レーズンと一緒!




14.奴がライバル

我が儘娘に戻ったレーズンの目下の悩みは烏骨鶏達です。
別にレーズンが意地悪するとかではなくお互い距離を取って共存しているのですが、やはり「自分の方が先輩なんだぞ!!」という気持ちがあるのでしょうか?
さらに輪をかけて甘えん坊になりました。
しかも烏骨鶏達が食べている餌がとても美味しい物に見えるらしく、庭への出入りの扉をうっかり開けておくと必ずと言っていいほどレーズンは鶏の餌を食べに行きます。
そして旦那に叱られる、と言うのがパターン化してきています。

時々鶏にパン(我が家で焼いたパンです)をあげるのですが、自分の方が先にもらっているのにもかかわらずよだれを垂らしてみていますし、放っておくと「あたしにもちょうだいよぉ!!」ときゅ〜んきゅ〜ん鳴いたりします。
それを無視していると哀愁を背中に背負ってとぼとぼと小屋の方へ歩いていきます(^^;)。
朝晩の餌もレーズンを最初にしないとすねたりしますし鶏を抱っこしたり世話をした後に側へ行くとすっごくべたべたしてきて「あたしももっとかまってよ!」とアピール。

逆にレーズンをかまっていると烏骨鶏たちがコーー!!と怒っています。
でも彼女たちは外へ出してあげれば勝手に好きかってしているのでレーズンほどヤキモチではありませんが・・・。
しかしおやつは別とみえてレーズンに投げて与えると、すかさず烏骨鶏たちもダッシュして取りに行こうとします。
最初にダッシュしたのは近江とシャモコンビですが今ではシャモたちよりも黒烏骨鶏のフランやブチ、白烏骨鶏のむぎ達がダッシュするようになりました。
おやつを前にしたらどちらも「奴がライバル」と思っているのかな?
けれどちょっとこの状態を楽しんでいるのは何をかくそう人間です。
この先もこの状態が続くのか、それともレーズンが、又は烏骨鶏達のどちらかが悟りを開くのか・・・。
しかしレーズン、鶏の餌を食べるのはやめてね。
いっつもその後下痢しているんだからそろそろ自覚してよぉ!!
レーズン曰く「だって美味しいもの!やめられないわぁ〜!!」









このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