幻想妖魔旅館


百鬼夜行(日本編)

月夜に紛れ百鬼夜行が動き出す・・・

  

青行灯
百物語の会に現れる妖怪の一種
百物語は、大勢の人が集まって次々と百の怪談話をするもので
江戸時代に流行した、会場には雰囲気を出すために青紙を張った行灯を
百個ともし、一話終わる毎に灯火を消していくのである
こうして百の話が終わって真っ暗になった時、不気味な青行灯が出現するといわれた
青行灯の姿ははっきりしないが、鳥山石燕は画集『今昔百鬼拾遺』中で
行灯のそばに立つ髪の長い鬼女の姿を書いている
アイヌカイセイ
アイヌに伝わる妖怪、空屋や古屋に現れ
ボロボロのアットシ(木の皮の繊維で作った着物)を着ており
眠っている者の胸や首を押し付けて襲う。
アイヌソッキ
アイヌに伝わる妖怪。北海道の内浦湾に棲む。
上半身は人間だが、下半身は魚と言う姿をしており
捕まえると助けを乞うという。
その肉を人間が食べると長寿を保つと言われるなど
ほぼ本土の人魚と同じ様な事が伝えられている。
逢火
比叡山の西麓にある相逢の森では、5月の夜に幾つかの燐火が南北より飛んできて
この森に集まっては消滅する。梅雨の夜にはことのほか多く現れ
土地の者はこれを逢火と呼んでいる。
昔、山門に某という淫僧があり、北谷の美童を寵愛していた
しかし、その美童が病死すると、某も後を追う様にして死んだ
以来、某の亡魂は燐火となり、飛行してこの森で相逢うのだと言う
安宅丸
まるで自分の意思があるかのような奇怪な船である
豊臣秀吉が造船したとも、北条一族が造船したのを秀吉が押収したとも伝えられる
その後、家康の手に渡り、江戸に帰港された。
この安宅丸は人の心を読むことが出来るらしく、悪人が乗り込むと
うなり声を上げて乗船拒否したという。
元々は伊豆で造船された船なので、故郷を懐かしむあまり
「伊豆に帰ろう〜」と不気味な声をあげたりして、人々を震撼させた。
自分の意思で逃走し、三浦で拿捕されたという。
赤子橋
かつて日本が貧しかった時代、子供が生まれても育てられず
泣く泣く川に流すことがあった。橋から川に流された子供の無念の気持ちと
苦渋に満ちた母親の気持ちが融合し、その橋から悲しげな赤子の声が聞こえたという
その橋を渡る子供は赤子の化け物に見入られると言われ
子供達は、息を止めて一気に橋を渡ったという。
また、橋の隙間から、水面が見える箇所があり、勇気ある若者は
赤子の声を確かめようとした事もあった。
その橋は現在でも、青梅美術館の近くの交差点に欄干が保存されている。
青女房
荒れ果てた宮廷の古御所に女官の姿をして棲んでいる女の妖怪
青女ともいう。茫々の眉をしてお歯黒をつけ、たった一人で
誰かが尋ねてきてくれるのを何時までも待っている。
その相手は昔の恋人でもあるのか、醜い顔にもかかわらず
しばしば鏡を覗き込んでは、丹念に化粧をしているのである
人に危害を加えるわけではない
赤舌
川に棲んでおり、弱者の味方をしてくれる妖怪の一種
いつも赤い舌を出しているので『赤舌』という
『画図百鬼夜行』には獅子鼻をして舌を出した、3本の鍵爪を持つ
4足獣の様な姿が書かれている。かつて津軽の用水路に出現したという言い伝えがある
ある旱魃の年、用水路の上流にある村人達が水を独占しようと水門を閉めたが
何度やっても夜の間に水門が開いてしまうということがあった。
赤舌が下流の村人のために、密かに水門を明けていたからだと言う。
赤シャグマ
四国地方の裕福な旧家に住み付く座敷童子の一種。
シャグマ(赤熊)のような頭髪で、体全体が赤い子供の姿をしている。
夜になると仏壇から出現し、台所の残飯を食ったり
家の者が寝ている時座敷で騒いだり、寝ている人を擽って安眠を妨げたりする
しかし、座敷童子と同様に棲んでいる家に福をもたらす存在で
赤シャグマが棲み付いた家は繁栄し、出て行くと没落するといわれている。
垢舐め
風呂屋や荒れ果てた屋敷に棲み、真夜中の人気の無い頃に出現しては
風呂場にこびり付いた人間の垢をぺろぺろなめる妖怪の一種。
風呂場が汚れている家ほど棲み付き易いと言う。
鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では、足に一本の鍵爪を持つ散切り頭の
童子の姿で書かれており、舌を出して風呂場の汚れを探している。
江戸時代の怪談集「百物語評判」には『垢ねぶり』という名前で登場しており
塵や垢の機が積もり積もって妖怪になった物だと説明している。
アカングァーマジムン
沖縄で赤ん坊の姿をして出現する魔物の一種。
沖縄ではマジムンは『魔物』の意味で、普通は家畜などの動物の姿をいている。
アカングァーマジムンは死んでしまった人間の赤ん坊がなる物で
赤ん坊の姿でハイハイしながら出現する。
他のマジムン同様に人の股をくぐろうとし、潜られると人は魂を奪われて死ぬか
どうしようもない腰抜けになってしまう。
しかし、左右の脚を交差させると
股の下を潜ることが出来ずにマジムンは逃げ出すという。
悪天狗
極楽へ行くために修行をしたにもかかわらず
心が邪悪だったために悟る事ができず
死後に天狗道に落ち天狗となった者
たとえ悟る事ができずに天狗道に落ちた者でも
生前に良い心を持っていた物は善天狗と成り
ひそかに他の修行僧の修行を助け
危険な道のりを参詣に来る信者達を事故等から守護する働きをする
