんだろうなあ。何回か投げて「このフォームで投げるとボールはあの辺にいく」という乏しい根拠で投げるから。フォームにレーンをあわせるという感じ。今度はちゃんとピン狙って投げよう。普通そうするよねー。

 ボーリング後買い物に走ってから帰宅。寝て1時間で仕事場に呼び出される。穴が開いたんで急遽入らなくちゃいけなくなった。正直かなりきつかったけどやらないわけにもいかんので大人しく仕事に出向く。おかげさまで今日書く予定だったインペラーのコメントも書けず終いとなってしまいました。昨日予告してたアレも当然手付かずです。そんなこんなしてるあいだに「SIC仮面ライダーゾルダ&タイガ」の発売日が迫ってしまっていますが……、

3月23日水曜日「魔神」

 インペラー、とりあえず画像だけアップしておきました。コメント考えて書くのにも結構時間がかかるのでまとまった暇が出来ないとなかなか難しかったりします。ゲームレビューがとどこおりがちなのもそのせいだったりして。実はインペラーのすぐ後に別のアイテムが控えています。今週末発売になる「SIC仮面ライダーゾルダ&タイガ」とも別のアイテムです。これも画像撮影するのが大変。インペラーのコメントも合わせて明日か明後日にはなんとかアップしたいと思っております。
 ちょっとした情報を入手したんで、もしかすると「装着変身仮面ライダー響鬼」もゲットすることになるかもしれません。その場合は来週くらいにアップ予定。もっともここは趣味のページで玩具サイトじゃないんで、その辺目当てにサイトを見に来る人はほとんどいませんが。
 しかし今月はゲーム買わないかわりに玩具づいてるな。地震の被害が小さくてほんとに助かりました。

 「スパロボOG2」三周目、ラストのボスラッシュまで辿り着いています。4周目も間近だ(笑)。「OG2」は周回による資金&PPの引き継ぎに限界があるらしいので、五周くらいしたらさすがにやめるかな? 攻略本の記載じゃこのへんの細かい概要がいまいちはっきりとわかりません。やってみなくちゃわからない。

 いつもなら日記を書いてアップした後すぐに寝るのですが、今日はボーリング大会とかで出撃しなければいけません。ボーリングなんて10年ぶりくらい&寝不足状態ということで今からブービー候補を自認しております。そもそもへたくそだし。さあどうなるかな。

3月22日火曜日「ソーラーパワーの白い悪魔」

 頭痛が酷かったので寝て起きてからこの日記を書いています。起き抜けに震度4の余震を喰らいました。まっさきにやったのが本棚を支えること(苦笑)。やな学習をしてしまった。わりと大きな余震で多少の被害がありました。本震にくらべると蚊に刺されたようなもんですが。

 一部でおかしな都市伝説が沸き起こっていることを御存じでしょうか。日曜夜に放送されている「鉄腕ダッシュ!」という番組の企画に、ソーラーパワーの車で日本列島を一筆書きというものがあります。当初はソーラーカー「だん吉(長瀬が勝手に命名して定着した。元ネタは車だん吉)」を中心にした構成でしたが、最近はTOKIOと各地方のふれあいを描いたようなものに変わって来ています。なにしろ距離が長いため数年がかり。
 この車、あの時も新潟にいました。福井なんかにもいたりしたようです。で、今回は福岡。当日の放送で佐賀>福岡から熊本の荒尾へ抜けています。もうお気付きでしょう。だん吉と共に災害がやってくる。たしかこれでもう4度目だったでしょうか。だん吉自身が台風の直撃を喰らったこともありました。
 もちろん偶然です。すべて天災ですから偶然に決まってます。が、ぼちぼち笑い飛ばして済ませることが出来ない状況です。あの時新潟にいて、今回福岡にいたというようなテレビの企画は他にないでしょう。今後も何かが起きるのではないかと噂されています。東海に戻った時が恐いわけで……。だいたい福岡でこんなデカい地震なんてありえなかったし。
 今の所「ダッシュ!」の中でこの死神っぷりに触れたことはありません。でもTOKIOもスタッフも無気味には感じてるんだろうな。

 インペラー、撮影だけはしました。これまでと違ってミラーモンスターを手許に持っていないのでちょっと寂しい構成になりそうです。ゾルダの方もなぜか撮影しておきながらアップしてないものがあるんで、それとあわせて公開する予定。

3月21日月曜日「とうとう福岡にも地震が起きてしまいました」

 今日は昨日うっかり書き漏らしていたKー1の話を書こうかなとか、「仮面ライダー響鬼」を録画して毎週レビュー書こうかなとか考えていたのですが、もう御存じのように福岡を直撃した地震に巻き込まれて大変な目にあってしまいました。
 震度6弱だそうで。たまたま多めにお酒飲んで寝た矢先のことで、地震後もしばらくは酔いが残ってて呆然としておりました。布団から這い出てみればそこらじゅう廃虚同前でまた呆然。なにをどうしたらこんなことがありえるのかと空しい自問自答を繰り返しつつ、とりあえずテレビをスイッチオン。よし、電気来てる。ガスも来てる。水道も出る。大丈夫。問題なのは荒れ狂った部屋をどう処理したものか、ということでした。
 うちは玩具多め、書籍大量という部屋構成であるため精神的にとてもヤバい状態に追い込まれrます。まず玩具が落っこちて、その上に書籍が落ちてくるわけですから。下手に壊れたりすると買いなおせないようなものもあるのでマジで冷えました。発掘するしかないものの、どこから手をつけてよいものかさえもわからず……立ち往生。結局処理を始めたのは地震からしばらく経ってからでした。
 破損らしい破損を受けたのはプラモデルくらいで、後はトイレの便器に小物が落ちたとかそんな感じ。それでも龍騎関連商品をサルベージするまでは落ち着きませんでした。ほんと、この辺のアイテムに被害がなくて良かった。ちなみにこの段階で昨日買って来た装着はまだ開けてません。おかげで箱にダメージ。中身にはダメージ無し。
 散乱しているのはやはり書籍類。それにどこから姿を見せたのかビデオテープやケース、それにゲームソフト。特に書籍類の落ち具合は見事としか言い様が無く。本棚倒れなくても中身がボロボロとこぼれる始末です。私は変なとこで几帳面で、漫画の単行本とかちゃんと順番通りに並んでいないと気がすまない気質です。直すのにめちゃくちゃ手がかかってしまいました。
 途中明るいうちにに東京出張中の弟の部屋を調べにも行ってます。こちらはさほどの被害はありませんでした。うちはなんかあったら崩れやすい構造だからな……。天神通り越して弟のところへ行く間に破裂してる水道管が2ケ所。ガラスが割れたり壁が崩れたりしてるところ無数。それなりに被害は受けてるみたいですね。天神界隈はほとんどが臨時閉店。丸善前あたりでなんかあったらしく封鎖されてたりもしたから仕方ないか。
 こんな具合なのでオフとはいっても自炊する気力がなく、今日は適当に済ませています。で、近所に最近出来たラーメン屋をためしてみました。営業してるんだなー。自家製麺が売りのようで、典型的な博多ラーメンらしく麺中心の内容です。わりと美味しかった。数年前にファミコンショップがクローズしてから放置されてた物件に何が入るのかと思えばラーメン屋とは意外だったなあ。たぶんテナント料が破格なんだろうな(笑)。ボリューム多めなのが○。今後もたまに寄ってみよう。

 で、ついさっき「装着変身仮面ライダーゾルダ」のレビューをアップしました。さすがにインペラーまで更新する余力はありませんでした。これ、一仕事になるんですよね。適当に撮影してぽいというわけにもいかん。
 ゾルダは放送当時に発売された商品の評判がとにかく良いので、ミラーモンスターの付属しない新規商品に不利があるのはわかってました。それでも武器ふたつくっつけてくれるということで期待度は高かったのですが、かっこいいかどうかというとちょっと微妙。かっこよさでは既存商品の方が上ということになってしまっています。これは微妙です。実際ネット上の評判は良くありません。良くありませんが、そう悪くも無いと思うんですよね。少なくとも値段相応ではあるんじゃないかと。でなきゃR&Mが安いんだよな(苦笑)。
 というわけでインペラーは後日。できるだけはやいうちに。そうこうしているうちにも余震があったりしてドキドキなのですよ。

3月20日日曜日「響鬼さん……」

  というわけで装着変身ゾルダとインペラーを買ってまいりました。出撃する時は現行作品の響鬼も買おうかと思っていたものの、現地で見る限り出来映えが悪くかっこよくないのでとりやめ、龍騎信者らしく龍騎ライダーのみということにしてます。よく考えると響鬼ライダー5体(だそうな)揃えても置くところがないし。
 とりあえず開封だけはしたものの、中身をブリスターの中から出していません。前回からブリスターに収まった状態も画像に収めておくことにしたので、撮影するまでは開けられないのです。とはいえ今回はその状態の撮影に価値があるくらいゾルダの梱包めいっぱい(笑)。ちょっとだけ大きくしたパッケージにギガランチャーとギガキャノンを入れてるんだから無理も無い。
 今のところ露骨な欠点はインペラーのバックルくらいですかね。デッキの紋章がひどいことになってる。それ以外はブリスターから出して組んでみないことにはなんともいえません。ゾルダのマグナバイザーの出来がかなり良さそうっていうくらいかな。なんにせよ響鬼のヒゲほど酷い欠点はないでしょ、たぶん。

 装着買いにヨドバシにいく道すがらで西鉄バスにタクシーが追突するという事故現場に出くわしました。左の車線を走ってるバスの速度が遅いなんてことくらいわかってるだろうに、どうして追突なんてするかね。車間距離開けてなかったんだろうなあ。西鉄バスも事故の多さで問題になった時期があったけど、福岡のタクシーも負けず劣らずの交通マナーだし。安全運転推奨のステッカーだけ貼ったところで役にはたたんわな。今回の場合はタクシーの方が悪いでしょ。

3月19日土曜日「はやいとこチケット手にいれたいんだけど」

 いつのまにかに「スパロボOG2」三周目も終盤に入ってしまっています。なんか今回はやたらと進行早いな。戦力上がってるせいかな。ビルガーLゲットし損ねたとはいってもほとんど全パイロットにSP回復つけて主要ユニット改造して改造した汎用武器持たせて……だから基本的に弱いユニットがいない。攻め攻めでも余裕で勝てるような状態になっている。後はボスキャラ対策だけど、敵が硬くて武器改造出来ないEXハードも問題なくクリアしたんだし、今回も問題ないでしょう。

 毎週10話放送している「ドラゴンボールZ」、このあいだナッパにピッコロがやられたと思ったら、もうべジータがザーボンと戦ってます。さすが毎日2話放送です。展開が早い。とりあえずフリーザ編だけでもビデオに撮っておこうと頑張っております。フリーザ倒すまでにビデオ何本必要になるんだろ(笑)。

 「メモオフAR3卒業」の内容が少しだけファミ通に載ってましたね。智也と健のW主人公で、ヒロインはそれぞれ唯笑とほたるということらしいです。今度はいわゆるギャルゲー的なヒロイン毎の分岐というものが無いみたい。そこでどんなシナリオを見せてくれるかでこのシリーズの全体的な評価も定まってくるでしょう。期待半分不安半分。いや、不安の方が少し大きいかな。
 ついでに「デュエット」つばめバッドエンドを捕獲。これでいよいよ残るは巴シナリオのみとなりました……が、その前にアペンドシナリオプレイしちゃおうかな。少し試してみたけど、新規に声入れたりはしてないみたい。ちょっと残念。「まいめり」でアペンド採用されてたりする私ですが、「2nd」で応募してたらどんな話書いてたかな。どうせ私のことだから本編準拠のサイドストーリー系なんだろうけどね。

 さてと、この日記を書いたらヨドバシまで装着変身買いに言って来ますよ。報告は明日。ページの更新は明後日、とスムーズにいくと良いなー。

3月18日金曜日「モノクローム終了」

 「モノクローム」梨沙シナリオ終了。千歳バッドとか一部取り損ねているエンディングもあるけど、「まいめり」みたいに最上位のエンド以外の価値も大きいという作りではないと思うので無理に回収することもないかな?
 クリア順の縛りの厳しい作品のラストシナリオなので、ここで派手にふろしきを畳んでくれる(派手に畳むというのも変な表現だね)と期待していたのですが……いや、これは微妙だな。これでは「あるひとつの恋物語の数奇な結末」に過ぎないのではないでしょうか。いや、ふろしきを畳めとはいっても基本的に恋愛風に終わらせて観念的な部分は二の次って作りにしてるのは正しいと思うんですよ。どんな凝った設定でも恋愛物のスパイスとして使うのが望ましいと私は思っていますので。
 まず不憫なのが雛水以外のヒロイン達の扱い。花織やさやさやなんかは出番すらない。いや、彼女たちはまだマシか。メイン扱いのプロモーションを受けておきながら梨沙シナリオでは踏み台扱いにされた遊羽はかなりかわいそう。梨沙シナリオ終了後、彼女はコキュートスに落とされてる可能性が高い。崇がなんらかの手を差し伸べてる可能性もなんとか残されているという感じ。
 シナリオ自体にも問題点は多い。良太と深雪の扱いは彼らにとってもダメ過ぎて不憫なほどだ。あそこはさすがにもうちょい書き込まなきゃいけない部分だった。破局の衝撃の大きさにああいう行動に走ってしまった……とするには前提が不足し過ぎている。おかげでふたりに対する印象は最悪に近い。その上フォローもフォローでアレだもんな。ふたりの死因がかなり気になるところ。あとちょっと悠斗がヘタレすぎてはいないだろうか。テキスト上では彼が一方的に伶梨(漢字覚えてないや)に依存しているように見えてしまった。設定も多少苦しいかもしれない。このふたりのケースでこういう結果になるようだと、堕天する例もガンガン出ているのではないかと思える。
 謎を残し過ぎているのもかなり問題ではないだろうか。崇の正体とか大輝との関係とか、遊羽の本当の対象者が誰だったかとか、雛水の試験の顛末とか、触れておいて語っていない部分がかなり多い。遊羽の対象者については千歳か花織のどっちかだろうとは思うけど。別になにもかもはっきりとさせろとは言わないけど、さすがにこれはやりすぎだと思う。おかげで梨沙シナリオを終えてもこれで終えたと納得してない部分がある。
 トゥルーエンドはどっかで見た展開だなーと思ったらアレだ、「まぼろし月夜」のあやめシナリオと同じなんだね。転生を熱かった作品ではよくある展開かな? というか「おじゃまユーレイ君」の最終回もこれだったような。これの場合既に出会っている人物の中に転生後の「彼」が混じっているという内容だった(古すぎるか)。
 梨沙シナリオのライターがメインである高瀬氏だということはすぐにわかった。高瀬氏のテキストは字の文台詞双方に癖がありすぎて「てんたま2」でも気になる部分が多かった。逆に言うとその癖の目立たない部分が日暮氏、長井氏のどちらかということになる。半年前にプレイした部分についてはさすがに忘れたけど、シナリオ的に一番盛り上がった雛水シナリオが高瀬氏によるものじゃないことだけは確かだと思われる。
 トータルで見るとやや微妙な位置付けになるだろうか。初期ヒロインの花織とさやさやは「見習い天使が対象者をしあわせにする」という基本部分を描いたもの。千歳シナリオで大輝自身の謎を振りまいておき、遊羽と雛水で現在を生きる天使の物語を描く。最後に大輝と梨沙の時空を超えた物語を完結させる。こういう構成自体は評価出来る。が、それぞれのシナリオを一本立ちさせることには失敗しているんじゃないかと思う。単体で評価出来るシナリオの少ないところが問題だ。ぶっちゃけ雛水シナリオ以外はあまり良い点をつけられない。特にひどいのが花織シナリオかなあ。最後の選択肢設定はこの手のゲームのお約束ともいえる基本部分を理解していないんじゃないかとさえ思える。
 この「モノクローム」、続編と番外編が発売されるとかいう話。いいのかなあ。個人的には続編よりも「マビノ」の方が期待だな。

 貸本屋で「よつばと!」を借りて読んでみました。すごい面白いですね、これ。正直なめてました。特にこれといったストーリーのギミックも奇矯なキャラクターもいないのにこれだけ面白い作品に仕上げることが可能なんだな。すごいすごい。間の取り方が異様に上手い。ほとんど職人芸の世界。

