レーズンと一緒!




5.病院にて

5月に入り、早速かかりつけの獣医さんの所へ行ってきました。
「もう少し胎児が大きくなってからレントゲンは撮りましょう。」
といわれエコーを撮ることになりました。
「エコーで見える範囲で2.3匹いますね〜。」(写真参照)
そういう先生の言葉に旦那はレーズンを抑えるのに必死になっていました。
どうやって抑えてもレーズンが先生にもっとかまってもらおうと抵抗するのです。これには旦那もぐったり。
こういうとき、飼い主の命令をよく聞く子であればもっと検査も楽になるのではと思います。
レーズンはこの点、とてもお馬鹿です・・・。
飼い主の言葉を半分しか聞かないのです。
それも自分の都合の良いところだけ命令を聞くのです!
「見えるだけでこれだけなのでおそらく5匹以上、7〜10匹いるのでは無いでしょうか?」
とのこと。

そんなに生まれたら困る〜!!

そういう私の心の叫びが聞こえたのか、その後先生は、
「まぁ、レトリバーは多産系ですからね〜。1.2匹と言うことは滅多にないですよ。」
・・・・。
先生、それは知っています。
でもそれじゃあ生まれ過ぎなんです。
5匹くらいの名前しか考えていないんです。(T_T)

きっと私の目がそう語っていたのでしょう。先生は
「出産前にもう一度レントゲンを撮ればはっきり胎児が写ると思いますのでその時わかると思いますよ。」
とフォローしてくださいました。
こうしてレーズンの妊娠は確定し、私たちも本腰をいれて里親探しが始まったのです。
まぁ、名前をつける楽しみ(苦しみでもありますが・・・)も増えたのも事実です。
また、この頃になるとレーズンの乳房も大きくなり座ると右側の写真のように張り出すようになりました。









このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