しかし、悪天狗は他の修行僧の邪魔をし
自分と同じ天狗道に落そうとしたり、心の正しい信者達を
恐れさせたりすると言う。
灰坊主
秋田県で囲炉裏の灰の中に棲んでいるとされる妖怪の一種
灰を掘れば出てくるとされるので、灰を掘っていたりすると
「灰坊主が出る」と言って戒められると言う。
地域によっては、灰の中から出てくるのは天邪鬼だと言われる
岩手県では一膳飯を食ったり、2回風呂に入ったりすると出てくるとされる。
裸で便所に入るのもよくない事で、灰坊主に会うといわれる
灰坊主と言っても坊主姿と言うわけではなく、姿ははっきりしない
小豆洗い
小川などに出現し、シャカシャカという
まるで小豆を洗うような音を立てる妖怪の一種。
小豆磨き、小豆さらさらとも呼ばれる。
音だけはよく聞こえるが見た物は居ないため
小さな老人とも老婆の姿とも呼ばれる。
音だけなので害はないが、正体を突き止めようとすると
からかわれて川に落とされる事もある。
また、地方によっても「小豆研ごうか、人とって食おうか」
等と物騒な事を言う物も居る。
埼玉県では実際に人を浚うと言われている。
小豆はかり
麻布の武士の家に出た妖怪
「どすん、どすん」と、天井を足で踏み鳴らすような音を立てたり
「はらり、はらり」と。小豆を撒くような音を立てたりする。
小豆の音は次第に大きくなっていき、最後には一斗を撒くような音になると言う。
庭では手水鉢の水に手をかける音、庭石を飛び歩く音など立てたりする
音の化け物である。
特に酷い悪さはしないが、天井から時たま土や埃が落ちてくるような事もあった
しかし、家人は慣れたもので、さほど気にしなかったという。
後追い小僧
山道を歩いている人の後を何時までも着いて行く妖怪の一種。
歩いている人に話しかける事もなければ、害を加える事もなく
ただ黙って後を着いて来て、里が近づくと居なくなる。
誰かついてくるなと思って振り返っても
すぐに木の陰などに隠れてしまうのでその姿を確認する事は難しい
普通は、4、5歳くらいの子供の姿で絣の着物を着ているが
もっと年上の子供の姿の時もある
出現するのは昼が多く、午前中より午後の方が出やすい。
アナジ
西日本で、冬に北西の方角から吹いて来る魔風の一種
本来は激しい強風に過ぎないが、北西の風は死者の棲む異界から
吹いてくる不吉な物で、建物等を破壊するだけでなく人の魂を奪うと考えられた。
古代の鉄製業者を穴師というが、アナジはこの穴師という言葉が訛った者だと言われる。
鉄製業では、鉄の精錬の為に炉の中に大量の風を送らなければならないが
この風によって激しくなる炎の恐ろしいイメージが
北西からの風に結びついたらしい。
油すまし
油瓶を持ち、すました顔をして突然出現しては,峠道を行く人々を驚かす妖怪の一種。
熊本県天草諸島に居ると言われる。人間の姿をしているが
頭だけが奇妙に大きく、体中に蓑ですっぽりと包み、杖を突いている。
普段は何処に住んでいるのか見当もつかない。
「昔、このあたりに油瓶を下げた妖怪が出たらしい」
等と噂話をしている人が近づいて来た時だけ
「今も居るぞ!!」
と叫び、突然姿を見せて驚かす。
油を盗んだ人間の霊が化けた物と言われる。
赤頭
4〜5歳くらいの男の子の姿をしている妖怪
指で、柱に大釘を指したり、抜いたりする力技で人を驚かす
だが、人を傷つけたりはしない、陽気な悪戯好きな妖怪だ。
小豆婆
武蔵野国(東京都・埼玉県)に出没した妖怪
小さな祠に棲み、夜中に近くの小川に小豆を洗いに現れる
そこに人が通ると、脅かしたり、時には人を捕まえて食ったりもする。
油返し
初夏や寒い冬の夜、摂津(兵庫県)の昆陽に出現する謎の火
この火は池の南にある千僧の墓から現れ
昆陽池と瑞ヶ池を通り、天神川の方へ呟きながら移動する。
燈無し蕎麦
冬の寒い夜中、暗い道を歩いている人の前に突然現れる無人の蕎麦屋
人が近づいて、その灯を消すと不幸な事が起こると言う
東京の本所七不思議のひとつ
悪四郎妖怪
昔、広島県の真定山に居た妖怪
この山に人が登ると、怪奇現象や物音で脅かして、悩ませる
あるとき勇気ある若者、五太夫が悪四郎妖怪と戦い、追い払ったとされる。
悪路神の火
三重県に現れる火の妖怪
雨の日の夜に現れる事が多く、地上から60〜90cmの高さの所を
ふわふわと飛ぶ。この怪火に合うと病気になってしまうと言う。
足洗い屋敷
夜中に、突然天井から巨大な泥だらけの大足が突き出てくる
その足をきれいに洗ってやると、おとなしく引っ込む
しかし、そのままにしておくと暴れまくると言う
東京の本所七不思議のひとつ。
鐙口
鐙口は、武将が馬に乗って足を踏み掛ける馬具が化けた物
武将と運命を共にする鐙口は、主人の戦死と共に野に捨てられてからも
帰らぬ主人を待ち続けると言う。
油坊主
平安時代の武将、平忠盛が出会った謎の僧
雨の降る夜、神社の境内の灯篭に油を差してまわる
雨に濡れても消えない火を片手に持ち、髪の毛が銀色に光っていたと言う。
雨女
昔の人は、日照り続きの時雨乞いの儀式を行い
雨女に雨を降らせてくれるように頼んだ
雨女は妖怪と言うよりは神聖な、人を助ける『雨神』の一種だとされる。
アマビエ
江戸時代の終わり頃、肥後(熊本県)に現れた妖怪
海の中から突然現れ、今後6年間の収穫の予言を残したと言う
人魚の一種のようだが、姿は違うらしい。
天邪鬼
小さな鬼のような姿で、人の心と正反対の事をして楽しむ妖怪