3月17日木曜日「モノクロ続き」

 昨日から再開している「モノクローム」の続き。今日は雛水シナリオをクリアしてます。
 もともとそれほど長いシナリオとはいえない「モノクロ」においてもっとも出番の遅いヒロインということで、いまいち主人公である大輝との絡みに乏しい面を指摘せざるをえません。が、初代「てんたま」を引き継いでこの「モノクロ」もテキスト視点の切り替えを行っているという特徴を持っています。「てんたま」の時はさほど効果的に使えているようではなかったこのやり方、今回は結構上手くやれているのではないかと思います。ただそのために主人公は大輝ではなくすっかり雛水メインのシナリオになってしまいました。まあ、天使界での動向を描くには地上から離れられない大輝視点じゃどうしようもないわけですが。
 ラスト近くで専用の挿入歌が流れたりしてなかなか盛り上がる内容でした。この手の演出を使っている作品と言うとほかには「バルドフォースエグゼ」くらいしか思い付きません。こちらもバトルシーンで使われていることを考えると、平成ライダーのエンディングテーマと同じようなものなのかもしれません。ただ「モノクロ」の曲は一回フルに再生を終えると止まってしまうのが残念。たぶん普通にプレイしていれば曲の再生中にシーンが終わると計算していたんでしょう。やっぱ私のプレイ速度は遅いのかな。
 雛水はその役割上、そもそもが遊羽のサブキャラ的存在です。で、こういうキャラってメインになるヒロインよりも美味しいポジションになることが多かったり。それに加えて頑な心を持つ少女が変化していく様を描くいわゆるツンデレ系キャラなので、たぶん人気でいうと雛水が一番なんじゃないかな?
 シナリオ上の欠点は……作中であれだけ「人間と天使は違う」と言っておきながら、そのメンタリティの相違点をいまいち提示出来ていないことでじょうか。こえrじゃ羽があるだけで人間と変わらないじゃんかよー、という印象を拭い切れません。これは天使みならいを感情豊かに描き過ぎているせいでしょう。「天使には意志というものがない」と言われても、あれだけ感情的な態度を見せられるとどうしても納得いかない。意志がないなら天使によってあれだけ性格が異なるというのもちょっとね。
 それと天使みならい試験の裏に隠された真実、こちらの方もちょっと厳しい。本当にこういうことをやりたいのなら、なにも試験と絡める必要なんてどこにもないではありませんか。一人前の遂行力を持った天使にやらせても問題ないし、そもそも異性の対象者の元へ送ること自体が……いや、遊羽の対象者は実は……ということだったんだっけ。
 視点の切り替えによる主人公の不在はそのままプレイヤーをおいてきぼりにする可能性を持っています。ですがこの手の作品を「ヒロイン選択のためのツール」としてではなく、マルチに展開するタイプの物語作品だと認識すればさほど問題はないでしょう。個人的に一貫した主人公視点の作品にはおのずと見せ方に限界があるな、と前々から思っていました。なにしろ基本的に自分のいる場所のことしか再現出来ないわけですから。この手法は主人公の心理描写を深く書き込むのには有効なものの、それ以外の登場人物の内面を描くことが非常に難しい。そのためちょっとした仕種や本人の台詞によってキャラクターを紡いで行くことになります。そしてノベルタイプ作品氾濫の結果、登場人物の記号化が急激に進行してしまいました。そういう意味では、もうこのノベルタイプ作品は全体的な閉塞状況に陥っているといえるでしょう。
 視点の移動がそれを解決するひとつの(簡易な)手段であることは間違いありません。この優位性を効果的に活かした作品に「僕と、僕らの夏」があります。こちらの場合「モノクロ」のようなシナリオ内で視点の切り替わる手法ではなく、シナリオによって視点を切り替える手法を取っていて、これによって同じシーンを別の視点からあぶりだすというダイナミックな演出が可能になっています。個人的にはこちらの手法の方が好みなんですが、でもこれ、どうしてもライダーの技量が要求されますね。全体的なキャラクター行動の時系列をしっかりとまとめないといけないので。そういう意味であれだけの不評を買った「Remember11」は結構たいした作品なんですよね。私が他の人よりこの作品を評価しているのはこの点によります。
 他に手段があるとすると「ビタースイートフールズ」のアレかな。文章を三人称で描くことで視点キャラへの片寄りを防ぐというやつ。でもこれもライターの技量しだいで「カフェリトルウィッシュ」みたいなダメ作品になる可能性もあるからなー。
 さてと、最後は梨沙シナリオです。梨沙という謎めいたキャラクターをどうクリアにしてくれるのか楽しみです。なんだ、放置してたわりには結構楽しんでるじゃないか(笑)。

 「スパロボOG2」三周目。ニ周目ではゲット出来ていた隠し機体ビルトビルガーLの入手に失敗。攻略本に掲載されている入手方法は以下の通り。

1、19話「現れた影」で初期配置のゲシュペンストmkIIをアラドが4機以上撃墜する。
2、26話「壊れた人形」までにアラドの撃墜数を50以上にしておく。
3、27話「紅の幻想」で初期配置のガーリオンを五機以上撃墜してリュウセイ登場イベント起こすとステージクリア後に入手。

 ややこしい。2はともかく、1は普通にやってたらまずこなせない。なんでこんな嫌らしい方法を採用するんだろうか。
 ところがこの通りにしてもゲット出来ていないわけで。実は攻略本の記載には条件の漏れがあったのです。正確な条件はこう。

1、19話「現れた影」で初期配置のゲシュペンストmkIIをアラドがゼオラと隣接する前に4機以上撃墜する。

 隣接してしまったらダメなのだー。こちらからではなくゼオラから隣接してきてもダメなのだー。どうやらこれで失敗してしまったらしい。うわー、攻略本役に立たねー。
 ビルガーL獲得失敗は攻略本のミスによるものですが、ラミアのアシュセイヴァーorヴァイサーガ獲得では私の方がミスしてしまいました。この隠し機体もアラドの方と同じく19話でフラグ判定がありまして

ラミアがアクセルと2回戦闘すると28話でアシュセイヴァーゲット。

ラミアがアクセルとニ周目以降1回だけ戦闘すると28話でヴァイサーガゲット。

 というようなもの。その他に24話「招かれざる異邦人前編」までにラミアで55機撃墜とか、地上10話宇宙13話でエキドナ撃破or撤退したヘクスにラミアを移動させるなんてのがあります(こんなもん自前でわかるわけあるか)。
 私、うっかり19話でラミアとアクセルを何回戦闘させたのか忘れてしまいました。戦闘させた記憶はあっても何回なのかわからない。というかこの条件そのものを忘れてたというか。なのでどっちかをゲット出来るかもしれないし、何もゲット出来ないかもしれないというどきどき状態に(苦笑)。とりいそぎ28話までプレイして確認してみるとヴァイサーガゲットとなっていました。いやあ、良かった良かった、ほっとした。
 このヴァイサーガ、敵に回せばボスクラスという能力を持った超強力ユニットです。なにしろ改造すれば「第2次α」最強クラスだったダイゼンガーを上回る能力になります。スーパーロボット系なのに回避出来る機体で破壊力も抜群。おまけに連続攻撃まで可能とくれば弱いわけが無い。ただ燃費がいまいちです。エネルギーフル改造必須。さすが攻略本にも記載がない隠し中の隠しユニットです。でもこれに乗ると同じラミア専用機のアンジュルグがガラクタ同前になってしまいますが(アシュセイヴァーは誰でも搭乗出来る)。

3月16日水曜日「いらっさいませー」

 なぜか唐突にKIDの「モノクローム」をプレイしています。セーブデータの記録によると丸半年ほったらかしてたということになるみたいです。どうして今になって「モノクロ」のプレイを再開したかというと、ここ最近「メモオフAR」「デュエット」をプレイしてやっぱKIDゲーはそれなりに面白いんだよなーということを再確認。実はまだ巴トゥルーをクリアしてない私は大事にとってあるそれをプレイする勇気が無く「それじゃモノクロで」……などという消極的な理由からだったりします。
 前回は遊羽シナリオの途中でやめてたようで、その続きからプレイ。そのままやってみたらバッドエンドに直行しました。「メモオフAR2」の選択肢もシビアですが、このゲームも結構シビアらしいですね。改めてこのゲームにのめりこむ自信もないのでネットで選択肢をチェックしてやりなおし。なんとか仕事前にクリアすることに成功してます。
 遊羽シナリオ……これってぶっちゃけ「てんたま1ss」の花梨シナリオを「後で車椅子」にならないように焼き直ししたというものでしかないような。大輝と遊羽の交流の描写もいまいちなんで、盛り上がりに欠けたような印象があります。といってもそれなりに話自体は楽しんだんですけどね。どうも遊羽というキャラがああいう性格のせいかあんまりかわいくない(笑)。そのせいか雛水の方がインパクトでずっと上になってしまいました。
 たぶんこのキャラをゲーム的なメインに置いてることにはさほど意味ないんでしょう。雛水や梨沙の方が後のクリア順になってることがその証拠。遊羽シナリオ自体後のふたりのシナリオのために下準備程度のものなんだと思います。
 「モノクロ」は天使みならいと対象者という「てんたま」とまったく同じ構図を持つ作品であるため(ライターも同じだけど)どうしても比較対象にならざるをえない面を持ちます。が、同じ設定を使ってるっていうだけで同じ世界観ってわけじゃないみたいですね。「モノクロ」の天使には家族の概念が無い。でも「てんたま」のダメ双児はしっかり双児だし、寝言で「ママ、がんばって天使になるじょー」とか言ってるし(笑)。世界観につながりがないとなると、「モノクロ」の解釈で「てんたま」を語ることにもさほど意味が無いということになります。「てんたま3」は果たして姿を見せてくれるのかどうか……。KIDの「てんたま」ラインは今たぶん「まいめり」最新作作ってるだろうから、当分先ですね。
 「モノクロ」は主人公の大輝にも声優を当ててるんで、寝物語として聞くには良い作品かもしれません。もうちょいキャラに魅力があったらなあ。良かったんだけどなー。

3月15日火曜日「連邦のモビルスーツは曙か?!」

 ホワイトデーのお返しとして毎年配っている近所にあるそこそこ名の知れたケーキ屋さんのケーキ、今年は自分でも食べてやるんだこんちくしょーと思っておりました。まあ、そのケーキ屋は一年中営業してるんだから好きな時に買って食べればいいじゃねーかという話はありますです。けど、けど大の男が堂々とケーキ屋に入って注文出来るなんてのはホワイトデーの時くらいしか無いでしょ。これがもしバレンタインデーだったりしたら店員にどう思われるかわかったもんじゃない(考え過ぎ)。
 さすがに美味しいです。微妙に甘さをおさえた見た目も綺麗なケーキが300円そこそこですよ。素敵だ。素敵というしかない。キウイと苺のタルトなんか絶品でございました。

 無い無いと思ってた銀行の通帳を発見。でも印鑑が無い。仕方ない、また買ってくることにしよう。大学の購買で買うと安くて良いですよね。というか、私の本名は微妙に珍しいのでその辺じゃ買えなかったりするのです。微妙に珍しいわりに、読み方が2種類あったりするのですよ。

 WWEレッスルマニアのメインがトリプルHvsバティースタに決定したようです。しばらく放送を見ていない間にランディ・オートンと共にだいぶ成長したようですね。一見した風格が以前とは段違いでした。この人、若手といってもWWEの一軍に上がったのが30代になってからなので、それほど長い間活躍出来ないかもしれません。
 最近のWWEで一番ホットな話題というと5年くらいは続いて来たマット・ハーディーとリタのカップルが破局を迎えたことでしょうか。破局の原因がリタの浮気、それも相手がニ度目の結婚をしたばかりのはずのエッジだというから酷い話です。マットとエッジはそれぞれハーディーボーイズ、エッジ&クリスチャンというWWE(当時はWWF)アテテュード期を大いに盛り上げたタッグチーム出身で、年令も近く親友としてのつきあいをしてきたと言われています。4人集まって雪のホテルで暴れまくったというエピソードは結構有名。それがこんなことになってしまうとは。怪我で欠場中だったマットは近日中に復帰、なんとかレッスルマニアに間に合うかという状況でしたが、スケジュール撤回になった模様。リーグもエッジ、リタと離れてスマックダウンでの復帰になるとかいう噂。……もしかするとマット、ジェフと合流して……なんてことあるかもな。そんくらいの夢でもみないとマットがかわいそう。エッジの盟友(小学生時代からの親友)クリスチャンも内心は複雑なんだろうなあ。でもエッジってファンに対しては良い人らしいのよね。
 そのレッスルマニア、ビッグショーvs曙というトンデモカードが企画されているという噂。これは面白そうだ。

3月14日月曜日「ドリーム」

 なんか異様におかしな夢を見ました。パパ上様が私の目の前でどういうわけか亀井静香に殺害されるという、実に気分の良く無いものです。夢診断的に考えるといろいろ深い理由があるのかもしれませんが、なんでまた亀井静香なんだろう? もしかしてここは笑うところなのでしょうか。殺害方法は毒殺。夢の中の私は特別拘束を受けているわけでもないのに助けに行けないんですよね。嫌なものを見たなあ。
 そういえば学生のころに両親が同時に私が死ぬ夢を見てしまったとかで、あわてて様子を見に来たことがあります。それでも私は元気なわけで、夢も当てにならないというか……いや、相当に心配かけてたからでしょうけど。

 ホワイトデーのお返し(これも微妙に変な表現だな)を一部渡して来ました。私が渡すのは毎年ケーキなので、買ったその日のうちに渡せる相手にしか渡せません。すぐに悪くなっちゃうからね。残りは明日とか明後日とかになります。
 今年は自分でも食べてみたいと思って水泳やってたわけですが……今のところははっきりした効果を出せていません。自分の分も買うかどうか悩むところですね。

 昨日触れた「メモオフAR2」の隠しコマンドを使ってみました。その名も「つばめスーパーモードボタン」。タイトル画面で4ボタン同時押しすると、ゲーム中のつばめの汎用CGがピンクのうさぎの着ぐるみを着たものになるという……なんじゃこりゃ(笑)。内容はそのままに汎用CGだけ妙なものに差し換えられるため、ものすごくシュールな光景になります。そりゃ確かに「2nd」発売当時のKIDの公式壁紙の中にうさぎつばめのものもあったけどさ、そもそもそこからして謎なんだよね。どうしてつばめでうさぎ? こういう変なギミックを持ったギャルゲーはほとんどありません。私が知る中では「マージ」くらいかな。
 「AR2」の再プレイもほぼ終えたので、勢いで「デュエット」の静流シナリオをプレイしてみました。うん、やっぱり面白い。で、健はひどいやつだった(笑)。彼女の姉に乗り換えるシナリオなんだからどんな性格設定にしてもひどいやつにしかならないんだろうけどね。
 ただ「ギャルゲーのヒロインってのはどいつもこいつも基本的に男視点で作られたキャラクターだよな」と思ってしまいましたが。これは男にとって都合の良い面がありすぎるという意味で。そうでないヒロインの登場するギャルゲーというのもまたかなり少ないってのが現実です。ライターのほとんどが男だから仕方ないのかもしれませんけどね。「想い出にかわる君」とか「てんたま2」の明日香シナリオとか女性なんですけど、なんとなくそんな雰囲気が……「想い出にかわる君」まだプレイしてないな(苦笑)。

 「スパロボOG2」三周目、15話で死天王アギーハ、シカログ、メキボスの三人を撃破。ニ周目の時に100ターン以上かかった仕事を今回は60ターンほどで決着させることが出来ました。これは前回がEXハードで敵機の性能が高かったこともありますが、今回レフィーナにSP回復を覚えさせていたという点が大きい。それに戦法は少し変えて、アギーハメキボスに攻撃を当てられないリューネもギリアムの援護攻撃を受けることで攻撃出来るようになりました。シカログを撃破した時点でヴィレッタお役御免というのは変わりませんでしたけどね。
 さあ、念願のヴァイサーガに向けて突き進むぞ。

3月13日日曜日「続雑記」

 調べてみたら、ホークス戦のチケットは基本的に来月分をゲット出来るということのようです。私が狙ってるのは6月のホークスvsスワローズデーゲームなので五月に入ってすぐに狙えということみたいですね。チケットは取れさえすればいいや。どの席でもいいです。

 「ドラえもん」の新声優陣が決まってますね。しずか役のかかずゆみ、スネ夫役の関智一以外は知名度の無い人たちでわりと好印象です。ひとり中学二年生とかいるらしくて、平均年令が40才も若返ったってさ(笑)。ま、かかずゆみはいいとして(KIDでいうと「メモそれ」の雅)、ドモン声のスネ夫ってのはちょっと想像出来ないな。どうなるんだろ。
 しかしすごいのはこれが新聞記事になるってことだな。

 最近ゲームというと「スパロボOG2」ばっかりやってるような状態ですが、まだ当分プレイする予定。とはいえ「メモオフAR2」のニ周目なんかもやらないといけないので適当なさじ加減でなんとかしていきたい感じです。3月は「メモオフAR3卒業」以外にこれといってゲットするゲームもありませんし、ゆっくり気長に進めます。「メモオフAR2」に関しては変な情報を仕入れたんで、これは明日にでも試してみますね。
 今月はゲームよりも玩具の出費の方が大きいんですよね。とりあえず今週末に3点ほど購入予定があります。日曜には画像をアップする予定……でも3点ってのはちょっときついな。うちのデジカメは電池がヘタレてるからまとまった数を撮影するだけでも一苦労なのですよ。
 あ、そうそう、ニンテンドーDSの新色を見ました。ちょっとどころかかなりがっかりです。こりゃ購入見送り決定ですね。ダーコイズブルーに期待してたのに……。

3月12日土曜日「雑記」

 うわ、しまった。昨日のパズルはあれだけじゃ解けない(泣)。しかもここで補足してしまうとパズル自体が崩壊してしまう。こりゃまいったね。でもなんとなく勘とか駆使してあたりをつけることは出来るのではないかと思われます。やっぱり正解は後日ということで。

 もう寒が戻ることはないだろうと思ってたらさくっと戻ってきやがったりしてなんだかなーという感じです。昼間に雪が降りそうだとか。最近妙に暖かかったのにな。ほんと、今年の冬は悪天候が続いてまいったもんですよ。

 今年のプロ野球はセパの交流戦がありますよね。ふと気付いて調べてみたら、スワローズ戦が6月にあります。今からそこに照準をあわせればさすがにチケット取れるんじゃないかと。最悪ひとりで見に行くという気合でゲットに挑戦してみます。
 どうでもいいけどやっぱり「ヤフードーム」になっちゃったのね。とほー。

 昨日は泳いだ関係で昼寝したですよね。それとはあんまり関係無いんでしょうが、朝方床についてみると全然眠れない。妙に息苦しくて身体の調子がおかしい。どうやら鍋の残りにうどん玉を放り込んだものを食べた時に汁まで全部飲んだのが悪かったようで、胸焼けしたみたいです。もしくは胃もたれ。それで眠れなくなるって経験は生まれて初めてでした。全然自慢になりませんが。

3月11日金曜日「パズル自由自在」

 今日は「黒の貴婦人」と一緒に買って来た「パズル自由自在」を読了。シリーズ4作目となる今回はなんか妙にキャラクターの方向性が極端化されていたような気がする。ぴぃくんはもともとちょっといただけない体型でズレたファッションセンスをしたシスコンのロリコンというキャラだったけど、これまではさほど強調されていなかったはず。それが今回は全編に渡ってシスコンロリコンの嵐になっている。よくここまでマイナス要素を書き集めた主人公を設定したもんだな。
 このシリーズは殺人事件ってものが出て来ないという点で高い評価を置いています。なにもミステリだからって人を殺す必要はないわけで。でもその発想の出来ない作家が案外多くて、殺人事件と無縁なミステリ短編集ってのは少数派です。殺人事件が無いと殺伐としない、殺人事件をゲーム扱いする探偵がいたりする……なんてこととは別に、殺人ではないどんな些細な事件をミステリに仕立て上げることが出来るかという点が大きい。今回の場合、まいご万引き運動会荒らし置き引き空き巣誘拐となかなかバリエーションに富んでます。良い感じですね。
 作中に挿入されるパズルはこれまでよりも簡単だったかな? 既刊にはこんなん解けるかーなんてのも多かったから、少し拍子抜けしたかもしれない。でもおっさんの写真のパズルはなかなか面白かった(これも簡単だけど)。この問題だけここに書いておくから、暇な人は挑戦してみよう。

パーティーに集まった4人の親類が写真を撮った。
写真には3人が写っている。
会場に来たのは徹、悟、薫、昇の4人。
徹は悟の兄
悟は薫の叔父
昇は悟の甥
昇は薫の兄
徹は昇の叔父ではない
薫は徹の息子ではない
写真を撮ったのは誰?

 正解は後日。
 しかし「QED」(加藤氏の漫画の方。本作と同じ高田氏のじゃない方)で数学者オイラーの凄さは知ってたつもりでしたが、あのオイラーの魔法陣というのは凄いなんてもんじゃないですね。こんなの片手間に考え付いてしまう人はそりゃ天才だわ。

 泳いで来ました。目標だった一時間で3000メートル、達成してきちゃいました。わりといっぱいいっぱいでしたけどね。これを楽勝でクリア出来るようになると本物なんですが、それにはまだ泳ぎ込みが足らないでしょう。あとあれ、コースをひとりで使えるかどうかってこともね。同じくらいのペースの人ってなかなかいないから。大抵はやたら遅いか早いかのどっちかなのだ。ダイエットのことを考えて泳いだ後のうどんは断念。すぐに炭水化物を補給したら意味ないかなと思って。
 しかし、泳いだ日はどうしても眠くなるなー。

3月10日木曜日「黒の貴婦人」

 また天気が良くありませんが、こないだの雪の後で一気に寒が通り過ぎてしまったようで少しも寒さを感じません。バイク乗るのにグローブを忘れてもなんとかなってしまうくらい暖かくなっています。ここまで目まぐるしく気候が変化するのはさすがに珍しくて、ちょっと面喰らいますね。当面目に見える形で出ている影響はお風呂です。温度調節をそのままにしてお湯を張ったら熱いのなんのって。

 少し前から探していた西澤保彦の「黒の貴婦人」をようやく発見して買って参りました。さっそく読了しています。ちなみにハードカバーです。文庫かノベルスと勘違いしてたんで、なかなか見つからないわけですよ。大きな書店の検索用パソコンでハードカバーだと知りました。なかなか便利ですね、あれ。
 「黒の貴婦人」は匠千暁シリーズの短編集で、シリーズ7作目になります。最初の「解体諸因」が発売されたのがおよそ10年前ですから1年に1冊出ていないということになりますね。しかも前作がやはり短編集の「迷亭論拠」……長篇は「依存」以来しばらく出ていないわけで。ぼちぼち次の長篇が読みたいなあ。
 時系列で言うと「スコッチゲーム」「依存」の後で、タックとタカチの距離が急激に縮まったあたりになります。あんなんでもラブラブな関係なんだろうな、一応(笑)。タカチの場合「相手が自分のことを好きだと良くわかってるからきつく当たることが出来る」というのとまたちょっと違うだろうし、面白い。なんせ相思相愛のくせして彼に「あなたは東京で就職するのが良いです」言われたら素直にそうしてしまうんだからなー。作品の舞台は架空の地方都市だけど、四国だって噂があったっけな。
 お話の方もなかなか面白かった。このシリーズはハズレが無いのでありがたいです。表題作「黒の貴婦人」は「え? これで終わりなの?」という感じだったけど女性の妄執の深さは十分伝わって来たし、「プチパケ」の比較的登場人物の多い短編での話の描き上げ方など見るべきところが多かった。
 最近どうも西澤成分に飢えてるところがあるんで、他のハードカバー作品も買ってみようかなーと思ってます。2000円近いんで出費的にはきついけどね。

 「スパロボOG2」のニ周目、終了しました。最終面に挑むのはこれでニ度目なわけですが、やっぱり受けた印象は前回と同じくめんどくさい鬱陶しいというものでした。前回も書いたように、最終面に出てくるザコのHPはなんと15万。HP低めのボス級シルベルヴィントよりも多くてしかも硬い。そんなのが5匹も6匹も出てくるともううんざりです。いちいち減らすのがとにかくめんどくさい。HP回復なんかも持ってやがるし……。敵の数が少ないからこちらのパイロットの性格次第では必殺レベルまで気力があがらなかったりもします。もう十重二十重にめんどくさい。ほんと、SP回復無しじゃクリア無理なんじゃないかな。
 で、さっそく三周目に入っています。ノーマル>EXハードときて次はスペシャルモードです。難易度はノーマル準拠で機体の改造制限が撤廃され、最初から全種類の強化パーツ&汎用武器をひとつずつ貰った状態でスタートします。やー、これは強い。資金とPPの引き継ぎは当然として、強力なパーツと汎用武器を使えるのが大きい。おかげで無改造のユニットでの避けまくれるようにカスタマイズ出来ます。欠点は改造制限の撤廃でフル改造ボーナスを取り難くなったことかな。まあ、一部の機体以外は無理して取るものでもないか。

3月9日水曜日「もうすぐ三周目開始です」

 「スパロボOG2」ニ周目41話をクリア。この辺になるとボス敵連発という無茶をやらされるんで、なにをどう考えてもSP回復は必須。これが無いとやってられない。というか「第2次α」の終盤はもっと豊富にSPあったような気がするんですけど……。まあSPは多すぎだとそれはそれでバランス崩す要因になるから難しいと言えば難しい。改めて考えてみても「OG2」はキツめのバランスですね。「第2次α」はぬるかった(笑)。
 41話で大活躍だったのが虎龍王です。こいつが今作屈指の性能を誇ることは承知のつもりだったのですが、ツヴァイサーゲインとアシュセイバーの2ボス+HP5万のラーズアングリフ2機を敵に回してひとりで3機までぶっ倒した。さすがにHP回復を持つツヴァイだけは無理だったけど、避けて避けて当てまくる姿は往年のショウ・ザマを思わせるものがありました。ほんと、本来メインのはずの龍虎王の立場が無い。それでもEXハードではわずかに必殺攻撃の破壊力で上回るし、地形適応の関係で空中の敵に対しては龍虎王の方が強い……ニ周目限定のアドバンテージか……空しいな。
 この「OG2」結構作品世界やキャラも気に入ったので、新規にページを作ってのんびり更新してみようかなと思ってます。

3月8日火曜日「元気玉炸裂」

 今はネットが発達しているため、必要以上に情報が氾濫している時代であるといえます。だからこそ取得する情報の取捨選択には気を使わないといけません。たとえば例のイラクの三馬鹿事件ですが、あの時ネットでは彼らの自作自演という話が溢れ返って、それがあたかも事実であるような世論が作られていました。けど今落ち着いて振り返ってみても、怪しいは怪しいにしろ間違いのない事実だと言うソースは無かったと思います。多数派の意見だから正しいとは限らないわけですよね。当たり前のことですが。
 その上でいろいろ情報をチェックしてみてなお、今の韓国がなにをやりたいんだかさっぱりわからん。あの国は本当に大丈夫なんだろうか。下手すると体勢崩壊で劇的に変化する可能性のある北よりもおかしくなってるんじゃないかとさえ思う。ソースはいろいろあるんで、調べてみたい人は調べるといいですよ。こういう時は主観を交えず事実関係だけを書いたものが役に立ちます。

 最近妙にオレ用語を使う人が増えたような気がします。それも老若男女に関わらず、あらゆる階層で。そういうのは自分自身かその周辺だけでしか通用しないので、他の場所で使ってもらうと対応する方がとても困ります。「○○君」とか勝手に変な名前つけるなよ。

 それにしても「Dr.スランプ」も「ドラゴンゴールZ」も面白いな。特に毎日二話放送の「ドラゴンボールZ」がすごく面白い。今べジータが地球に来て元気玉を喰らったところです。あれだけボロボロになってもまだ大猿悟飯とやり合うんだからしぶとい。さすがべジータ。ナッパ戦あたりからフリーザ編は本当に面白いですよね。フリーザ編はビデオに撮っておこうかな。

3月7日月曜日「積もってる、積もってるって」

 昨日の朝の雪は午前7時には案の定都市高速を通行止めにしてしまいました。が、寝て起きたらもう雪なんてどこにもなかった(笑)。つまんねーなあ。

 どうも熱っぽいので計ってみたら、微熱程度の数値が出ました。せっかくのオフなのにもったいないけど、ここはおとなしくゆっくりと休むことに。そこで「スパロボOG2」をず〜っとプレイしてました……発売日が先月頭だったから結構長く遊んでいることになりますね。スパロボはコストパフォーマンスが高くて良い感じです。もう3周目もプレイするつもりでいるし(笑)。
 今回は前回と別の分岐を選択しています。そしたら「このメンバーでガチだよな」と思ってた出撃メンバーが随分と変わって来ました。ひとつに援護防御目当てで本格的にラッセルを使うようになったことがあります。前回は戦力として考えてなかったんで、小型機に乗せて回復役&激励役に徹していました。が、こいつの援護防御能力はなかなか半端じゃない。守備力ずば抜けて高いし、エースボーナスも援護防御絡みだし。ただ攻撃能力はしょぼいんだよね。
 その他だとフェアリオンを外してヒュッケバインガンナーを使ってます。パイロットもリョウト&リオからユウキ&カーラにチェンジしてグンと使いやすくなりました。カーラが「突撃」を持っているのがなんといっても大きい。前回ユウキ&カーラのカップルは放置状態だったから、使ってみたかったのです。それになぜかヴィレッタに連続攻撃を覚えさせてアルブレードに乗せてたりして。この辺は結構意味不明。
 前回も今回も使って無いのはこれでラーダひとりになりました。こいつはどうも乗せる機体が無くて……。

 今日は身体を暖かくする目的で鍋にしてみました。いつもだとストレートのパック入りキムチ鍋出し汁を使ってますが、今回は瓶詰めの3倍濃縮スープを使っています。おかげさまで辛さは向上していい感じ。でも味が少し落ちたかも。白菜との相性も実のところキムチ鍋より他のヤツの方が良かったりするし。難しいな。

3月6日日曜日「積もってる、積もってるって」

 夜半に降り始めた雪は、5日早朝にはもう積もっているという状態です。どうやらわりと本格的な降りらしく、降り始めてからわずか3時間ほどで3センチほどの積雪となった模様。これは北部とはいえ九州である福岡では結構珍しいことだ。おかげでバイクが雪まみれになってしまいました。
 この程度の雪でも福岡の交通網に大打撃を与えるのに充分だったりします。でもま、今日は幸いにして日曜日だからそれほど深刻な影響は無いのかもね。

 花粉症は死ぬほどイヤン、と思ってた今回の症状はどうやら風邪ということで決着しそう。正直ほっとしてます。これでまたしばらく泳ぎに行けないとなるとかなりがっくりさんではありますが、仕方ないでしょう。くしゃみよりも咳の方がメインで、それが頭痛を呼び起こす原因になっています。これが結構辛いです。

 「スパロボOG2」ニ周目EXハード、ようやくのことで33話までこぎつけました。ここはゼオラが仲間になったり隠し機体や武器や強化パーツが入手出来たりで後半へ向けてのひとつの転機になっています。イヤになるほどHPのあるボス連中との交戦もこれから本格化です。
 なんといってもやっぱりゼオラですね。ゼオラとビルトファルケン。これでようやく合体攻撃ツインバードストライクが使用可能になります。TBSの無いアラド&ビルガーなんてザコに近い存在ですからねー。アラドも格闘戦しか能が無いんだから、連続攻撃くらい出来たら良かったのに。
 33話はカイ少佐の撃墜数55以上、レベル33以上で隠し機体をゲット出来ます。撃墜数の方は余裕でクリアしてるんですが、レベルがあとふたつ足りてません。なんとか頑張ってあげないとこれまでの苦労が水の泡になってしまいます。もうすでにラミアの隠し機体をゲットし損ねてるし、これを逃すのは痛すぎる……。なんとかなる。なんとかなる。
 DSといえば「メテオス」の評価がえらい高かったな。ちょっと購入を考えてみようかな。

3月5日土曜日「今度は雪かー」

 妙に鼻水が出る。咳も少し。もしかしてまた風邪か? 風邪なのか? 1シーズンに3度風邪ひくってのも最悪だが、花粉症にくらべればまだマシかな。花粉症でないといいなあ。心から願っています。

 「メモオフ想演」を一度終えてエクストラコメントが出現するようになりました。シナリオや演出、キャラの台詞などへの突っ込みがメインのこれ、微妙に適格なツッコミが入るんですよね。これたぶん、シナリオライターとコメント入れた人が別なんだろうな。コメントから推測するに今回の健の優柔不断は故意に仕組まれたもののようなので、そこを指摘して作品の欠点とするのは難しいかもしれない。人それぞれだから別にいいけど、キャラへの印象と作品の善し悪しは必ずしも直結しない。「君が望む永遠」の主人公にどれだけむかつこうが、ヘタレの泥沼を描くという方向性は一貫しているのだからあれはあれでいいんだよね。問題なのは作品の方向性がふらつくってことなのだ。「仮面ライダー剣」ってのはそういう作品だった……。
 今回は前作からのリンクを使ってプレイしてます。そしたら巴と信が出会うシーンでリンク無しと異なる展開になりました。どうやら前作で既に出会っているので……ということらしい。「メモそれ」なんかをプレイするとどのキャラも知り合い関係だったりして世界の狭さを感じさせるけど、巴って智也や唯笑、信と同じ学校同じ学年なのに知り合いじゃないんですよね。こういう関係を使ったギミックも面白いと思うんだけどな。リンクの効果としては弱いものの、悪くは無い感じ。ちなみに前作は選択肢次第で巴と信が出会わない展開になる。あ、それと今回のエンサイクロペディアはリンクを使わないとフルオープンになりません。でも使わないと見られないのがアレとは……。超脱力ものだ(苦笑)。
 そういえばシーンタイトルがひとつ開いてないな。

 「スパロボOG2」はビルトビルガーLをゲットしてます。ボスだろうがなんだろうが問答無用に行動不能にしてしまうスタンショックが強力すぎる。これだけのためにビルガーLをゲットする価値があるくらいです。ビルガーL自体はそこまで強力なユニットじゃないんだけどね。
 最近気付いたけど、リューネ&ヴァルシーネが実は異様に強いことが分かりました。リューネは精神コマンド無しで攻撃力を上昇させる要素を複数所持しています。エースボーナスでダメージ+10%。マサキの愛情補正でも10%。「ガンファイト」で射撃武器の攻撃力アップ。「リベンジ」で反撃時のダメージ20%アップ。これでクリティカル(ダメージ1.25倍)すると「熱血」を使ってダメージを倍にするよりも大きな破壊力になるらしい。しかもまだ「アタッカー」をつけるという選択肢もある。機体フル改造ボーナスのおかげでデフォルトで被弾率30%になっちゃうし、「必中」かけて敵の中へ放り込むだけですごいことになるな。問題はクロスマッシャーが8発しかないことだけだ。
 SRXとか虎龍王とか、一部にえらい強いのがいるよな、このゲーム。