人間に化けたり口真似をするのも得意である
昔話の『瓜子姫』には、瓜から生れた瓜子姫を捕らえて縛り上げ
彼女に化けて育ての親の老夫婦を騙そうとし
結局失敗して手足を裂かれて畑に埋められてしまった
天邪鬼が登場する。徳島県には、岬の神が橋を架けようとして
天邪鬼に手伝いを頼んだところ、逆に邪魔ばかりされるので
工事が中止されたと言う言い伝えがある。
あまめはぎ
東北や北陸地方に出る、なまはげに似た妖怪
あまめとは、怠け者の足にできるたこで、いわば怠けだこ
この怠けだこを雪の夜に剥ぎ取りに来るのがあまめはぎである。
網切
夏場、虫除けのために部屋に吊られた蚊帳を切ってしまう妖怪
鳥山石燕の画集『画図百鬼夜行』では、尖った嘴を持つ鳥の頭に
蠍のような鋏と、節のある長い身体を持った姿で書かれている
鋏のある両手以外に足はなく、蛇の様に長い身体をくねくねとよじらせて
縁側から部屋の中へと侵入してくる。
漁師の多い海辺の地方などでは、漁の為の網を狙う事もある
足まがり
香川県の高松地方などに現れる不思議な綿のような妖怪
夜道を歩いていると、いきなり足に絡みつき歩くのを邪魔する
狸の仕業と言う話もあるが、正体はわからない。
あやかし
鳥山石燕の画集『今昔百鬼拾遺』に描かれている巨大な海蛇
関西から九州にかけての西国の海に出現したもので
時折船に乗り上げるが、余りに長いので、船を乗り越えていくのに
2・3日は掛かると言う。この時蛇の身体からは大量の脂が出て船に溜まり
船人がこの油を汲出さないと船が沈んでしまうのである
アヤカシと言うのは海で死んだ物の霊だと言う話もあり
この場合は人間に化けて人を海に引き込もうとするのである。
雨降り小僧
自由に雨を降らせる事のできる雨師と言う神に仕えている妖怪
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』では、前の割れた柄のない唐傘を
帽子のように被り、提灯を持った、ぽってりした子供の姿で書かれている
雨師と同じく自由に雨を降らせる事ができ
その雨の中を物凄い勢いで走り回ると言う
また、雨降り小僧の傘を人間が使うと、二度と頭から取れなくなるのである
雨師の方はもともと中国の神で、蚕に似た姿をしていると言われる
青鷺の火
青鷺火、夜間などに青鷺が青白く光って見える事をいう。
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』には
【青鷺の年をへしは、夜飛ぶときかならず其羽光るもの也
目の光に映し、嘴とがりてすさまじきと也】とある
青鷺に限らず、五位鷺や山鳥、雉、鴨等の鳥は
夜飛ぶ時に羽が光る物だと言われ、実際に見たと言う民族報告は多い。
青玉
岐阜県徳山村で言う怪火、朝夕関係なく現れる火だと言う
青入道
岡山県勝田郡地方で言う妖怪
体が蒼青色を呈した大入道で、夕方になると現れると言う
青坊主
岡山県で言う妖怪、青い色(衣服もしくは体が)をした大坊主で
空屋などに現れるという。また鳥山石燕の『画図百鬼夜行』にも
1つ目の法師姿の青坊主が書かれている。
此方には説明がないため、どの様な妖怪かは不明である
赤足
香川県塩飽本島で言う妖怪
山道の辻等に赤い足を出して現れると言う
赤岩将監
徳島県麻植郡川田村(現山川町)でいう化け狸
付近の狸の総大将であり、讃岐の総大将とされた屋島の禿狸と合戦をしたという。
赤エイ
竹原春泉の『絵本百物語桃山人夜話』に有る巨大なエイ
安房国野島ヶ崎の船乗り達が暴風によって漂流した時
島と思って上陸した物が巨大な赤エイだったという。
その大きさは三里(約12km)以上。背に砂が溜まった時、これを落そうとして
海上に浮かんでくるが、そのとき島だと思って船を寄せれば、水底に沈んでいく
この時波が荒くなり、その為に船が壊れてしまうと言う。
このような巨大なエイの妖怪は他に類を見ないと言う。
アカガンター
沖縄の妖怪。赤い髪の毛をした赤ん坊の様な者で
古い家の広間に現れ、枕返しをしたり、寝ている者を押さえつけたりする
赤い衣を着ている場合もあるが、これはキジムナーとも呼ばれている。
赤城山の大百足
赤城山の百足神。群馬県赤城山の神、またはその眷属
その昔、栃木県日光にある中禅寺湖の所有権を巡って
男体山二荒神と争った事があり、二荒の神は大蛇に、赤城の神は大百足なって
争奪戦を繰り広げた。二荒の神は弓の名手である猿麻呂に助けられ
とうとう二荒の神が勝利した。その時の戦場が、日光湯元の手前にある
戦場ヶ原であると言う。
赤子
長野県大町市木崎湖で言う妖怪。
11,12歳くらいの子供のようで、水の中に棲むもの
色は赤子のように赤く、猩猩の様に髪を垂らしている
水中に隠れているのを漁師が見るだけで、特に悪さはしないという。
赤抱かしょ
山口県厚狭郡角井原の坂で、旧道路の辻に夜間でたと言う妖怪
児を抱かしょともいう。産女の類か。
アカテコ
青森県八戸地方で言う妖怪
小学校前のサイカチの古木に、赤色の子供の手の様なものが下がる怪をいう
アカテコとの関係は不明だが、そのサイカチの古木の根元には
若宮神社と言う祠があること、この木の下に17・8位の美しい娘が立っていて
それを見た者は熱病にかかるといわれていたと
『遠野の座敷わらしとオシラサマ』ある。
赤殿中
徳島県鳴門市大麻町大谷で言う化け狸