3月4日金曜日「メモリーズオフAR2想演♯2」

 「メモオフ想演」とりあえず終了。今回設定されている3つのエンディングをそれぞれクリアしてます。まだ前作からのリンクによる変化をチェックしていないんでオールコンプというわけじゃありませんけどね。その辺は明日以降です。このシリーズ、エンディングをコンプリートするとプレイ中にエクストラコメントなる小ネタが出現したりして、短いなりに周回プレイを考慮した作りになっているところは良いですね。数少ない良いところですだ(苦笑)。
 今回設定されているヒロインはそもそものメインである白河ほたると、同じ「2nd」出演でクラスメイトの鷹乃のふたり¥……なんですけどほたるシナリオ、鷹乃シナリオではなく演劇シナリオ、ルサックシナリオのふたつに分岐する流れになっています。今回はどうもヒロイン達が傍役に過ぎないようなシナリオで、終始主人公の伊波健メインで話が進みます。極端にいうとふたつのシナリオ両方とも「健シナリオ」といった方が符に落ちるくらい。
 演劇ルートは文化祭で南つばめ脚本による舞台をこなすシナリオ。こちらは「2nd」の巴ノーマルエンド後のカラーが非常に強く、最初から最後まで健がうじうじと悩むだけの話です。つばめの真意がどうなのかわかりませんが、彼女の書いた脚本がダブルヒロイン設定で健的に自分の境遇に重ねてしまう部分が大きく、無駄に悩みます。ほたる、巴、鷹乃といったヒロインたちにこれといった役割は無く、最後に健が妙な自己完結に到達して終わりという、なんともすっきりしないラストでした。私は別に主人公の自省ばっかりなシナリオでもかまわないけど、これってメモオフのファンディスクという面が濃いわけでしょ。ヒロイン中心に描かないファンディスクってのもなんだかなあ。巴ノーマル後だってのに巴エンドが無いのもどうかと思う。
 ルサックルートは健がバイトしてるファミレスの出張店を文化祭で出すというもの。演劇は中森翔太が仕切ってましたが、こちらはなし崩しに健がリーダーを務めることになります。もともと伊波健という人物はサッカー部を引退してから9月病にかかってしまい、すっかり覇気を無くしてしまったキャラです。それがやりたくも無いリーダー役をこなすことで逆に活性化していきます。そういう意味では自省の続く演劇ルートとはガラリと変わった印象です。やたらポジティブで元気……というか、これが本来の健なのかといったような感じ。こちらは一応鷹乃ルートということで、彼女の家族絡みのイベントが発生します。が、はっきりいって鷹乃シナリオとして見るとひどく出来の悪い仕上がりです。はっきりと描写不足で、尺が足りて無い。問題なのは鷹乃との距離が縮まって行く一方で、元気になったことでほたるとの距離も縮んで行ってるところでしょうか。鷹乃が気になってほたると疎遠になるどころか、ますます仲良くなってるではないですか。そういうおかしな状況でラストへ流れ込むため、鷹乃関連以外の要素でなかなか面白かったシナリオがころっとひっくり返ってしまいます。ポジティブだった健が一瞬にして演劇ルートのヘタレ健にチェンジ(苦笑)。なんだかなー。
 どちらのシナリオももうちょいうまいやりようがあったんじゃないかと思う。特にルサック編は鷹乃と結ばれないエンディングになってるんだから、健がきっぱりとほたるを選んで鷹乃にごめんなさいする展開の方が良かったんじゃなかろうか。ほたる(あと巴も)を捨てて鷹乃に走る説得力なんか無いんだから。
 しかし鷹乃はちょっとかわいそうだ。「2nd」本編のシナリオも下位ランクだったのに、今回もこれじゃね。まだサブキャラで元気なところ見せてくれる相摩希の方が印象としてはマシって感じだ。もっとも今回の相摩姉妹は全編通して望のほうしか出て無いような気がするけど(笑)。つばめは……打越氏が書かないとこんなもんかな。奇矯な台詞を無責任に残して行くところは変わらないけど、独特の妖しさは消え失せてしまった。ためしに「デュエット」のつばめシナリオも再プレイしてみましたが、まとめかたに失敗しているとはいえ良い雰囲気を持った個性的なシナリオであることは確かですね。果たして「AR3卒業」ではどうなるのやら。
 そういうわけで、賛否分かれる作品になってます。作品としての説得力は「AR1折鶴」の方がずっと上でしょう。あっちはちゃんと唯笑シナリオ、巴シナリオとしてそれなりのものを出して来てたし。私はふだんから「話が面白ければヒロインと結ばれる必要すらない」という立場なんで、シナリオの方向性としてヒロインよりも健を中心にしたやり方でも肯定するけど、他のプレイヤーはそうもいかんでしょう。たぶん賛否というよりも賛否否否否否否否といった感じなんじゃないかな。
 実は一番印象に残ったのは相摩姉妹役の声優さん(南里氏)の声ががらっと変わってしまったところだったりして。

3月3日木曜日「スパロボOG2攻略本」

 先週は風邪(インフルエンザ)に悩まされてプールに泳ぎに行くことが出来ませんでしたが、今日行って鬱憤を晴らして来ました。今日はかなり人が少なくてロングコースを存分に使えたんで、距離をカウントすることもなくのんびりと泳いだですよ。おかげでどんくらい泳いだのかよくわかりません。でもどうやらちゃんとカウントしてた方が良いみたいですね。だらだらと泳ぐだけだと緊張感ってものが無くて時間の感覚もおかしくなってきます。しっかり50を10本数セットってメニューでやるのが良いです。最後だけ50×10本で締めて終わらせましたよ。
 更衣室には姿見と体重計があります。体重の方は最初に計測した時と較べて既に3キロほど落ちてます。が、これは誤差の範囲ってのもあるかなーって感じ。最低でも60キロ割り込ませないとダイエットに成功したとは言えないでしょう。ただ、姿見で身体を見る限り肥満ってことはないよなーと思うのです。私は幼い頃から水泳をやってた関係でちょっと見の感じよりもずっと胸板が広かったりします。それと冬特有の着膨れが重なって太って見えるんだろうなあ、と。肥えたとか言われるとやっぱりショックなんだよね。

 プールの帰りに「スパロボOG2」の攻略本を買って来ました。数種類あった中から電撃のものをチョイス。正直言って内容にはかなり不満があります。データ集としては妙に中途半端だし、一部の隠し機体取得条件も記載されていない。ぶっちゃけ読んでてあんまり面白く無い。巻末に載ってる立体物のページは確かに電撃ホビー関連のこの本でないと実現出来なかったものだろうとは思います。造型のレベルも高いしその部分には満足なんですけどね。ちょっと選択をミスったかも。
 キャラクターイラストが豊富なのはそれなりに◎。ただお気に入りのカチーナ様がカラーじゃないのが納得いかん。納得はいかんけど、全体像がわかって嬉しかったりもする。男勝りだからてっきりきっちりとした軍服を着ているんだろうと思ってたら、ラヴリーエンゼルも真っ青なホットパンツだったとは。しかもウエスト激細。これはゼオラとかラミアとかよりもずっと細いのでは。口癖が「壊す」「殺す」って、酷いな(笑)。
 信頼補正関連の細かい記載はあったんで、今後の攻略の助けにはなるでしょう。というか活かさないと1400円が勿体無い。

3月2日水曜日「メモオフAR2想演♯1」

 ここ一週間くらいプレイしていたゲームにケリがついたので、先週買って来た「メモオフAR2」のプレイを始めました(「OG2」とはまた違うゲームをやってた)。物語の今回の舞台は浜咲の学園祭。ということで登場するキャラクターは「メモオフ2nd」中心となっています。前作「AR」が「1st+巴」という構成だったんで、これで当然といえば当然ですけどね。
 「AR1(以下「折鶴」)」はメインヒロインである唯笑エンド後という設定でしたが、「AR2(以下「想演」)は飛世巴ノーマルエンド後という異色の設定となっています。つまり主人公の伊波健は彼女である白河ほたると、夏休みに出会った巴との間で揺れ動いているということです。「想い出にかわる君」「それから」での正史というべき展開を最初から放棄しているのですな。大胆なことだ。
 これにともなって設定上の変更点がいくつか見受けられます。まずほたるはウィーンへの留学を取り止め、音大の推薦を決めてます。今回のもうひとりのヒロインとなる鷹乃も同じように推薦を決めました。彼女、「2nd」本編では推薦をとりやめたとかいうようなことを言ってたはずなのですが……まあいいか。ほたるトゥルーエンドで引っ越したことになっている南つばめも残留しつつ、正式な浜咲の教師となって登場します。これがある意味一番意外な線でした。この人にまっとうな教師を務めることが出来るのだろうか(苦笑)。
 その他のキャラ……とりあえず「1st」から信とかおるが顔を見せてます。他のキャラは出ないかな? 前回から登場している巴は今回いきなりメイド服で出現。「AR」シリーズでの異様なまでの厚遇は「ポケモン」のピカチュウを思わせるほどですなー。いったい何が巴をこうまでさせるのだろう(笑)。相摩姉妹は希の方が登場。今回ふたり同時の出番もあるらしい。静流はほたるの実姉なんでいずれ出てくるでしょう。
 まだまだ本筋はこれからなんでシナリオ的なことはわからないけど、とにかく目立つのが健のヘタレっぷり。「2nd」での健は部活を引退して燃え尽き気味な面が強く、ヘタレというよりは無気力さが表に出ていたもんですが……今回はとにかくヘタレ。ほたるを選んだけど巴が気になるよ〜〜という(苦笑)。それでいて鷹乃とも、というんだから今回は大変だ。いや、実に楽しみ。修羅場を期待出来る。
 ちゃんとした感想は明日以降ってことになります。でもなんだな。私はやっぱり「2nd」好きなんだな。妙にハマっている自分がいます。

3月1日火曜日「日本公演」

 アメリカのプロレス団体WWEが日本で本放送のテーピング公演を行いました。これまでの日本公演はテレビ無しのハウスショーだったので、日本でも放送されているいつものWWEとは違ったものだったのです。それが今回レギュラー番組そのものがやってきて公演を行っています。その回の放送が今日ありました。
 しょっぱなのビショフのトーク以外は通訳無し。たぶん会場でちゃんとスキットの内容を理解出来ていた人間はそう多くないでしょう。が、そんなもんは必ずしも必要ではないのですね。ラストシーンでのバティスタがHHHのベルトを見上げる姿だけで敵対構造がさっくりとわかってしまいます。「バカヤロー!」とだけ言ってればなんとなく場をつなげてしまう日本のレスラーとは随分違いますな。
 それにしてもプロレス先進国だけあって客のノリは極めて良いです。きちんとプロレスの善し悪しに対して反応するんで、レスラーたちのファンに対する評判も良いらしいですね。
 そのHHHさんは現在メジャーリーグを席巻しているステロイド問題についてこんなことを言っています。
「ファンってのは勝手なもんさ。ボンズがステロイドを打つことは非難するくせに、彼には一本でも多くのホームランを打って欲しいと考えているんだ」
 両立はしないんだよということでしょうか、アメプロ界も一時ステロイドが蔓延して大変だったらしいですからね。優しい性格だったレスラーがステロイドを打ち始めた途端神経質になりなにもかも変わってしまったという話も聞いたことがあります。日本のプロレス界は肉体よりもレスリングの内容重視ですからそんなことも無いんですけどね。

2月28日月曜日「アシュセイヴァー断念」

 「アナザーコード」そっちのけで「スパロボOG2」やってます。「アナザーコード」をプレイするのに良い時間がなかなか取れないんですよね。エドワード家の因縁とアシュレイが今後どう絡んで行くのかとても楽しみにしているんですが。
 でもって「OG2」の方、隠し要素をゲットするようにプレイしてます。が、アラド絡みのビルトビルガーLとラミア絡みのアシュセイヴァーorヴァイサーガの両方をゲットするのがとても難しいらしく、アシュセイヴァーを断念することになってしまいました。どちらも特定のステージまでに撃墜数を稼ぐことが条件のひとつになっています。が、ルート分岐によってアラドとラミアが別のチームに入ってしまうことが痛い。いや、たぶんラミアのルートに入ればアラドをフォローすることはそう難しくないんですよ。その逆のアラドのルートに入ってラミアをフォローすることが難しい。ラミアの方が早い段階で撃墜数チェックされる上に、撃墜数そのものも多い……。撃墜数チェックのステージで粘ってみましたが、途中で勝手に敵が撤退してしまうんでどうにもなりません。次プレイする時はラミアルートに入ってアラドフォローで行くことにします。とほー。
 それにしても敵の援護行動のウザいゲームです。小隊システムの無いスパロボは敵ユニットが固まって行動する傾向が強いのでなおさらです。ザコ敵も平気で援護行動とかカウンターとか特種技能持ってるからたまらん。
 敵の援護防御対策にはいくつか方法がありますが、そもそも援護防御を無効化してしまう攻撃というのものが存在します。合体攻撃、マップ兵器、連続攻撃の3種です。今回は「第2次α」と違って精神コマンド「直撃」を使っても援護防御を封じることは出来ません。このことから合体攻撃を持っている組み合わせはそれだけで重宝するわけですね。フェアリオンコンビなんかは消費エネルギー25で合体攻撃可能ですから、援護防御を打破するためだけに出撃させるという選択さえあるくらいです。
 さて、これら3種の武装は基本的にユニット固定武装で汎用武装にはありません。ですから最初からこれらをすべて装備しているサイバスターはとても強くて便利なユニットのはず……なんですがその印象が薄いのはなぜだろう(笑)。あんまり避けないからなあ、サイバスター。サイフラッシュ、アカシックバスター。コスモノヴァのことまで考えると充分強いはずなのだが。

2月27日日曜日「お米」

 「アナザーコード」をほったらかして「スパロボOG2」のニ周目をやってたりして。これは別に「アナザーコード」がつまんないからというわけじゃなくて、仕事前にほどよく集中せずゲームをするに「スパロボ」がちょうど良かったからというだけの話。
 EXハードは敵が3段階ほど改造されていて、こちらの武器を改造出来ない。パイロット育成に必要なPPも倍。だから難易度的には一周目よりも厳しいはずなんだけどなあ。いまだに楽させてもらってます。機体の改造だけに資金を当てると、どうも余る傾向があるんだよな。だからそのステージが乗り換えがあったりして無改造強化パーツ無し状態になったりすると途端に厳しくなったりもする。変に極端だ。

 仕事前に白米を炊く。その時めんどうだからいっしょに生卵を3つ放り込んでみた。炊きあがる頃には目玉焼きが3つ出来ている……という予定だったのだが米が生煮え状態になってしまって食えたもんじゃない(苦笑)。3つはいれ過ぎだったようだ。仕方ないからもう一度炊いてたべた。時間的にギリギリでしたね。ああ、もったいない。

2月26日土曜日「頭痛」

 今日はなんだかえらい頭が痛い。なので仕事を終えて帰宅してから速攻で寝ました。もともと母親譲りの頭痛持ちではあるものの、こうまで意味無く(というかこれといった原因もなく)これほどの頭痛にみまわれるってことは珍しい。なんだかんだでやっぱり寝て治すのが一番良いんだよね。だから寝ます。

2月25日金曜日「アナザーコード」

 「アナザーコード」と「メモオフAR2」を買いに行ったヨドバシのレジで財布にお金を足しておくのを忘れてたことに気付きました。確か先月「AR1」を買った時もまったく同じミスしてたような気がします。うっかりさんです。今弟の職場がヨドバシにほど近いのを思い出して連絡をとって貸してたお金を返してもらっての購入。来月はちゃんと気をつけるようにします。
 さっそく「アナザーコード」をプレイしています。うーん、さすがに音色も画面も綺麗です。なるほどなるほど、DSの描画能力はサターン以上のものがありますね。DCとくらべるとどうかなーって感じなんで、64級ってのは本当かも。内容はやはり任天堂版(外注だけど)「MYST」といったような感じ。おおよそほとんどの操作をタッチペンオンリーでこなすことが出来ます。慣れると結構快適です。謎関連は思ったよりも簡単かも。もっと難しくしても良かったと思うな。一部かなり難しい部分もありますけどね。まだ半分くらいといったところでしょうか。これからが本番ってことを考えると難易度も実際には丁度いいのかもね。
 なんか勘違いしてて「AR2」には限定版無いとか思ってたら、実際にはありました。でもなんだろう? 内容は「AR1」のと同じなんじゃないのかな、あれ。私はさくっと通常版を買って来ましたよ。プレイはまた後程。

あれれ書いたはずの日記がないよ(笑)。えっと、漫画を4冊ほど買って感想書いたというお話でした。2度は書けない。
2月23日水曜日「大合奏以来だから2ヶ月振り」

 ん、ようやく熱も下がってくれました。けどなんというか、熱が続いてダメージを受けたのか三半規管の機能が回復していないような。人間って機械じゃないから普通に歩くだけでも頭の位置を動かさずにスムーズに移動って、訓練無しになかなか出来ないものでしょう。自分ではそうしているつもりでも周囲から見るとちゃんと出来ていない。逆に言えば自分では出来ているつもりになれる。それが三半規管によるファジーな修正のおかげなわけです。でも今日はそれが狂ってた……というよりは機能していなかった。熱は下がっているのに、ただ歩いているだけでふらついているような感覚があったですよね。明日には修正されてくれると良いのですが。

 「スパロボOG2」のニ周目、ゆっくりと順調に進めています。難易度EXハードもたいしたことないな。さくっとニ周目を終わらせて、その後に出現するスペシャルモードってのをプレイしてみたいです。これは機体の改造制限が撤廃されてあれこれいろいろ出来るモードなんだとか。一周目は出撃メンバーがかなり固定されてしまったので、三周目以降は使って無かったキャラやユニットを使ってプレイしてみたいのですよ。
 明日は久しぶりにニンテンドーDSのソフトを買う予定です。「アナザーコード」ですね。役に立たないと評判の雑誌のレビューも高かったし(笑)、安心して買えます。やはりゲーム屋がギャルゲーを作ると一味違うものが出来るようです。もっとも「アナザーコード」が本当にギャルゲーかどうかは知りませんけど。サターン初期の「MYST」タイプのゲームらしいですね、事前の情報によると。この手のゲームは世界観からかっちり作り上げるとかなり面白くなるはずなんです。ただ、謎解きの解答を見てしまうとその面白さも大半減なので情報無しでプレイしなくてはいけません。DSでポリゴン使用してるゲームってのも初めてになるので、そういう意味でも楽しみ。GBAの「OG2」では真価を発揮し切れてなかったアクティブスピーカーも、きっと手ぐすね構えて待ってるはずだ(笑)。

2月22日火曜日「あとすこし」

 起きてみたらまだ37度7分あった。練る前にはぎりぎりで37度を割り込んでたのにこれはなんとしたことかーという感じですだ。それでも時間までに体調を整えてなんとか出勤。一日働いて来ましたよ。
 全然熱が下がらないということを女の子に伝えると、「それってインフルエンザじゃないですか?」と言われてしまいました。不覚ながらその可能性をまったく考えていませんでした。が、病院行って無いんで実際のところどうかわからないものの、その可能性は結構高いのかもと考えざるをえない。今までインフルエンザなんてものにかかったことなかったからなー。私を起点に流行したりしないと良いのですが。
 どうも仕事中ずっと37度5分ほどあったようです。でもまあそれくらいならなんとかなるもんですね。身体能力は通常の40%落ちという感じではありましたが。
 全快まではあと1日2日かかりそうです。プールに行くにはあと一週間かなあ。

2月21日月曜日「37度」

 なんでだろう? ジュースを買いに外まで出たり、食事のために布団から出た後しばらくして熱が下がる傾向がある。というか、そうしないと全然熱が下がらない。これはいったいどういうことか。大人しく寝ているのがバカバカしくなってしまうじゃないか。とにかくそういうわけで、一時期の高熱続きという時期はなんとか過ぎてくれてます。後は明日仕事に出るまでにかっきり熱が下がっていることに期待するばかり。

2月20日日曜日「39度」

 ダメだこりゃ。一日中寝ていて熱が下がるどころか39度をマークしちまっただよ。死にそうだ。汗を掻くのが一番良かろうということで厚着して布団に入ってたのが仇になってしまった。もんのすげー暑いのなんのって。あまりに酷いんで寝ながらゲームとかやるきにもなれない。とほー。

2月19日土曜日「風邪にやられた」

 更新遅れました。今期ニ度目の風邪でダウンです。また38度をマークしてしまいました……。屈辱です。1シーズンに2度風邪をひいたことのないこの私がわずか3ヶ月足らずでまだやってしまうとは。仕事中熱に浮かされて頭がフラフラするところまで行ってしまったので早退しましたよ。さすがにやむをえない。デスクワークってわけじゃないからなあ。ひどくこじらせてしまう可能性もあるし。いや、デスクワークも大変なんだろうとは思いますが。
 原因はわかってます。水泳、ではない。雨です。ここ最近ずっと雨続きで、その中を泳ぎに行ったりアクティブスピーカーを買いにいったりしてたもんだから。結構濡れたもんな。この日記を書いている外もまた雨っぽいです。ここまで続くとさすがにたまりません。
 ついさっき職場へ病欠の連絡を入れました。これも屈辱だな。病気でまるまる一日仕事を休むのは今の仕事になってから始めてだ。

2月18日金曜日「ランディ・オートン」

 ゲームレビュー書いて無い作品も結構いっぱいあるので、ほんとはなんとかしないといけません。現在ニ周目プレイ中の「スパロボOG2」は書くつもりです、一応。「メモオフAR」は「卒業」までプレイしてから書こうかと思ってました。「OG2」の次は「アナザーコード」になるんじゃないかな、と自分予想。

 最近天気が良く無いですね。今日もいつ降るんだかわからない分厚い雲の下を駆け抜けて泳ぎに行って来ました。わりと遅い時間に通ってるってのもあるんでしょうが、いつもながら人が少ない。多くても泳ぎ難くて困りますけどね。
 今日は50m10本を4セット完遂してます。そのうち1セットは500m1本という感じのノンストップでいってみました。やればできるもんだな。このペースで泳げれば一時間で3000という目標もわりと簡単にクリア出来てしまいそうです。同じコースで泳ぐ人がいなかったんですいすいと泳げましたね。今日は良い感じ。ただちょっと右膝に負担がかかりすぎたらしく、少し痛みが来ました。こればっかりは仕方が有りません。水泳で多少膝も強化されるかなーと思ってたんですけどねー。
 筋肉的に一番強化されそうなのはどうもヒットマッスルっぽいです。いかにも動かしたなーという感じで疲れが居座ってます。確かに水泳速い人って背中の筋肉がすごいですよね。あんな風になりてーとか思ってはいませんが、腹筋は割れて欲しい。初回のことを考えると少しだけ体力は向上したような感じはありますね。
 そもそもの目的である体重はというと、あんまり減ってない。もちろん増えてはいないし、多少とはいえ減ってはいる。でも減ったというほど減ってない。これはまだ回数重ねないとダメってことでしょう。
 泳いだ後のうどんがとにかく上手い。運動するとメシの味が数段違います。これで食べ過ぎないように気をつけないとね。

 今日は夕食に一週間前に作って冷凍しておいたカレーを食べてみました。口当たりが随分まろやかになってる……んですけど、好みとはちょっと違うような。今度から作ったら二日くらいで全部食べてしまうことにします。

2月17日木曜日「ジョン・ブラッドショー・レイフィールド」

 「スパロボOG2」終盤をプレイ中に外付けスピーカーを使ってたですよ。かなーり昔にすごーく安価で買ったアクティブスピーカーで、音質もかなーりすごーく悪いという代物ではあるのですが、比較対象がニンテンドーDSのスピーカーなのでこれでも結構聞けました。内蔵スピーカーはやはり内蔵スピーカーということで。
 で、もっとちゃんとしたアクティブスピーカーを買おうかなーと考えたところで、先日弟が天神ビックでその手のスピーカーを吟味してたことを思い出しました。凝り性のあいつならいろいろ詳しいはず。仕事後ヨドバシで合流して実際にスピーカーを見てもらいました。店の陳列がいまいちしゃきっとしてなかったせいでえらい時間がかかってしまいましたが、結果的に2点に絞り込み、最終的にアクティブ性を重視して8000円弱のものを選択。ポイントを使って3400円くらいでした。
 帰宅後さっそく使ってみたところ、凄くいい。これまでのザコスピーカーと聞き較べるなど恐れ多いというくらいで、正直目(耳)からウロコ状態です。こんな劇的に変わってしまうものだとは……もっと早く買っていれば良かった。
 とりあえず2周目をプレイ中の「スパロボOG2」のために使ってますが、もちろんDCやPS2、ノート、G3にも使えます。というかむしろそっちの方が本命かも。DCでも「まいめり」と「プリホリ」をテストに使ってみたら今まで接続してたコンポよりも数段良かったですよ。すばらしい。弟によると中音域をそこそこ重視してみたとのことで、ギャルゲーと相性が良いんだということだそうです。「メモオフAR2」の楽しみがこれでひとつ増えてしまった。これまでプレイして音がクリアで綺麗だなーと思ったゲームって、KIDのPS2作品だったりするので。「メモそれ」とかかなり良かった。

 スピーカー選びに結構時間をかけてしまって、今日は泳ぎに行けませんでした。その代わり(じゃないけど)弟がヨドバシの飲食フロアにあるラーメン屋でおごってくれました。「汐のや」とかいう函館ラーメンの店です。もともと東京出身(私小金井市、弟昭島市。ん? 逆か? 物心つく前に越してるから全然覚えて無い)の我々兄弟は福岡のとんこつラーメンに食傷気味で、普通の味噌や塩のラーメンに飢えてたわけですが、実際なかなか美味しかった。これは超意外な発見。まさかヨドバシでこんなラーメンを食べられるとはね。結構気に入ったんで、たまに食べてみることにします。私のお勧めは塩、弟は味噌でした。大盛りでも値段変わらずってのが謎。

 「スパロボOG2」2周目はネットで情報収集してプレイしてます。隠し機体や汎用武器ゲットの条件ややこしすぎ。よくあんなもん発見出来るなあ。多分全部ゲットするのは無理だと思うんで、やれそうなところからあたってみます。

2月16日水曜日「スパロボOG2一周目クリア」

 最終面クリアしました。HP10万以上ある巨大アインスト(アインスト・レジセイア)がザコとしてうようよ出てきやがるんですよね。もううざったくてたまらんですよ。それでもなんとか全部蹴散らしてラスボスとの最終決戦に挑み、勝ちました。聞いた話ではHPは40万ちょいということなので「第2次α」のラスボスガンエデン(イージー&ノーマル)よりもタフだということになりますか。きっと「第3次α」のラスボスのHPは100万だな。
 ラスボスはノイレジセイア。アインストの親玉です。終盤になるほど難易度が低下するという流れを受けて、ノイレジセイアもたった2ターンでの撃破とあいなりました。やることはここ最近の対ボス戦と同じでライのR-2に直撃かけたウェポンブレイカー、アーマーブレイカーを撃たせるというもの。加えて今回はエナジーテイカー+も2発ほど撃ち込んでみた。なんだかんだで500あったノイレジセイアのエネルギー残量はゼロとなり、バリアである歪曲フィールドの使用も不可能に。弾切れも起こさせた結果、こいつも射程1の攻撃しか出来ない達磨さんとなってしまいました(笑)。ガンエデン同様回避力はたいしたことないので後は熱血かけた必殺武器を叩き込むだけ。一応主人公なんで最後はキョウスケにひとりで締めていただきましたよ。ほんと、役に立たない主人公だったなー。
 クリアしたらEXハードなるものが出現しました。武器改造やパイロット育成に制限がつくようです。まあ、ぶっちゃけ機体改造出来て地形適応とSP回復さえつければ武器改造出来なくてもなんとかなるような。一周目は隠し機体を一機もゲット出来なかったんで次は頑張ってみましょうかね。
 エピローグで次回作「OG3」への伏線をちらほらと見かけました。たとえばスレイ、結局最後まで出て来なかった。どうやらアイビスvsスレイの「第2次αアイビス編」は次回でやるつもりらしい。アルテリオン&ベガリオン=ハイペリオンも次回の登場ってことのようですね。というか、エピローグ後すぐにあの技に挑戦するらしい……。これに失敗して大怪我して挫折、やさぐれたところへなぜかアルテリオンをゲットして……ってことになるわけだ。フィリオも病死しちゃうし。アイビスはまだまだこれからだね。
 ダイゼンガーとアウセンザイターのダブルG系列機も2機ほど残ってる。ラトゥーニ、アラド、ゼオラのスクール関連はほとんど終わっちゃったかな。それでもカイ少佐に身柄を引き受けられて特訓させられるらしいから次回作にもなんとか出られるかも。しかしアラド、最後の最後にきっちり決めてくれた。めでたしめでたし。
 2周目はまったりゆっくりとプレイします。今月はまだ「メモオフAR2」「アナザーコード」の予定もあるし。

 今日も泳いで来ましたよ。50m×10本を3セットにフリーとバックのクイックターンのチェックなんかもやって、やっぱかれこれ3000ほど泳いでる計算になります。筋肉痛も今日来るかと思ってたけど、無かったな。この調子で少しずつメニューをハードにしていく予定です。朝食前に泳ぐからお腹がすくのなんのって(笑)。食事制限はあまりしないといっても食べ過ぎちゃ意味がないんで、泳いだ後は小麦治140円のかけうどんで。これを楽しみにして泳ぐのだ。
 あ、そうそう、ゴーグルも買いました。最近のは安くて性能も高いらしくて、水なんか少しも入って来ませんよ。効果抜群です。これでうさぎさん状態ともおさらばです。

2月15日火曜日「昨日はバレンタインデーでしたが」

 めっさ頭が痛いのでございます。仕事中、とくに変なことしてないのにだんだんと痛みが増して来まして。帰宅後頭痛薬飲んでネットしてる間に治るかなーと思ってましたがそれもかなわず。この日記も寝て起きてから書こうかと思ったくらいです。でも起きてからすぐに泳ぎに行く予定なので無理して書いてます。
 昨日はバレンタインデーでした。義理を5つもらってしまいました。来月にお返しをしないといけません。ダイエット始めた直後だっただけにちょっと微妙です。とりあえず3月14日までにダイエットの成果を出してお返しに渡す予定の近所のスイーツ屋さんのケーキを自分でも喰いますよ。
 あー、とにかく頭が痛い。今日は「スパロボOG2」のプレイも無しということで。最終面だったのにな。

2月14日月曜日「スパロボOG2♯11」

 泳いで来ましたよ。冬期は大人390円で別個にロッカー代が30円。予想よりも少し安いけど安すぎるということもない微妙な値段です。プリペイドカードを買うと10%ボーナスがつくのでそちらを買って中に入りました。通う予定だからね。
 さすがに泳いでる人はあんまり多く無いものの、好き勝手に適当に泳げる程少なくも無い様子。とりあえずウォーキング込みでアップを重ねてからきっちり巡行速度を守って飛ばさずに泳ぎ込みます。ダッシュかけたらすぐにHPが無くなるなんてことはわかってますからね(苦笑)。
 意外と泳げたな。1時間半のうち半分巡行して半分ウォーキング込み(まん中までウォーキング、そこからフリーで)、これで2500くらいは泳いだんじゃないかな。正確にカウントしてなかったけどすぐに1000突破して、上がる前に50を10本クリアしたからやっぱり2500くらいはいってるはず。ただ変にバテない程度の速度を守って泳いだ時の巡行速度が50m1分をわずかに超えてた。だから今のままでは目標の1時間で3000mは絶対にクリア出来ない。今後の体力アップに期待ですね。
 既に目的がダイエットからダイエットを兼ねた体力づくりへ移っているので、食事制限はあんまり考えてません。せいぜいジュースと甘い物を控えるといった程度です。むしろ納豆とか卵とか鶏肉とか摂取して身体を作って行く方向で。
 さてと、筋肉痛が恐いな(笑)。もう肩のあたりに少し来てますが。私のスタイルだと肩に一番負担が来るので。
 あ、そうそう、結論から言うとゴーグルは必要です。あがった後鏡を見てみたら目が真っ赤のうさぎさん状態でした。塩素が結構きつかった。バイク乗ってて目がしばしばしたから次泳ぎに行く前に買っておきます。次は明後日の予定。

 「スパロボOG2」、終盤戦に入ってひどいことになってます。ひとつのステージでボス4連戦ですよ。しかも2面連続で。もう断言しますがSP回復をつけないとクリア不可能だと思います。SP切れして精神コマンドを使えなくなったらあんなボス野郎を倒すのは絶対無理。アクセル、アギーハ、シカログ、ウェンドロ、アルフィミィ、巨大アインスト、レモン、ヴィンデル……倒せるかこんなもん(笑)。SP回復で仕切り直さないとね。特にウェンドロはHP30万でHP回復(小)を持ってやがるんできつかった。よく1ターンだけで倒せたなあ。アーマーブレイカーの効果は凄いね。
 こういう流れでどうしても破壊力を重視しないといけないんで、出撃メンバーはほぼ固定されてしまいました。やっぱりアイビスとかヒュッケガンナーとか出られない。あれこれ選んでいくとなんとか自由に選択出来るユニットの枠はわずか1。結局これも破壊力でカイ少佐のグルンガスト弐式を選んでジ・エンド。専用機に乗って無いで出撃出来てるのはガンドロのカチーナとシュヴェールト改のラッセルくらいかな。
 アースクレイドル、インスペクター、シャドウミラーとぶっ潰して最後に残った勢力がアインスト。どうやら次が最終面のようです。もうちょいだな。

2月13日日曜日「スパロボOG2♯10」

 思い立ったが吉日といいまして、最寄りで解放してるプールの営業時間を調べて来ました。最寄りといっても自転車で片道30分かかるんですが。雨が降っていたものの、気合で乗り切って現地に到着。今日(土曜)は休みでした。本来毎週金曜が休みで、金曜に祝日が当たった日は土曜が休み、ということだそうな。肝心の営業時間は午前9時から午後9時まで。これなら私でも十分に泳ぎに行けます。あとは値段だな。できるだけ多く通いたいんで、回数券とかあるといいなあ。
 更にその勢いに頼って天神まで出てスポーツショップを探す。目的はもちろん水着を買うため。ところが、探してもなんだかみつからない。どこへ行っても婦人服売り場ばっかりでスポーツ店なんかありゃしねえ。地下街のアリーナも女性用の競泳水着しか売って無いし(そこで帽子だけ半額で購入)。結局うちと天神の中間らへんにあるショッピングモールの中にわりと大きな店を見つけてそこで購入しました。最近はビキニタイプの水着ってもう売って無いのな。時代は変わった。