夜、赤い殿中を着た子供に化けて、道行く人に背負ってくれとせがむ。
背負ってやると、背中で足をバタバタさせながらキャッキャと喜んだと言う
大朝町の大谷川新橋近くには、赤殿中を祭る小さな祠がある。
垢取り貸せうぇー
宮城県で言う船幽霊の事
垢取りとは船底に溜まった水を汲出す柄杓の事。
赤入道
熊本県八代市の松井家に伝わる『百鬼夜行絵巻』に描かれているもの
身体一杯に布を纏った赤い色の妖怪。その絵柄は鳥山石燕の元興寺に似ている。
赤人間
山口県岩国市の怪談集にあるもの
十河某という者が川狩に行き、夜更けてから
関戸のつき廻しという所を通った時、川岸から
「エイッ、エイッ」と石を担ぐような人の掛け声を聞いた
不思議に思って覗き見ると、赤い色の大きな人間が
焼けた鉄棒を担いで宙を歩いていたと言う。
アガネコ
青森県青森地方で言う妖怪
狐、狼と共に人に危害を加える獣の一種であると言う。
赤坊主
『閑息自語』にあるもの
野一位資枝卿と言う人が若い頃、自分の子供や家来を集めて
世話話をしながら夜更けまで酒を飲んでいた。
すると屏風の後ろがにわかに明るくなり、紙燭等を持って
人が歩いて来る様な気配があった。
居合わせた者達が怪しんで屏風の裏を見ると
火炎の中に真っ赤な法師が立っていた。
「人がいる」等と怪しんでいるうちに、その法師はサッと消えてしまった
一位の言うには、あれは家に吉事がある前兆として現われ
正体は解らないが赤坊主と呼んでいる、と語ったそうである
アカマター
沖縄の妖怪 斑蛇。
山原地方でいう毒を持たない蛇で、美しい男に化けては
女を誘惑し、子供を産ませたり殺してしまったりする
アカマターが女を惑わすのに、尻尾で文字を書くという方法がある。
名護町東江と城戸の境にあるアナダ橋の袂に
鬱蒼としたガジュマルの木があった。
ある人が其処で挙動不審の女を見つけ、よく見ると
その下でアカマターがしきりに尻尾を振って文字を書いていた。
女は此処で美男子と待ち合わせをしているといってゲラゲラ笑う。
其処でその人は女を家に連れて帰り、自分だけ再度ガジュマルの木まで来ると
アカマターの文字を消した。その瞬間に女は正気に戻り
何故知らない人の家にいるのかわからなかったという。
秋葉三尺坊
遠州秋葉山に祭られる天狗
静岡県の秋葉山の一帯には、天狗に纏わる伝説が多く残っており
その天狗たちの親分がこの山尺坊となる
元々は人間であったといわれ、信濃国、下高井郡穂高村の出身で
信州戸隠山や越後守門岳の麗で荒行し、生きながら天狗になった。
そのとき、何処からともなく白狐が現れ
この霊狐に乗って泊まった所を常住の地を定めようと
行き着いたところが,信州秋葉山であったという。
悪禅師の風
駿河国で言う風の怪異。
褐色の袴を付けた人間の姿をした神で、突然暴風を起こすという
これは三重県桑名の一目連と同じ様な物だという。
アグトネブリ
岩手県九戸地方で言う妖怪
闇夜を歩いていると後ろからつけて来て
踵を嘗めると言う物という。アグトは踵の事
悪路王
岩手県西磐井郡平泉町で言う鬼
達谷屈に砦を築き、近隣を荒らし回っていたが
坂上田村麻呂に退治された。
その首の木彫りは茨城県の鹿島神宮で見られる。
鬼とされているが、大和朝廷にまつろわぬ民の首長だったと言う。
浅茅ヶ原の鬼婆
東京都台東区浅草花川戸に伝わる。一つ家の鬼婆とも言う。
浅茅ヶ原に立つあばら家に老婆と娘が住んでいた。
辺りに家がないので、夜になると旅人が宿を求めてやってくるが
老婆はそういう者を殺して身包みを剥いで生計を立てていた。
浅間ヶ嶽金平坊
長野県浅間山の天狗で
密教系の祈祷秘経『天狗経』にある、全国代表四八天狗の一人
アスコココ
熊本県八代市の松井家に伝わる『百鬼夜行絵巻』に描かれているもの。
火炎の様な物の中に、複数の化け物の顔がある、どんな化け物なのかは不明。
遊び火
高知県三谷山、土佐郡一宮村で言う怪火。
海上や城下にも現れ、目の前にあるかと思えば、あっという間に遠くに離れる
幾つも分かれたり、まとまったりする。人には害をなさないという。
愛宕山太郎坊
京都市の愛宕山に祀られる天狗。
密教系の祈祷秘経『天狗経』にある全国四八天狗の一人
栄術太郎とも言われ、多くの眷属を従える日本一の天狗と恐れられた。
安達が原の鬼婆
福島県二本松安達が原に伝わる
京都の公家屋敷に奉公する岩手と言う乳母が
官の宮という姫の病気を治すには妊婦の腹にある
赤子の生き肝が効くと知り、放浪した後に奥州安達が原の岩屋に住みついた。
ある時産気づいた女が宿を求め、岩手は良い機会とばかりに
女の腹を裂いて赤子を取り出すが、その女は岩手の実の娘だった
岩手は気が狂い、その後、岩屋に宿を求めてくる旅人を殺して血を啜り
肉を食う本物の鬼婆となってしまったという。
アヅイコシンプク
『現行全国妖怪辞典』に、アイヌで言う人魚の事である
アヅイとはアイヌ語で海を意味する言葉なので、海のコシンプ
つまり、浪コシンプの事を指して居るようである。
人魚と言うよりはアザラシなどの海獣が化けた女の妖怪と言うべきか。
アツゥイカクラ
アイヌに伝わる妖怪。北海道の内浦湾に住むという巨大ナマコ。
口で流木に吸い付いて海に浮かび、近づく船をひっくり返すと言う。
これは川から流れてきた女のモウル(女の肌着)が変化した物だと言う。
アツゥイコロエカシ
アイヌに伝わる妖怪。