 とまあそんなわけで今日の仕事前は水着探しに終始したので「OG2」はあまりプレイ出来て無い。昨日の続きでアクセルを追い返してアルミフィのベルゼイン・リヒカイトを撃破したところでおしまい。特種武器がボスに有効なことがわかったんで、アルミフィにはエナジーテイカー+を2発ほど打ち込んでみたですよ。そしたらびっくり。たった2発でエネルギー残量をゼロにしてしまった。ベルゼイン・リヒカイトはエネルギーがゼロになると2種類の特種武器しか使えなくなります。それも2発ずつしか持って無い。それも撃ち尽くすと反撃すら不可能と言う状況に陥ってしまうのですね。こりゃ強すぎるわ。「直撃」さえかければたぶんラスボスにも効果あるはず。うひょー。ただそのためには「ひらめき」を持たないライにボスの反撃を耐えてもらわないといけないわけですが。
 ネタがこれだけではつまらないのでちょっとした攻撃力解析をやってみます。ステージ40冒頭でレベル42のカチーナが攻撃力4500の武器で攻撃する。これを基本にしてバリエーションをつけてみます。ちなみにカチーナは「短気」で出撃時デフォルトで気力+5ついてきます。現在はエースですから最初から気力110で始まります。のちのちのことも考えていきなり「気迫」を使って気力を140まで引き上げ、この状態で攻撃しますよ。標的はバイオロイド兵のランドグリーズ。
 それではまずアルブレードに乗ってブレード・トンファーで攻撃。

ダメージ2592、クリティカルして3240

 どうやら今回も「第2次α」同様でクリティカル時のダメージは1.25倍ということのようです。
 次はスキル「インファイト」を使用した場合。75PPを消費してレベル3まで上げました。レベル4は攻撃力じゃなくて移動力があがるので今回は無視しておきます。これでブレード・トンファーの攻撃力が4650になりました。

ダメージ2708、クリティカルして3385

 ノーマルヒットで116。クリティカルで145ダメージ増加。うーん、微妙かな。ちなみにランドグリーズの野郎は防御してやがるので実際のダメージはこれらの2倍です。
 次は80PP消費して「アタッカー」を覚えた場合。

ダメージ3096、クリティカルして3870

 ノーマルヒットで504。クリティカルで630ダメージ増加。これはかなり効果がありますね。そりゃ「アタッカー」は攻撃力1.2倍なんですから当然ですが。
 次は80PP消費して格闘攻撃値を上昇させてみる。これでカチーナの格闘攻撃値は169から189へアップ。

ダメージ2805、クリティカルして3506

 なんだよ、「インファイト」よりも能力値上げた方が強いじゃんか(苦笑)。こりゃちょっと問題有りなんじゃないでしょうか。
 次は機体をジガンスクード・ドゥロに乗り換えます。武器はギガントナックルで攻撃力は同じ4500。ユニットサイズがMからLになってます。

ノーマルカチーナたんの場合。
ダメージ2592、クリティカルして3240

 おやー? 変わってませんよ。今回はユニットサイズによる攻撃力増加は無しですか。残念。以上解析終わり。

2月12日土曜日「スパロボOG2♯9」

 本気でダイエットを考えています。というか、今日一日中仕事中でもそればっかり考えてた(笑)。現状は露骨な肥満体ではないものの、細いとも言えない身体です。ちょっとお腹のあたりがヤバくて裸を見せるのがみっともないのは確か。やっぱり泳ぐことにします。私のスポーツの原点はそこですし、ダイエットを考慮しなくても均整の取れた肉体をつくるには水泳が良いはずですよね。
 とりあえず目指すのは1時間で3000m泳ぎ切ることです。現役の時は楽勝だったこのメニューも、今じゃ三分の一もこなせないだろうと思われます。そこまで体力を戻すことが第一目標です。体重よりも体力面の方がメインかもしれないな。腹筋を取り戻せ(笑)。
 問題はプールの営業時間だったりして。朝寝て夕方起きる今の生活時間帯だと寝てる間に営業時間を終えてしまう可能性が高いので。そこんとこを調べたら水着と帽子だけ買って特攻します。ゴーグルはひとまずいいや。泳いでみて必要なようであれば買おう。

 「スパロボOG2」は38話まで終了。アースクレイドルの連中やメキボスあたりをぶっ倒して盛り上がって来ています。ただ今回抗争している各勢力の関係がやたら複雑でどこがどうなってるのかよくわからんところがあります。たとえば……そうだな、軍事クーデターで連邦を乗っ取った連中は今どうしてるんだろう? 前大統領に「君も長く無い」とか言われてたし、なんらかのフォローはあるんだろうと思ってたけど音沙汰が無い。アースクレイドルのマシンナーズも出す必要無かったんじゃ……。スクール関連とアーチボルトだけで良かった気がする。
 最終決戦へ向けての最後のやすらぎのひととき風なシーンが入ったんで、あとちょいで終わりでしょうね。なんだかんだでアラドに菓子を用意するゼオラがかばええです。レーツェルの作るスイーツによだれをたらすアイビスの姿は正直見たく無かったです。アイビスといえばノイエDC壊滅したのにスレイがさっぱり出て来ないな。カーラは「恋も標的もロックしたら逃がさない!」の台詞がクソ寒いのでなんとかしてほしいですよね。
 実は終盤に入って明らかに難易度が落ちています。精神コマンドやスキルを獲得した結果なんですが、明らかに序盤の方が難しい。スパロボはいつもそうだけどね。

2月11日金曜日「スパロボOG2♯8」

 36話までクリアしました。GBAスパロボシリーズのボリュームだとぼちぼち大詰めになります。敵の中ボスクラスも撃破しつつあります。今回は合体攻撃にかなりお世話になりますね。「第2次α」ではあんまりつかわなかったのにな。あっちの場合は援護攻撃によるサポートがメインだったから。
 最近その有効性が見直したのがSRX。出撃枠をよっつ使ってでも「一撃必殺砲」は使いたい。30000を超える驚異の破壊力を誇る上に、合体攻撃なので1ターンに2回撃てる。で、リュウセイの乗るR-1さえ行動終了しなければ分離してから他の機体で攻撃後再合体しても行動可能だったりもする。特に有効なのがR-3のマップ兵器で、これを撃っておいてからSRXの連続攻撃に移行すると効果が高い。
 あと「直撃」を使うと特種武器無効のボス敵にも特種効果が発動するので、R-2の存在も見すごせない。たぶん今後アーマーブレイカーやエナジーテイカーがクローズアップされてくるはず。これについてはレオナの存在も大きい。レオナはきっちり育ててSPアップあたりをつけるとすごく便利になりそう。
 35話(アースクレイドルルート)には3体+2のボスキャラが出現。実はこれまでボス格の敵をきっちり撃破したことがありませんでした。シナリオ上の都合とこちら側の破壊力不足ということで。今ではHP回復さえ無ければSRXのブレードキック連打だけで倒せます。念動力のせいか、リュウセイの命中率が異様に高いので「ひらめき」だけ使って反撃してるだけで倒せるわけですね(明らかに能力で上回るパイロットの攻撃がそれ以下のパイロットよりも命中率で劣る現象はどうにも納得いかないけど)。回復があるヤツに対しては総攻撃で1ターンで撃破するのが吉。昨日も書いたとおり、アラド&ゼオラのツインバードストライクやロリコンビのWINKシステムがかなり強いです。
 次はルート合流でユニット数が増えるため、出撃出来ないユニットが出ます。今後毎ステージのようにボスが出現しそうなので、出られない連中は最後まで出られずに終わってしまうかもしれません。

ダイゼンガー
アウセンザイター
龍虎王(というか必要なのは虎龍王)
ビルトビルガー
ビルトファルケン
フェアリオン
フェアリオン
R-1
R-2
R-3
R-GUN
アルトアイゼン・リーゼ(一応主人公だし)
ジガンスクード・ドゥロ
ヴァルシオーネ
シュヴェールト改

 こんなとこかな。マサキのサイバスターとアイビスのアステリオンは当落線上危うい地点。他にもヒュッケガンナーとかグルンガストとかが出られるか出られないかという微妙なところですね。レオナもなんらかのユニットに乗せて出さないといけないし、難しいな。
 納得いかんといえば龍虎王の武器改造。で、ダイゼンガーもちょっとどうかという感じになってます。ダイゼンガーは雷光斬りと雲耀の太刀、ふたつの必殺攻撃を持っています。これに加えて合体攻撃の刃馬合体。通常使っていくのは移動後に使える大車輪です(こいつもエネルギー消費しちゃうから燃費悪いんだよなあ)。問題になるのは雷光斬りと大車輪。デフォルトで1300ほどの攻撃力差がある両攻撃をフル改造すると、その差が200まで縮まってしまう。射程とクリティカル率で雷光斬りがわずかに優るものの、エネルギーを倍以上も消費してしまっては……。改造するなら大車輪で決まり。改造費も安いしね。

2月10日木曜日「スパロボOG2♯7」

 うーん、なぜかあんまり進んで無い。といって、まったく進んでいないというわけでもない。ステージ33をクリアしてようやくのことでゼオラが仲間になりました。いや、長かったな。なにしろ「第2次α」のアラド編で彼女が仲間になるのが37話。ゲームボリューム的に「第2次α」がGBA版の「OG2」よりも数段上だということを考えると遅いと言えると思う。
 そのゼオラ、さすがに劣等生だったアラドよりも格上の能力を持っています。特に射撃、回避、技量あたりではアラドをザコ扱い出来る数値です。ところがどっこい、同じ敵に同じ武器で狙われての回避率に差が出てしまった。アラドの方が回避率が高い……なんでだろ? 地形適応も問題ないはずなのにな。
 正直アラドのビルガーはそれほどたいしたことない性能です。あまり避けられないアラドが接近戦を挑むのでなおさらですね。一方ゼオラのファルケンはメインヒロインであるエクセレンのヴァイスリッターと同じような性能。避けて当てていればそれなりに強いといタイプになります。フル改造ボーナスもヴァイスと同じで弾薬+2だし。
 さて、この平凡より少しマシ程度の2機の最大のポイントは合体攻撃「ツインバードストライク」です。わずか気力115、エネルギー消費30だけで使えるこの技の破壊力は6600強。ビルガーのスタッグビートルクラッシャーとファルケンのオクスタンライフルWのフル改造で約10000まで上昇します。このゲームの他の合体攻撃はたいてい必殺武器を改造することで攻撃力をあげる仕様です。なので改造費が結構馬鹿にならない。ところがどっこい、ビルガーのスタッグはほとんど使わない武器です(射程1だから。普通は同じ系統で射程のあるコールドメタルソードがビクティムビークを使う)。そのせいか改造費が安い。フル改造しても16万ほどで済みます(ファルケンのオクスタンWは35万もかかる)。スタッグフル改造だけでもTBSの攻撃力は8000超えです。燃費も良いし、いうことなしの合体攻撃ですね。
 さて、単純に攻撃力だけで言うと最強スパロボ合体攻撃のダイゼンガー&アウセンザイターはすごく強い(こいつら燃費よく無いけど)。SRX&RーGUNの合体攻撃「天上天下一撃必殺砲」も狂った攻撃力を誇ります。でも使ってて「こいつつえーなー」と思わされるのは個人的な意見では別の2機。まずヴァルシーネ。使い安いマップ兵器もさることながら、クロスマッシャーの威力と援護攻撃、分身能力が強い。クロスマッシャーは弾数制でサイコブラスターに必要なエネルギーを消費しないのもいい。実際サイバスターよりも強い。弱点はいまいち足が遅いこと。もうひとつは虎龍王。ブリットのインファイトと念動力のおかげでスーパーロボットのくせして避けまくる。分身もできるためどんな攻撃でも余裕でかわしてしまう。避けるだけなら「ひらめき」も「集中」も不要なくらい。でもって連続攻撃のランダムスパイクが強力で、必殺技タイラントブレイクのエネルギー消費も45。フル改造ボーナスでエネルギー回復(小)をつけているため、ほぼ毎ターンタイラントブレイクを使えるということになる。おまけにクスハの精神コマンド「愛」まで使えて抜群の戦闘力を持つ。今回は龍虎王よりも確実に強いな。これで予定通りアタッカーと援護攻撃をつけたら無敵だ。

★今日のアイビス
 今日もほとんど活躍無し状態。ノイエDCがほぼ壊滅状態なのにスレイもまだ顔を出して来ない。これでスレイとの合体攻撃が無かったりしたら、アイビスかなりかわいそうなことになってしまう。「第2次α」主人公組でぶっちぎりの影の薄さ。なんとかしてあげたい。

★その他の人々
 ここ最近のカチーナたんはアタッカーを覚えて攻撃力を向上させたものの、削り役に徹していて撃墜数が伸びていない。それでもまだトップエースだけどね。どうやらガンドロ以上に使える機体も出て来なさそうで残念。
 ラトゥーニとシャイン王女のロリコンビの乗機フェアリオンには合体攻撃が仕込まれていました。使ってみて驚愕。いまどきWINKかよ(笑)。巨大メカがくるくる踊るシュールな光景には言葉もありません。でも合体攻撃だけあってかなり強力。あなどれない。
 SRX+R-GUNの天上天下一撃必殺砲はR-GUNに乗せるパイロット次第でエネルギー消費に違いが出ます。ヴィレッタだと70。マイだと100。加えてヴィレッタに念動力がない都合上R-GUNを運用する際の仕様武器にも差があります。彼女達以外を乗せても一撃必殺砲は使えません。
 なんか、今回スパロボ特有の確率のマジックを頻繁に見るような気がします。命中率60%の攻撃を何度やっても回避出来ないとかザラにあります。下手すると25%とかでも避けられません。どうなってるんだ、いったい。そのかわり分身はやたらと発動するんだよなー。
 どうなってるんだというと、もう何周もしてるヤツがいるらしい。アホだ(笑)。

2月9日水曜日「スパロボOG2♯6」

 ん〜、今日もスパロボやってるわけですが、案外時間かかってますね。プレイ時間を記録してくれないので実際にどれくらいやってるのかはわかりませんが、20時間くらいはやってるのかな。いや、もっとか。それでも戦闘演出をカット出来るぶんだけ昔のスパロボよりもスピーディなはずなんですけどね。
 今回から正式にゼンガーとレーツェルが加入しました。もちろんゼンガーの乗機は武神装攻ダイゼンガーです。ゼンガー自ら命名するシーンは「第2次α」とほとんど同じでした。ククルの代わりに禿げたおっさんになっただけ。ルートのせいlか、グルンガスト参式を使う機会はほとんどありませんでした。ダイゼンガーの正式名称はダイナミックゼネラルガーディアン一号機ということらしいです。で、「第2次α」にも登場しなかった二号機がほとんど前振り無しで出現。レーツェルの乗るこの二号機は名前をアウゼンザイターと言いまして、射撃攻撃メインのスーパーロボットです。これが馬に変型する(笑)。で、ダイゼンガーがそれに乗る(笑)。予想もしなかった展開に大笑いです。
 ゼンガーのエースボーナスは案の定格闘攻撃+10%(20%じゃなくて残念)。レーツェルは射撃攻撃+10%でした。こいつらってもともとコンビだったのね。このふたりの合体攻撃は無改造だというのに恐ろしい破壊力を秘めています。シャレになってません。
 というか、この作品ってあんまり武器の改造の必要がないらしいんですよね。強力な武器ほど改造資金が高いし、おまけに効果が薄い。わかりやすい例をあげると龍虎王の必殺武器「龍王破山剣・逆鱗断」。デフォルトで6300もの攻撃力を持つこの技は、フル改造で7100まで上昇します。で、ワンランク下の「龍王破山剣」は攻撃力5200。フル改造で6800まで上昇します。……ね、おかしいでしょ、これ。もともと1100の差があった攻撃力がフル改造によって300まで詰まってしまうのです。エネルギー消費は逆鱗断が65で破山剣が35。普通熱血を使って攻撃しますからクリティカル率は関係ないし、命中率もあまり関係ない。この仕様、さすがにどうかなーと思うね。
 そんなこんなで重要なのは武器よりも機体の改造の方。できればフル改造してボーナスもゲットしたいところ。ダイゼンガーをフル改造ボーナスは格闘攻撃+200です。ゼンガーのエースボーナスを加えると結構デカいですよね、これ。機体に手を入れるだけで全武器の攻撃力が上がるんだからとても美味しい。他にフル改造で攻撃力をあげられるのはアルトアイゼン。こちらは地形適応がSになる。
 ゲームバランスはいまいちなのかな。28話のVSソウルゲイン戦はどうなることかと思った。このステージ、出撃ユニットの編成次第で詰みます。軽く10万を超えるHP持ってるユニットを相手にして半分削らないといけません。それだけならなんとかなるけど、HP回復(大)なんぞを持ってて1ターンで40000くらい回復してしまうため、1ターンでケリをつけてしまわなければいけない。実際私もものすごく苦労しました。ソウルゲインを相手にする援軍を送り込む時点でかなりの数のザコ敵を掃除してしまったため、主力ユニットの気力をあげることが出来なくて……。やむをえずとった手段がソウルゲインに攻撃して反撃喰らって気力を上げるという方法。ソウルゲインの攻撃力はハンパじゃなく高いので、下手すると一撃で殺されます。死と隣り合わせの危険な賭けになんとかギリギリで勝ってステージクリアすることが出来ました。他のこういうパターンのステージだとほっとけば退却してくれるのになあ。たまらんですよ。

★今日のアイビス
 ん〜、彼女だけ「第2次α」の乗機に乗れてないんですよね。もしかして今回ハイペリオン無し? すると「第2次α」の主人公4人の中で最弱ということになりかねないんだけど、大丈夫か? 今は撃墜数稼ぐために地味にとどめを刺してる状態。
 今作のアイビスは「第2次α」の時と性格が違うというのは既に書いた通り。どうもプロジェクト責任者のフィリオにほの字のようなんだけど、フィリオの彼女ってツグミなんだよね。で、もうひとりのメンバーはフィリオの妹で極端なブラコン娘のスレイ。すごい環境でプロジェクトやってるんだな。大丈夫か?