室蘭近海の主で船をも飲み込む赤い身体をした巨大な化け物だと言う。
「アイヌの妖怪説話」によれば、これはレブンカエシと同じ物かとしている
アッコロカムイ
アイヌに伝わる妖怪。
北海道の内浦湾に棲むと言われる大蛸。
一haほどの大きさで、戸おりかかる漁船を襲ったという。
大蛸の居る所は、体の色が海面に反射して遠くからでも分ったと言う。
礼文華辺りに居た大蜘蛛が、海に入って大蛸になったと言う伝説がある。
アバラボー
安永九年に周防の国玖珂郡通津浜で捕えられた。
長さ九尺(約2、7m)幅八尺(約2、4m)厚さ三尺(約90cm)程の異形の魚。
アフイラーマジムン
沖縄の妖怪。あひるの妖怪でこれに股をくぐられると死んでしまう。
読谷村にある読谷高校の運動場前はかつて寂しい谷底になっていたが
其処にアフイラーマジムンが現れたと言う。
また、ある農民がこれに石を投げつけたところ
沢山の蛍になって農民の周りを飛び回ったが
鶏の声と共に消え去ったと言う。
油取り
東北地方一体で言うひとさらいの様な者。
子供を浚っては人間の油を搾り取ると言う。
また、明治維新の頃、岩手県遠野の村々に油取りが来ると言う噂が広まって
大騒ぎになった事がある。油取りは紺の脚絆に同じ手差をかけた者で
これが現れると戦争が始まると実しやかに話す老婆も居たと
『遠野物語拾遺』に見える。
油なせ
新潟郡南蒲原群大面村帯織の旧家。滝沢家に居たといわれる妖怪。
家の者が灯油を粗末にすると「油なせ(油を返せ)」と言って出てくると言う。
村人の話では、病死した滝沢家の次男が化けているのだと言う。
尚、この油なせの話は外山暦郎が大正15年に『越後三條南郷談』
を発行する前に採取したもの。
油舐め赤子
山田野理夫の『東北怪談の旅』によれぱ、これは秋田の妖怪だと言う
江戸時代の中ごろ、秋田のある庄屋の家に見知らぬ赤子連れの女が止まるが
その赤子が行灯の油を一滴残らず舐めてしまったと言う。
油盗みの火
『諸国里人談』『本朝故事因縁集』にある怪火
近江大津の八町に玉のような火が縦横に飛行すると言う。
これは大津辻の地蔵の油を毎夜盗んで売っていた油売りが居て
その者が死んだ後に迷って出た者だと言う。
油坊
滋賀県野洲群欲賀村でいう怪火
春の末から夏にかけての夜に現れると言う。
その火炎の中に多くの僧形を見るのでこの名前がある。
比叡山の灯油料を盗んだ僧の亡霊が化した物だという。
雨傘
愛媛県宇和地方で言う妖怪
雨の晩の谷間などで大きな雨傘の形で現れる妖怪だと言う。
これを見ると震えて歩けなくなってしまうと言う。
甘酒婆
青森県・長野県飯田市地方で言う妖怪
青森県では夜中に甘酒はござらんかといって、家毎に戸を叩くと言う
有る・無いの何れを答えても病気になってしまう。
それを防ぐには杉の葉を吊るせば良いと言う。
飯田市では、冬の寒い真夜中に、戸を叩いて
尼酒を売って歩く声が聞こえると言う。
尼天狗
『源平盛衰記』にあるもの
鳶の様に嘴のある顔だが、顔は尼法師と同じように剃髪している。
衣と袈裟を身に付け、背中には羽があるという
つまり顔と羽さえ除けば、尼法師そのものの姿をしている。
天岩船壇特坊
密教系の祈祷秘教『天狗経』にある全国代表48天狗の一つ。
現在は何処に祀られていた者かは不明だが
大阪府北河内群田原村の岩舟神祠のある山中ではないかとされている。
アムログオナグ
奄美大島地方で言う妖怪
海に入って死んだものの霊で、青い火を持って歩き回ると言う。
アラサラウス
アイヌに伝わる妖怪、アラサルシともいう
体毛がまったくなく、一つの尾を持った巨体の悪獣
吉田巌の「アイヌの妖怪説話」によれば
山の崖穴に住む熊に似た獰猛な動物で
自在に変化して人間を襲うと言う。
アワ
岡山県浅口郡で言う妖怪
人間のような姿で、ゴーコと共に川に現れると言う
河童の仲間、あるいは河童の地方名であろうか。
鮑の怪
大きな傘を広げたほどの大きさで、これに触れると暴風が起こると言われる
また、『新著聞集』には、房州平群郡亀崎の海中で
七・八間もの大鮑が光を発して付近の漁師達を恐れさせたと言う。
粟突き音
アイヌに伝わる音の怪異
炉端で寝ている時、地中より粟を付く音が聞こえてくる事があり
そういう歳は豊作だと言われる。
この音は戸外から聞こえてくる場合があり
その音がうすに綿を入れて搗く様であれば豊作
空臼を搗く様な音のときは、その年は冷害で不作になると言う。
安徳様の火玉
川下名に安徳様という苗字の場所があり
その付近の山から夜な夜な怪しい火が出ると言う
陸地にいる人には見えず、海上の漁師達に見える
提灯より大きな火で、それが川下名から隣村の江之浦に飛んでいき
また元の所に返っていく、村人はこれを安徳様の火玉とよんで崇拝し
安徳神社を立てたと言う。
彙王島高徳坊
鹿児島県硫黄島の天狗。
密教系の祈祷秘教『天狗経』にある全国代表四八天狗の一人。
天狗研究の大家知切光歳によれば、現在の硫黄島には
光徳坊なる天狗は祀られておらず。ミエビ山王、ホダラ山王
という2神が天狗とされているそうである。
いが坊
熊本県八代市の松井家に伝わる『百鬼夜行絵巻』に描かれているもの。
下顎が栗のイガのようになった妖怪。
イカメナシュレナ
アイヌに伝わる妖怪。空中の悪魔という。
イキ入道
神奈川県足柄上郡三保村玄倉で言う妖怪。大入道。
ある沢に杉の木が3・4本あり、其処に行くと
イキ入道が大きなおっさんになって出てきて、人を取って食べてしまうという
伊草の袈裟坊
埼玉県比企郡川島村で言う河童の親分の名前。
周辺の河童達は、毎年人間のはらわたを中元として献上するという。
イクレイジン
岡山県川上郡備中町で言う妖怪。
人に憑く神には二種類いて、高神と言うのは普通の神だが
イクレイジンはというのは下等な狸などの霊の事を言う。
囲碁の精
『玉箒木』にあるもの
江戸牛込に住む清水作庵という碁の好きな人が
柏木村の円正寺の前で、色の黒い者と、色の白い者の
二人と顔馴染みになった。その名前を聞くと
色黒の者は山に住む者で知玄、色白のものは海辺の者で知白と言う者だ
というや否や姿を消してしまった。是は囲碁の精だったという。
イコンタビプ
アイヌに伝わる妖怪。悪い病を持ち歩く魔魚。
イジコ
青森県津軽地方を中心とした青森県全域で言う妖怪。
赤ん坊を入れておく篭のようなもの。エンツコ、イチコともいわれる。
このイジコが木の上から真っ赤に燃えて下がってくるのだという。
波岡町から青森市に向かう途中のある村の中学校のそばは
たくさんの木が茂っていたが、其処を小雨の降るの夜更けに通ると
男の苦しげな呻き声が聞こえ、見上げるとアカシアの天辺に
真っ赤な火の玉のようなイジコがぶら下がっていた物だという。
石槌山法起坊
愛媛県石槌山の天狗。
密教系の祈祷秘教『天狗経』にある全国代表四八天狗の一人
天狗嶽に止宿し、多数の眷属と共に山の護法に任じているという。
イジャロコロガシ
長野県佐久郡南牧村海ノ口で言う妖怪。
夜遅く、破れた堂に現れ、いじゃろ(ざる)
のような形をした物が転がってきて、人の前まで来ると
人間の形になった。多くは子供が驚かされたという。
異獣
『北越雪譜』にある得体の知れない獣
あるちぢみ問屋が越後十日町から堀内に届け物のために山中を通り
弁当を広げていると、猿に似て頭の毛を背に長く垂らした大きな獣が現れた。
弁当の焼飯が欲しいそぶりをするので分け与えると
問屋の荷物を担いで手伝ってくれる様子。
やがて麓の池谷村に近づくと、荷物を置いて風のように去っていった
山稼ぎをする者はしばしばこの異獣を見たという。
磯餓鬼
伊豆諸島の利島でいう憑き物
餓鬼憑きの類。海岸にいるもので
是に憑かれると急に腹が減って倒れてしまう
芋などを腰篭に入れておけば憑かれないと言う。
イソガシ
熊本県八代市の松井家に伝わる『百鬼夜行絵巻』に描かれている妖怪。
特に解説はなく、名前と絵だけであるが、それだけでもどんな妖怪かが伺える。
磯天狗
愛知県、和歌山県、三重県地方で言う妖怪
愛知県佐久島、和歌山県須賀利では
磯辺で怪しい火を灯すと言う。
天狗と呼ばれるが『日本妖怪変化語集』によれば河童の一種だとある
磯姫
鹿児島県出水郡長島で言う妖怪
磯女の類。美しい女の姿で磯に居るもので、人間を見れば血を吸う。
磯姫の顔を見ただけでも死んでしまうという。
板の鬼
『今昔物語集』にあるもの
ある人に使える侍達が宿直の役に当たっている時
一枚の怪しい板が他の者が寝ている部屋に侵入した。
宿直の侍たちが怪しんでその部屋に行ってみると
寝ていた人は圧死していた、鬼が板に変化した者と言う。
一目連
三重県桑名で言う暴風の神
多度神社の摂社として祭られ、一目龍神又は多度権現と呼ばれている。
暴風神、雷雨神としての性質から、その出現時に
激烈なる暴風雨を伴うと、人々から恐れられていた。
一貫小僧
鳥取県と岡山県境に当たる高原で言う妖怪。
袈裟を着た小さな坊主で、手には数珠を持っている
登山者の前に経文を唱えながら現れ、言葉を一言交わすと消えてしまうと言う。
厳島三鬼坊
広島県宮島弥山に祀られている天狗で
密教系祈祷秘教『天狗経』にある全国代表48天狗の一人。
三鬼とは仏法で言う時眉鬼神、追帳鬼神、魔羅鬼神の事である。
一宇山のフシナシオタケ
徳島県三次郡谷山村で言う妖怪
一宇山に棲む狸で、人に取り憑いて病気の様にする。
飯綱三郎
長野県長野市飯綱山で言う天狗で
密教系祈祷秘教『天狗経』にある全国代表48天狗の一人
天狗の研究家知切光歳によれば
飯綱三郎は東日本の代表的な天狗で
眷属数や知名度においては富士山の富士太郎天狗をも凌ぐ者だとされている。
また、飯綱大権現を祀る長野市飯綱山を飯綱太郎
戸隠山を飯綱次郎、宮城県仙台の飯綱山を飯綱三郎とする説もある
一本ダタラ
和歌山県の県境を東西に連なる果無山脈を中心にした
紀伊半島の山中で言う妖怪。
果無山では一本足で目が皿の様な妖怪とし、12月の20日だけに
出現するので「果ての二十日」と言って厄日としている。
一本ダタラには色々言い伝えがあり
猪(猪笹王)が化けたと言う説もあれば、ゴーライと言う河童が山に入ると
カシャンボと言う山童の一種になると言われ
このカシャンボの事を一つダタラともいっている。
一つダタラは一つ目一本足の妖怪でよく山中で相撲を挑んでくると言う。
一本足
各地で言う妖怪
静岡県磐田郡川上の黒手の山では、降雪の翌日に
一つだけの足跡が或のを見る事があり
是を一本足と言う妖怪の仕業だとされている。
是は斧で片足を誤って切って死んだ樵の怨念だと言われている。
『遠野物語拾遺』には、貞任山には一つ目一本足の怪物が居て
狩人に退治されたと言う話が見える
こうした一本足の妖怪の多くは山中で言われるもので
山の神が一本足とであると言う事と関わりが或る物とされている。