★今日のゼンガー様
 ダイゼンガーを得て正式加入したゼンガー様。案の定武装は斬艦刀一本だけで、すべてが格闘攻撃。片寄ってるなあ。汎用武器も当然装備不可。微妙に燃費悪いし、戦い方に気をつけないといけない。レーツェルのアウセンザイターも射撃一辺倒なところは同じ。燃費悪いところも同じ。サイズLでも避けてしまうあたりはさすがだ。ちなみにアウセンザイターは装甲が薄い。

★その他の人々
 昨日の五人に加え、新たにエースボーナスを得たパイロットは3人。ゼンガー、レーツェル、ブリット君という顔ぶれです。ゼンガーとレーツェルのボーナスは武器のそれぞれ格闘か射撃の攻撃力アップ。ブリット君は命中+10%&クリティカル+10%でした。カイ少佐もあと1機というところまで来てます。

 あ、そうそう、難易度「普」以上で熟練度を獲得した時だけ強化パーツが入るという推測は多分ハズレです。敵を倒してゲットするもの以外はほっといても入手出来るらしい。一見倒せそうに無い敵を倒すとすごいレアな汎用武器が入手出来るとか出来ないとか……。

 体重計乗りました。67キロ。やっぱ少しダイエットした方が良さそう。膝の悪い私はジョギング出来ないので泳ぐしか無い。新しい水着が必要だ。

2月8日火曜日「スパロボOG2♯5」

 とりあえず50機撃墜してエースになった人の紹介から。

1、カチーナ・タラスク
  命中+10%&ダメージー10%
2、エクセレン・ブロウニング
  援護攻撃&援護防御に10%修正
3、クスハ・ミズハ
  援護防御10%補正&獲得経験値+10%
4、リュウセイ・ダテ
  念動系武器のダメージ+10%
5、アラド・バランガ
  格闘攻撃+10%&獲得資金+10%

 女性陣の方が早くエースになってるのはたぶん偶然。この後に控えている顔ぶれもブリット君、リューネ、カイ少佐、タスクちんだからわりと平均的に来てる(はず)。意外と撃墜数を伸ばしてないのがマサキかな? これはマップ兵器を削り役にしているせいっぽい。
 見てのとおり、エースボーナスはパイロットによって異なってます。とりあえずエースになった5人の中で注目すべきはアラドかな? 強運+エース+エースボーナスで獲得資金をグンとアップさせてます。わりと幸運に頼る機会が少ないプレイスタイルなので、今後アラドは重宝しそうです。
 「スパロボα」の時も思いましたが、SRXは運用が難しい。最強技を使用するためには出撃枠を4つも使わないといけない。これが嫌で「スパロボα」ではSRX使わなかったんだよな。でも今回は代わりになるようなスパロボがいないんで、なんとか頑張って使うしかありません。幸いにして各ユニットは「α」の時より強いような気がする。なんとか頑張れる。
 それにしても1ステージあたりの敵の数がシャレにならなくなってきました。ザコ敵でも平気で援護防御とかもってやがるのでうざくてたまりません。やっぱり連続攻撃とマップ兵器による削りに頼ることになりますね。でも連続攻撃を持ってて使用に耐えられるユニットは結構少なかったりする。

★今日のクスハ&ブリット君
 ブリット君に連続攻撃スキルを覚えてもらいました。これがないとせっかくのタイラントブレイクも宝の持ち腐れです。「第2次α」の虎龍王が単発攻撃しか出来ないユニットだったことを考えると、今回はかなり強くなってると言えるかも。機体フル改造によるボーナスはエネルギー回復小を選択。これも機体毎に別のボーナスが用意されてます。これで龍虎王もマグマ・ヴァサールの使い勝手が向上して通常戦をこなせるようになりました。燃費悪い上にP兵器にろくなのないからね、龍虎王は。

★今日のアイビス
 今日の活躍はほとんどゼロ。撃墜数ランキングだと下から数えた方が早いくらい。もっと頑張れ。実力では下位のはずのアラドに戦績で随分遅れをとってしまった。援護攻撃と連係攻撃をセットでもってる貴重な存在なので今後は活躍出来るはず。

★今日のアラド君
 エースになりました。はて? いつこんなに撃墜数稼いだんだろう? どういうわけか高性能レーダーを装備してコールドメタルソードの攻撃範囲を広げ、斬りまくってます。でも回避率はちょっといまいちだな。ビルガー、移動力6だし。「第2次α」では7だと思ったけど……。

★今日のゼンガー・ゾンボルト
 出番すら無し。

★その他の人々
 カチーナたんは援護攻撃をマスターしてますます暴れまくるようになりました。ガンドロは必殺武器の「ジガンテ・ウンギア」の射程が3あるので、援護攻撃に向いてるんですよね。
 ヒュッケバインmk-IIIはボクサーメインで使うことにしました。現在のパイロットはリョウト君だけど、そのうち飛べるようにして使い回すことにします。
 リューネはひそかに援護攻撃を得意にしています。ヴァルシオーネRのクロスマッシャーの威力をあげてやるとかなり良い感じで援護してくれちゃいますね。サイコブラスターも強いし、隠れた実力者という感じ。
 超地味なラッセル君、ここまでなんとか頑張ってきましたが、修理役も祝福を使えるラーダ姉さんに奪われようとしています。かわいそうだけど仕方が無い……。ラーダと同じ理由でシャイン姫も株を上げて来ました。逆に同じ機体のラトゥーニの方がやばい状況に。
 序盤から盾役として頑張ってきたラミアがメンバーから外れてしまいました。これは残念。無事に帰ってくる日を楽しみにしておきます。
 そういえばこのゲーム、妙に地上マップが続くなあ。宇宙のマップってほとんど無かったような。

 DC版「まいめり」、いまいち調子が良くありません。セットしてもうまく起動してくれない。他のディスクは大丈夫だから、どうやら「まいめり」のゲームディスクの問題のようで。こりゃやっぱりドリコレで発売されたら2本くらい買っておかねばならんですな。追加CG+アペンドデフォルト装備……無理だろうなあ。

 体重計が届いてます。明日計ってみます。

2月7日月曜日「スパロボOG2♯4」

 「スパロボOG2」今日は全滅プレイについて。「OG2」では中盤辺りでも平気でラスボスチックなアホ性能を持つ凶悪ユニットが出現して来ます。これがもうほんと、たまりません。強すぎる。
 勝利条件に「スレードゲルミルのHPを40%以下にする」とあるステージがありまして、これが絶望的に難しかった。というか、ダメだ。なにしろこのスレードゲルミルのHPは推定180000。しかもHP回復(大)なんぞを持っていて毎ターン5万以上ものHPを回復してしまいます。ちなみにHP18万でHP回復(大)なんてのは「第2次α」では出て来ません。闇の帝王とかこれに近いけど、あれはきちんと戦力整った後に出てくるヤツだし。そんなやつが2チームに別れてる時に出てきやがるのです。はっきりいって詰んでます(たぶん粘れば撤退してくれるんだろうけど)。
 で、全滅プレイの存在がクローズアップされてくるわけです。私はあんまり好きじゃないんですけど、全滅プレイ無しでHP40%を削り切るのは不可能だと思われるので。「第2次α」では全滅プレイで引き継がれるのは資金と経験値と撃墜数とターン数でした。今回は資金、経験値とともにPPも引き継いでくれます。なのでステージ1でPP稼いで最強キャラを生み出すなんてことも出来なくはありません。そのかわり撃墜数は引き継がれなくなりました。今回50機撃墜でエースマークをゲットするとパイロット別に特別なギミックが用意されてるようなので、エース濫立防止の措置ということでしょうか。
 少しずつ熱血を覚えるキャラが増えてきてます。これでだいぶ楽になって来ました。キョウスケもようやく熱血を使えるようになったんで、今後は活躍して欲しい。今回やっぱりゲームバランスがきついです。どうも難易度「並」以上で熟練度をゲットした時だけ強化パーツをゲット出来てるような気もするし。ネットでの情報を封印してプレイしてるので、やりごたえはあるんですけどね。
 今のところ、ほぼ全員にSP回復をつけさせています。これがないと正直やってられないというくらい精神コマンドに依存するゲームバランスなので。これに加えてSPアップまでつけるかどうかは難しいところです。たとえばカチーナはデフォルトで連続攻撃、カウンター、リベンジを所持しているので、SP回復をつけると残る枠はふたつ。オフェンス役には援護攻撃をつけるのがセオリーと「第2次α」で悟ったので、できればこれは付けておきたい。最後のひとつはインファイトかな。もうすでにギリギリのラインなのです。アタッカーとかも欲しいんだけどね。BセーブEセーブなんてつけてる余裕が無い。

★今日のクスハ&ブリット
 ふたりでグルンガスト参式に乗り込んだと思ったらそのステージのうちに龍虎王出現。使用可能になりました。今の所武器リストに「龍王破山剣・天魔降伏斬」がありません。もしかしたら最後まで無いままかも。なので「逆鱗断」が必殺武器扱いになってます。マウンテンプレッシャーはただの遠距離武器になってしまいましたがマップ兵器の爆雷符を持ってたりして、相変わらず強いけど使い難いユニットですね。相変わらず牽制用の武器が無い。一方虎龍王は今回も使いやすくて強いです。ランダムスパイクが連続攻撃技になったのでさらにパワーアップ。ただしブリット君に連続攻撃スキルが無いのでつけてやらないといけませんが。ブリット君は虎龍王でようやくインファイトの効果を発揮出来るようになりました。ヒュッケのころとはうって代わって前線で大活躍。

★今日のアイビス&アラド君
 このふたりは加入して即ルート分岐で別のチームに編入されたため、今日の活躍はほとんど無し。アラド君はビルトビルガーに乗り換えての帰宅になってます。残念ながらビルガーには連続攻撃武器が無かった。使えそうな武器はコールドメタルソードとスタッグビートルクラッシャー。後者はエネルギー消費5という武器に変更されてとても使いやすくなってます。ビクティムビークもエネルギー消費に目をつぶればかなり強力。なんとクリティカル補正+55です。たぶんこれを強化しないとツインバードストライクの攻撃力があがらないんじゃないかと予想してます。
 どうやら別ルートの方でゼオラといろいろあったようで……見たかったな。

★今日のゼンガー・ゾンボルト
 ゼンガー、グルンガスト参式に乗ってようやく登場した……と思ったらスポット参戦。上にも書いてるスレードゲルミル戦で出て来ます。が、熱血覚えてない状態のせいでいまいち役に立ってなかった。できればアタッカー技能とか持っててほしかったな。正式にメンバーに入る時にはダイゼンガーになってるかも。

★その他の人々
 実は25才だったカチーナたん、部下からガンドロを取り上げて大アバレです(笑)。まあ、タスクも悪く無いけどせっかくの連続攻撃武器がもったいないからこれでよろしいかと思いますですよ。おかげさまでまっ先にエースの座に駆け上ってます。強い。カチーナのエースボーナスは命中+10%&ダメージー10%でした。やっぱり装甲の分厚いガンドロ向けっぽいですね。五番目の精神コマンドが「ひらめき」だったのでまともに使えるキャラになってきました。実際能力はなかなかのもんだし。ちなみに今回乗り代わりによる戦闘シーンの台詞パターンがすごく多いみたいです。今回敵の援護攻撃&援護防御がすごくウザいので、ガンドロのマップ兵器は削り技として結構重宝します。ただ改造しても効果薄いのは確かなので、改造するくらいならインファイトかガンファイトで上昇させた方がお手軽。
 カチーナたんに乗機を奪われたタスクちんは龍虎王に乗り代わったクスハのグルンガスト弐式を得ました。タスクちんはガンドロよりもこっち向けかもしれない。運用そのものはガンドロの時から変化してません。
 ラッセル君はシュヴェールト改で回復役を務めることになりました。彼の能力でゲシュペンストは正直つらい。これも落ち着くところへ落ち着いたというような感じ。後は応援でもして頑張っていただく。
 ルート合流後、カイ少佐(3代目アルブレード乗り)なんかはPPや撃墜数増やして戻ってくれてウハウハでしたが、なぜかラトゥーニだけPP増えてないような? 気のせいかな? 
 カチーナに続いてエクセレンもエースになってボーナスゲットしてます。でもどんなボーナスだったか忘れてしまった。明日改めて報告しましょう。

2月6日日曜日「スパロボOG2♯2」

 やっぱり今までのスパロボと比べても「OG2」は難しいと思います。その主たる原因は敵の命中率、回避率の高さです。主役のキョウスケと敵のザコ兵のパラメータがたいして変わらないどころか下手するとあっちの方が高かったりして。ただ、同じGBAスパロボの「D」では周回を重ねて回避を向上させることで回避系の精神コマンドを事実上ゴミ化するといったようなことも可能なようなので、こちらも努力次第といったところでしょうか。
 それにしたって理不尽に難しい部分が多いのも事実です。たとえばレーツェル初登場のシーン。ここではレーツェルと敵ボスキャラの強制戦闘イベントがあります。で、この直後、こちらが操作出来ないうちに次の敵ターンの戦闘がありまして、そこであっさり撃墜されてゲームオーバー(笑)。こりゃちょっとひどくないか? それにアイビスvsスレイのシーン。パイロット、機体、全ての面で優るスレイ相手撃墜が熟練度獲得条件なのですが、攻撃しようとしても命中率10%そこそこ。あっちのHPは2万。アイビスに必中はあるものの熱血は無し。しかも単機。どうやって勝てゆーねん。他にもどう考えても一周目での熟練度獲得なんて無理というステージが目立つ。勘弁して欲しいよ。
 これはなんとなくだけど、難易度「易」をキープしていると入手出来ない強化パーツがあるような。運動性を強化するパーツの入りがものすごく悪いです。不自然なくらい。「普」になった途端ごそっと入って来たのも変?
 
★今日のキョウスケ
 へっぽこ主人公は今日も影が薄い。よくよくパラメータを見てみるとアルトアイゼンそのものの能力はけして悪く無いです。移動後に攻撃出来て射程3、攻撃力3600もあるリボルビングステークが強力。でもキョウスケではこの武器を当てることが出来ないという罠。仕方ないので汎用武器から命中+60というお化け武器のショットガンを引っぱり出して来ました。ちょこっと改造も施してます。ここまでやってもエクセレンが削ったザコの掃除くらいしか出来ないんだからしょぼい。どうやらアルトアイゼンは今後パワーアップする機会があるようなので、それに期待です。武装よりもHP、装甲が強化されると嬉しいな。

★今日のアイビス
 アイビスが正式に加入しました。「第二次α」では事故で怪我して夢破れ性格が曲がってしまった状態で出て来ますが、こちらではまだ夢を追い続けています。「第二次α」後半の立ち直ったアイビスともまたちょっと違ったような性格になってますね。腕前でスレイに勝てないのはこちらも同様なのでちょっと弱いです。機体もなぜかアルテリオンではなくアステリオン。必殺技はマニューバーRaMVs。グランエクスじゃないのね。戦闘アニメで飛行形態見せてくれるのに変型出来ないのはなぜだろう。修理装置乗せてみました。

★今日のクスハ&ブリット
 クスハも加入しました。乗機はグルンガスト弐式。イルムの壱式とそれほど大差無い性能ですが、基本スペックで少し劣るかな? スパロボ乗りということで回避はやや低めですが、その他はそれなりの能力になってます。集中力を持っててSP消費を減らしている点は◎。ブリット君と龍虎王に乗り変わる日はいつのことでしょう。そのブリット君、まだ初期ユニットのヒュッケmk-II・Mのまんまです。彼はインファイトの技能で格闘武器の攻撃力をあげてる……んですけどいかんせん射撃メインのヒュッケでは本領を発揮出来ない。

★今日のアラド君
 アラドも正式加入。でもなんかなしくずしに協力する流れになってるような……アラドが自分で「俺も地球のために戦います」なんて言ったシーンはなかったぞ。アラド君騙されてる。そのアラド君、正式加入の前に2度ほど使う機会があって、2度ともそのシーンでしか使えない限定機体に乗ります。アラド向け突撃仕様の赤いビルトファルケンと、強力なガンダムハンマーを装備したヒュッケ。どっちも欲しかった……。現在の乗機はアルブレードなんですが、アラドは連続攻撃スキル持って無いのでカチーナに返却。しばらくは元祖ヒュッケバインに乗ることになりそう。