以津真天
鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に描かれた妖怪で
【広有、いつまでいつまでと鳴きし怪鳥を射し事、太平記に委し】とある
健武元年(1334)の秋、紫辰殿の上に夜ともなると怪鳥が現れ
「いつまでも、いつまでも」と鳴いた
不吉に思った公卿達は、鵺を退治した源頼正にちなんで
弓の名手に退治させようと陰岐次郎左衛門広有が抜擢された
広有は鏑矢を放ち、見事怪鳥を射止めた。落ちた怪鳥を見ると
顔は人面で嘴は曲がり、鋸の様な歯が並んでいた
体は蛇の様で、両足には長く剣の様な鋭い爪があり
羽を伸ばすと4.8mもあったとある
イデモチ
熊本県球磨郡で言う妖怪。さかま淵と言う淵の主
腹に吸盤があるもので、人を取り殺すと言う。
淵の底に障子が立ててあり、その中に棲んでいるとも言う。
糸取り狢
山梨県北巨摩郡の鳳凰山に伝わる妖怪
ある猟師が南小室の山小屋に行くとそこに
糸取り車を回している怪しい老婆が居た。
怪しんだ猟師が老婆を撃つが、手ごたえはなく相変わらず糸取り車を回している。
そこで側にある行灯を撃つと、ギャッと言って古狢が飛び出したと言う。
糸引き娘
徳島県板野郡堀江村市場で言う妖怪。
美しい娘が糸引き車で糸を挽いているが
たちまち白髪の老婆となってからからと笑うと言う。
稲荷様
岡山県上道郡地方で言う妖怪。
稲荷と言っても鳥に似た姿をしており、山に棲むと言う
それが鳴くと村に凶事が起こると言う。
犬神
人に取り憑く犬の霊。
狐憑きの一種で、四国や九州の一部に伝わっている。
鼠や鼬の様な小動物の姿をしているが目には見えないと言われる
犬神は人間によって意図的に作られた邪悪な霊で
自分を祀る人間の意のままに動き、命令によって人に憑く
憑かれた人間は意味不明な言葉を口走り、四つん這いで歩いたりするという
犬神が家系に憑いた場合は、その家系は犬神筋と呼ばれる
この場合、その家系の者が犬神を祀りさえすれば
そのいえは富み栄えるという。
陰神刑部狸
愛媛県松山市で言う化け狸
伊予松山の狸の総大将で八百八匹もの眷族を従えた事から
八百八狸とも呼ばれる。松山城を乗っ取る計画を企てていたが失敗し
松山藩方の稲生武太夫によって、808匹の子分もろとも
洞窟に封じ込められた。その洞窟は、山口霊神として今でも
松山市久谷中組に残されている。
遺念火
沖縄に出現する怪火の一種。
遺念火は、駆け落ちや心中で死んだ男女の霊魂が変化したもので
必ず二つ一組で出現する。沖縄県那覇市の言い伝えでは
かつて首里の町に若い夫婦が住んでおり、妻は毎日豆腐を作って
町に売りに行っていた。ところがある時、悪漢に襲われ金城橋から
落ちて死んでしまい、是を知った夫もショックの余り橋から飛び降りて自殺した。
それ以来、辺りが暗くなった頃に橋の側に二つの炎が現れ
道の上を漂うようになったという。
猪笹王
奈良県吉野山中、特に吉野郡川上村伯母ヶ峰で言う妖怪
一本足、一本ダタラ、生笹ともいう。
昔、天ヶ瀬に射馬兵庫と言う猟師が居て、ある時伯母ヶ峰の奥深くで
背の上に笹の生えた大猪を打ち倒した。それから数日後
紀州湯の峰の温泉に足を痛めた野武士が湯治に来た。
自分の寝ている部屋は見るなという禁を破った宿の主人は
背中に熊笹の生えた怪物が座敷一杯になって寝ているのを見た
驚いた主人に怪物は
「自分は伯母ヶ峰に住む猪笹王だが、射馬兵庫と言う猟師に撃たれて
今は亡霊になってしまった。恨みを晴らしたいから
奴の鉄砲と犬をどうにかしてくれ」と言う。
猪笹王を恐れた土地の役人は、兵庫に鉄砲と犬を渡すように交渉した
しかし、兵庫は聞き入れず終にそのままになった。
やがて猪笹王の亡霊は一本足の鬼となり、伯母ヶ峰に現れては
旅人を襲うようになったので、東熊野街道は廃道同様になってしまったという。
茨木童子
酒呑童子の子分として知られる鬼
謡曲「茨木」では、羅城門で渡辺綱に腕を切られ
その腕を綱の伯母に化けて取り返しに来る鬼が
茨木童子だとされている。
また別の話だと、本来の茨木童子の話が大阪府茨木市に伝わっている
茨木のある農民夫婦の間に、髪は肩まで垂れて歯が生え揃った鬼子が生まれた
童子は鬼子の宿命で捨てられ、運良く床屋に拾われて育てられた
成長すると床屋の修行に励んだが、ある時誤って
客の頬を剃刀で切ってしまった。その血を拭って嘗めた所
とても美味しかったので、味を占めてわざと客の顔を切るようになり
とうとう本物の鬼になってしまったと言う
この後、京都に行って酒呑童子の子分になった等と伝わっている
イペカリオヤシ
アイヌに伝わる妖怪。イペ(食物)・カリ(ねだる)・オヤシ(お化け)と言う意味
マワ(飢えた)・オヤシ(お化け)ともいう。
山野で火を焚きながら、枯木の根元に座って弁当を食べていると
背後から手だけを出して食べ物をねだる
食べ物をやると切が無いので焼けた炭や、仕事で使う砥石を真っ赤に焼いて
手に乗せてやると「無いなら無いと、何故言ってくれないのですか?」
と叫んで逃げてしまうと言う。
イペタム
アイヌ語で人食い刀の事
イペ(食べる)・タム(刀)と言う意味
一度抜いたら血を見なければ治まらないと言う刀が
かつて胆振支庁勇払郡穂別町、二風谷付近の村にあったという
妖怪と言うより妖刀の類か。
イマモ
天草諸島下島で道行く人が妖怪の話などをしていると