★その他
 リョウトとリオによるヒュッケバインガンナーも加入。ニ機が合体することで強力な砲撃系ユニットのガンナーになります。でも欠点も多い。分離状態での改造がガンナーに引き継がれないこと。敵を倒してもガンナー側のパイロットは半分しかPPを得られないこと。しかも端数切り捨て。移動後に使用出来る武器がものすごくしょぼく、汎用武器も追加出来ないこと。乗り換えは可能なので突撃を使えるパイロットを乗せると使いやすくなりそうです。
 サイバスター&ヴァルシオーネRも加入。どちらもマップ兵器はいまいちです。というかこの作品、マップ兵器の改造に必要な金額がとても高いワリに効果が薄いのですね。だから初期値のまま敵の体力を削るのだけに使うのが良さそう。注目はサイバスターのディスカッターで連続攻撃武器になってます。もちろんマサキも連続攻撃スキルを持ってるので遊撃して切り刻む役目を果たしてくれそう。
 まだまだ熱血を使えるパイロットが少ない状態なので、攻撃一辺倒少女カチーナたんも頑張ってます。熱血命中突撃加速、のこりの精神コマンド枠はふたつ。たぶん片方は気合か気迫だろうなー。後ひとつがどうなるかがポイントだね。

2月5日土曜日「スーパーロボット大戦OG2」

 昨日に引き続き「スパロボOG2」のお話。
 やっぱりどうにもこうにもアルトアイゼン&キョウスケが役に立ちません。理由はおおむね昨日書いた通りで、当てられない避けられない耐えられないのきっつい三重苦です。攻撃力だけは一級品なものの、牽制に使える武器にたいしたものがない。気力を溜めるために使う武器が弱いというのは結構痛い……。せめてパイロットのキョウスケがひらめきを使えたらなあ。それだれでだいぶ違うのに。
 今現在これは使えるなと思った機体はグルンガスト、ジガンスクード・ドゥロ、Rー1、アルブレード、ヴァイスリッターといったあたり。逆に言うとそれ以外が総じて辛い。まあスーパー系であるグルンガストが強いのは当たり前。ちょいちょいと手を入れるだけでHP10000を超えるガンドロも普通に強いですよね。ガンドロは特に使用制限のない連続攻撃とマップ兵器まで持っててすごく強い。アルブレードは気力105で使えるようになる連続攻撃武器に使用制限が無くてこれまた強いです。その機体の一番強力な武装が一番使いやすい武器ってのはなにげにすごい。
 今の所ひいきにしてるパイロットはカチーナさんです。金髪でヘテロクロミアという一見貴族風美少女外見にがらっぱちで短気な性格を積んでいてみていて飽きません(最初は男か女かわからなかった)。現時点で稀少価値の高い熱血を覚えていて、なおかつ連続攻撃の使い手だという点も大きい。アルブレードはそんな彼女にぴったりな機体だと思います。ただ彼女の欠点は攻撃に偏重し過ぎてることで、熱血必中加速突撃……回避系の精神コマンドをなにひとつマスターしてません(笑)。だから先手必勝で殴って倒すしかない。回避力そのものはそこそこ高めだというのが救いです。
 ゼンガーも一応出て来ました。でも敵だった、残念。ゼンガーはものすごく強い武人キャラなので仲間にすれば心強いんですけど。「第二次α」ではそれこそ鬼のような強さで暴れまくってました。うーん、ゼンガー+グルンガスト参式の方がキョウスケ+アルトアイゼンよりも強いなあ、絶対。

 「まいめり」のひとえシナリオを久々にプレイ。いや、面白かった。すごく良かった。やっぱりこのシナリオは名作だと思う。最近出た「φなるあぷろーち」の美紀シナリオがひとえシナリオの亜流と言われてるけど、出来栄はひとえシナリオの方がずっと上だなーと思ったですよ。

2月4日金曜日「タックとタカチの事件簿(漫画)」

 さっそく「スパロボOG2」スタートしてます。オフなのを良いことにほとんど丸まる一日プレイしてしまいました。携帯機の長時間プレイは意外と目に来ますね。少ししょぼしょぼっとしたりして。
 全員オリジナルキャラクターといっても、中身はいつもの「スパロボ」です。ただ一言に「スパロボ」といっても作品ごとに少しずつ違った特徴を持っていて、たとえば「第二次α」では小隊システムの採用によって凄い数の機体を一度に出撃させることが可能になってます。「OG」シリーズの特徴はよりSLGとしての色合いが濃くなっているという辺になるでしょうか。攻撃をヒットさせることで相手のエネルギーを奪ったり移動出来なくしたり攻撃力を半減させたりする武器があったり、機体の汎用武器をやりとりできたりするところとか。
 各機体にはウェポンゲージという数値が設定されています。この数値の範囲内で別の機体の武装を持って来ることが出来るのです。いつものシリーズならメタスなどが役目を負う修理装置、補給装置も汎用武器扱いになってます。基本的にどんな機体でも修理装置を積み込んで修理役に回ることが可能。もちろん武器を提供する側のユニットは、その武装を失うことになります。中にはそういった武装を全部剥ぐとバルカンしか残らないような極端な機体もありますね。今の所各機体の欠点を補う形で武装を補充しています。移動後に使う武装に乏しければそれを、反撃に使う武器が乏しければそれを、という感じ。使いまわせるのは汎用武装だけですから必殺武器や、カスタム機の専用装備はダメです。
 今回、かなり頭を使います。というのは非常に難しいから。これまでの「スパロボ」ならどんな局面でもアムロなどのエースパイロットにその時一番優秀な機体を与えて改造パーツをつけてやればほとんど攻撃を受け付けなくなります。でも「OG2」は使い分けが必要になるほどキャラ間の能力差が無く平均的。エースにエース機を与えても避けられません(泣)。精神コマンド集中を使用しても平気で被弾率80%とか出ます。エースでこれだからそれ以下の量産機はもっと酷いことに……。こういう状況ですから集中よりもひらめきの方が頼りになるんですが、いかんせん序盤でSPが少なく連発も難しい。こりゃ大変だ。
 避けられない、当てられない。しかも打たれ弱くて油断するとすぐ落ちる。初めからこんな感じで修理装置も無い状態の時はとてもきつかった。修理装置入手後も回復がちっともおっつかない。そこで重宝したのが比較的HPが高く装甲も厚めのアンジュルグ。女性を模したこの機体が一番タフという不思議な状態もなんだかなーという感じですが、こいつのパイロットが鉄壁を使えるので避けずに喰らって凌ぐ作戦で切り抜けました。今回鉄壁、重宝しますよ。集中ひらめき鉄壁、いずれも持たないカチーナあたりはダメダメパイロットだ。
 グルンガストを入手してもこの傾向は続きます。今回のグルンガストはかなりいけてますよ。戦車形態にして装甲を強化してロングレンジメインの戦法になりますが、HP高くて攻撃力高くてとても使えます。主人公機のアルトアイゼンとか攻撃力は結構良いけど避けないし打たれ弱いし大変ですよ。私はグルンガスト入手が宇宙ルートを選択したんですぐにグルンガストいなくなって再度厳しい戦いを強いられました。アンジュルグもいないし、代わりに使えるようになった連中はしょぼいのばっかだし。たまんね。
 全員オリジナルということで乗り換えの自由度はかなり高いようです。まだ専用機は出て来てないのかな? グルンガストも誰でも乗れるんだったような。アルトアイゼン本来のパイロットのキョウスケは(そういえばDCで「まいめり」やりながらプレイしてたんだっけ)熱血を覚えてなくてアルトの攻撃力を生かせないんで量産機送り。もっと頑張れ。すごく頑張れ。
 新システムの「連続攻撃」は縦一列に並んだ敵を次々に攻撃していくもの。敵が整列してないと使えないため、実は使いどころがかなり限られる。それでも破壊力は一級品です。複数の敵を捕捉しても攻撃力が落ちないっぽいのですね。そのためピンポイントで絶大な効果を発揮します。何機を相手に回しても反撃は一回だけってのも良いですね。今回きついから。
 戦闘演出ですが、汎用武器は使い回す関係でしょぼめに落ち着いてます。一方、固定武装の方はなかなかです。というか結構凄い。性能の関係でまるまるPS2並の演出ってわけにはいきませんが、カット割りはそれに匹敵するものがあります。キャラクターのカットインもばんばん出現。読み込みも無いわけで、かなり軽快なプレイ感です。この変は素直にほめるべきところですね。片手モードはGBA設定なのでDSではあまり効果を発揮してくれませんが、これは仕方のないところ。
 今回もゼオラたんは最高でした(笑)。話の筋そのものは「第二次アルファ」のアラド編と同じですが、少し描写が細かくなっていて深みを増した印象があります。カットインの演出もゼオラは力入ってたような。さすがに揺れないけど(苦笑)。同じ「第二次α」組のアイビスの描写も一度切りの出番ながらなかなかナイスでした。アイビス編では良き相棒だったツグミにまで罵られている悲惨な状況が、なんかいい。クスハはちょこっとだけの登場。ゼンガーはたぶんこれからプレイするステージで登場かな? 「第二次α」組で最初から使えるのはクスハの相棒ブリット君だけ。今は量産機に乗ってていまいちぱっとしない……。
 今後考えないといけないのはPPの使いどころかな。とりあえず地形適応に回しているものの、明らかにSP足りて無いし、SPアップかSP回復に回した方がいいかもしれない。それ以外を選択している余裕が無い。

 西澤保彦原作の「タックとタカチの事件簿」シリーズが漫画の単行本になりました。さっそく買って来ましたよ。絵師は大橋薫なのでなかなか綺麗な感じです。
 こうした小説の漫画化はどうしても「キャラのイメージとあわねー」といったことが多くなります。タックの美少年かについてはえなりかずき顔のままじゃ少女漫画にならないし、後書きで大橋薫もそんな風に書いてたんでよし(えなり顔のラフ画もある)。まあ、原作にしてもえなり顔で「依存」やられても困るんだけどねー。ボアン先輩は誰が書いてもあんな感じかな? ウサコは……髪長いんだっけ? なんとなくショートというイメージがあったけどこれは気のせいかもしれない。
 大問題なのが肝心のタカチ。原作にあった妖しさは毛ほども無くなり、単なるイケイケのケバいねーちゃんに成り下がってしまいました。これは悲しすぎる。ページの都合上彼女も推理役にまぜられないって事情はわかるけど、それにしたって酷い。「よくわからん奇抜な服装をさも当然と着こなす」ような描写もゼロだし……。こんなタカチは見たく無かった(泣)。
 作品の内容はこれまでの短編集にあったものの焼き直し。もちろん細部はいろいろと変わってる。全作品に4人組が出てくるようアレンジされてますね。ボアン先輩の女子校教師時代の事件が教育実習中にあったという設定で語られる、とか。タカチはともかくとして、まあまあ面白かったと思います。

 電子レンジ届きました。こりゃ便利だわ。

2月3日木曜日「電子レンジ買った」

 昨日に続いて「パティにゃん」茉理シナリオクリア。終盤なんじゃこりゃというような展開の後に強引に予定調和エンドで終わってしまう。というか、このゲームDC版とPS2版でクリア出来るヒロインが違っているらしく、それがこのキャラだったらしい。DC版では茉理をクリア出来ず、亜里咲の方をクリア出来るようになっているということのようで。これを仕様ということで諦めることも出来なくは無いですが、マップ選択にそこそこの頻度で登場するのにクリア出来ないヒロインがいるってのはどんなもんでしょ。いや、これは元のPC版の話でね。
 茉理は主人公の実妹ということなんで、内容を楽しみにしてたりしました。ちょっとばかしショック。というかDC版でクリア出来ないヒロインのCGをパケ裏に載せないでくださいよ。DC版では逆立ちしても見られないのに。

 西澤保彦の「生贄を抱く夜」を読みました。チョーモンインシリーズ前作「人形幻戯」同様人の醜い心理を浮き彫りにした読んでて鬱の入る短編集でした。しかも今回はシリーズキャラクターが傍役に追いやられていて、キャラ目当てで読んでる人には苦痛な内容となっております。
 残念ながら超能力ミステリとしての妙はそれほど楽しめ無かったな、という感じです。「殺し合い」のようになんだこりゃー、いくらなんでもありえねーというような作品もあったし。気に入ったのは表題作でもある「生贄を抱く夜」と「動く刺青」のふたつでしたが、前者は悲惨な目にあうヒロインを視点とした物語が面白かっただけでミステリ的な面白さではなかった。だから純粋にミステリとして感心したのは「動く刺青」だけってことになります。これもギミックとしてはやや苦しいものを感じますが、刺青が動くという謎の提示は面白かった。
 最後の書き下ろし短編「情熱と無駄の間」は鬱な作品群とバランスを取るためか珍しくコメディ仕立てでした。これは面白かったな。いつも人間心理を醜く飾り立てる方向で演出する西澤氏が、おもしろおかしい話を書いたってのは意外と珍しいかも。いつもなら同じ内容でも鬱方向に書いたのではないかと思ったりして。これも超能力ネタはおまけみたいなもんだったし。

 買いました、電子レンジ。安いのは安いですね。ヨドバシに置いてある中でも一番安いのを新古品価格で買ってきちゃいまいした(笑)。多少金額を上乗せしても機能的に大差ないようだったので、持ち前の貧乏性をフルに発揮してきましたよ。10000円以下。まあ、今までレンジを買っていなかったという方がよほど貧乏性というべきですが。明日届くので、いくつかレンジ食品を買っておきます。

2月2日水曜日「猫はほ乳類だモーン!」

 風は収まりましたが、雪は降ってます。でもこの調子だと積もったりはしないだろうな。どうせなら積もってくれてもいいんだけど……。そういうわけで寒いです。やたらめったらと寒いですね。たぶん今期で一番寒い。この辺がピークになって、以降少しずつ暖かくなるという感じになりそうな気がします。

 明日「スパロボOG2」の発売日なので「パティシエなにゃんこ」をプレイしています。「OG2」買ったらまずもってプレイ中断しそうなので。今回はメインヒロイン格のかなでシナリオをクリア。ヒロイン分岐してから後はそこそこ面白かった。テコ入れが入ってまともなシナリオになってしまった(苦笑)。とはいえ納得行かない点もちらほらと見られます。
 このシナリオでも深く関わってきますが、主人公の矢口翔一は母親の死が原因で父親と確執があるらしいのですね。主人公が地元から離れた高校へ進学したのもそれが原因らしい。なのに親父が腰を痛めてパティシエとしての仕事が出来なくなったんで休学してまで帰ってくるってのはどうしても違和感がある。それにこれだけ主人公の人格形成に影響を及ぼしている父親の出番がまったくない。そのせいで確執関連の描写に説得力がく、話的にも浅くなっている。なんなんだろうな、これは。
 前にこの作品がアルケミストの「ショコラ」に似ていると書きました。実際似てます。「ショコラ」でも主人公の大輔は母親を無くしてるし、父親とも確執を抱えていました。もっとも確執の方は高校卒業してヤンチャ辞めてから解消したようですが。「ショコラ」の父親は海外へ新婚旅行中なので直接の出番はありません。が、要所で電話をかけてきてその存在感を示してくれますし、父親代わりのバラさんなる人物も出て来ます。それが「パティにゃん」の方には無い。口だけで遺恨遺恨繰り返しても描写としては三級品ですよ。
 結局かなでシナリオがそこそこだったのは、分岐前まで主人公の人格提示を怠っていたのをやりなおした面があったからです。やー、やれば結構やりなおせるもんだ。序盤のキャラ提示に失敗したらもうダメかと思ってた。それだけに分岐前がめちゃくちゃ面白くないんだけどね。父親、出した方が良かったんじゃないかな……。

 で、明日「OG2」の発売日です。速攻ゲット予定。なんというかですね、発売前にここまで気分が盛り上がってる作品というのも久しぶりですよ。なんでかなあ。「スパロボMX」はドキワクどころか買ってさえいないのにな。自分でも理由がわかりません。今月はこの「OG2」と「メモオフAR2」「家族計画」あたりが購入決定ライン。「アナザーコード」はぜひやってみたい線だけど発売日には買えないかもしれない。「ランブルローズ」は中古で手を出しそう。

 これは別にどうでもいい情報なんですが、今仕事上でつきあいのある某氏が現在週刊少年ジャンプで連載していてアニメ化までされてる作品の作者の実兄なのだそうな。私はジャンプ自体読んで無いんで興味ありません。これが河合克敏に会えるかもーということなら大喜びなのですけどね。

2月1日火曜日「雪・風」

 吹雪いてます。いや、雪国の本物の吹雪にくらべればなんてことないんでしょうが、なんせここは福岡ですから。それでも雪の方はたいしたことありません。雪が舞ってるという程度で明日の朝には一面雪景色〜なんてことはないでしょう。すごいのは風です。私のズーマーはシートの下がからっぽなので比較的風に強いはずなのに、それでも問答無用で煽られてしまいました。ものすごく危ないです。これは雨よりもずっと恐い。まっすぐ走っているはずが、横風のせいで流されてしまう。真夜中で並走する車がいないからまだいいものの、これが昼間だったらと思うとシャレになりません。やっぱ悪天候の日は無理しないことにしよう。
 で、とうぜん寒い。うちに帰ってくるとほっとしますね。寝る前に梅酒でも飲もう。

 少し思ったんですが、うちには電子レンジがありません。一人暮らしだと五割引の冷凍食品なんかを重宝するわけですが、レンジ専用ってのが結構多いんですよね。特にグラタンとか。今までは鍋で蝶理出来るものを選んで買ってましたが、やっぱりレンジはあると便利だろうなーと。今度ヨドバシに行った時に見てみることにします。カレーを温め直す時なんかにもいいよね、きっと。

 2月になりましたが、余裕が全然無いので今月もとりあえずブロッサム髪下ろしバージョンで行くことにします。描くにしてもネタが無いし。