突然「いまも」と大声を出して脅かす妖怪の一種
声は何時も一緒だが、人の話す話題によって出現する姿が違うので
本体がどんな姿なのか分らない。
もしも、道行く人が
「昔この辺りには、不意に血だらけになった人間の足が飛び出して来たりしたそうだ」
と話をしているなら、何処からか「いまも」と大声がして
後ろから血だらけになった人間の足が追いかけてくるのである。
イムバッコ
アイヌに伝わる妖怪。妖術を使う魔人
痘の神
痘瘡を流行らせる神。
痘瘡は疱瘡と同じく天然痘の事。
井守
古井戸を守る、小人の姿をした妖怪
福井県の湯尾で戦乱があり、死んだ武士たちの魂が井守になったと言う
偉い僧が武士の魂を弔うと、井守はたちまち死に絶えた。
否哉
鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』に描かれた妖怪。
後姿は若い女だが、水面に映った顔は婆か爺の様な姿が描かれる。
具体的にどの様な妖怪かは描いてはいない。
おそらくは石燕の創作妖怪かと思われる。
『東北怪談の旅』には、仙台城下に現れたイヤミと言う妖怪の話がある。
後姿は若い女だが、振り向くとしわくちゃの爺だったと言う内容だが
是は鳥山石燕の否哉をモデルにした創作、もしくは元々あった話に
否哉のイメージを重ねて脚色した話のようである。
入亀入道
『譚海』にあるもの。若狭の海で言う海坊主の一種
亀の形をしており、顔は人間で坊主頭をしている
是を目撃しただけで祟りがあるといわれ
是が網に掛かると、漁師達は祟りを受けないよう
亀入道に酒を飲ませ海に戻してやったと言う。
イワイセボ
アイヌに伝わる妖怪。
山に棲む大きな鬼の様な者で、鹿の様な叫び声を発する。
耳が長く、二、三尺(約60〜90cm)達すると言う。
イワは岩山、イセボは沙流川地方を中心に言う兎の事を言う言霊なので
イワイセボは岩山に棲む兎の妖怪もしくは
兎のような耳を持った妖怪といえる。
イワエッゥンナイ
アイヌに伝わる妖怪
山に棲む一つ目の化け物で、岩や木など
いかなる障害物も突き抜け、あるいは穴を穿って飛ぶといわれる。
イワオロペネレプ
アイヌ語で岩を破る者と言う意味
夜鳥の姿をしているが、岩を破壊するほどの力を持ち
その声を聞くと死んでしまうという。
イワサラウス
アイヌに伝わる妖怪。
大きな身体にはまったく毛が無く、6本の尾を有する悪獣
イワは岩、サラウスは尾のあるという意味だが、どのような妖怪かは不明
アラサラウスと同様、これも熊の化け物かもしれない。
岩魚坊主
福島県、東京と、岐阜県などの地方で言う妖怪
深山の川で毒を流して魚を取っていると、見知らぬ坊主が来て殺生を止めろと言う。
そこで食べ物をたくさん食べさせて体をよく帰らせ
再び毒流しで漁をしていると、大きな岩魚が浮かぶ
その腹を裂いてみると、先ほど坊主に食わせた食べ物がぎっしり詰まっていた
と言うのが大体の筋。魚族が人間に化けて毒流しを止めろと言う話は
岩魚に限らないようで、山女や鰻、沿岸地方では海水魚の鱈が人間に化けている
これらは魚の変化で、主に年の経た者が正体である事が多いようである。
イワホイヌ
アイヌに伝わる妖怪。
大きな山鼬の事で,大きな角と歯を有する
是に会うことは大変危険だと言う
イワポソインカラ
アイヌに伝わる妖怪。
イワとは岩石や、岸壁、岩山を意味するので
岩などを通して外を伺う妖怪と言う意味
人間に悪さをするという。
民話に出てくるこの妖怪の姿は、身体全体が目になった
複眼の大きな塊のような者らしい。
イワラサンベ
アイヌに伝わる妖怪。
山側に生える草を分けて下る者と言う意味
犬や狐のようで、色黒で耳が長く、二本歯があるという。
イワレクツゥシチロンヌップ
アイヌに伝わる妖怪。6つの鳴き声を持つ狐。
狐の鳴き声は時と場所によって忌み嫌われたと言う。
陰火
夜間、寂しい場所などで青白く光る火
『和漢三才図会』によれば、陽火は草木に触れると是を焼き
湿気によって弱まり、水によって消滅する。
陰火はその逆で、草木を焼かず、金石を流す
湿気によっていよいよ燃え、水をかけるとますます燃え盛り
天に至り物極まってやっと止むとある。
つまり陰火は水気が有ると良く燃えるとされ
雨のそぼ降る夜に現れるのはこの為だとされる。
因縁
長崎県福江市、南松浦郡地方で言う憑き物
人格的な霊、つまり人間の死霊や生霊、狐や河童
神仏などが人に取り付き、心身に異常を生じさせる
インネンに取り憑かれた場合は
ホウニンと呼ばれる呪術者に祓って貰うと言う。
インマーザァービ
沖縄で言う妖怪
夜間に海浜を過ぎる火と言う意味
下半身が真っ赤な姿で現れ、長髪を垂らしていると言う。
インマホ
鹿児島県奄美大島で言う妖怪
人の死ぬ直前に魂をとりに来ると言う。
インミャオ
鹿児島県奄美大島瀬戸内町花徳で言う妖怪
夜道であう山羊とも犬ともつかない耳の大きな動物で
歩くとパチャパチャと耳があたる音が聞こえると言う。
是に出会ったからといって、何か悪い事があるわけではない。
家鳴り
突然、家や家具などが揺れて人を驚かす現象
実体はなく、西洋のポルターガイストに似ている
江戸時代の怪談集『太平百物語』には
化け物屋敷と恐れられていた家へ肝試しに来た浪人たちが
夜中に家鳴りに遭遇した話がある。
恐れた浪人たちが知仙と言う僧を連れて行くと、またしても家が揺れたが
最も激しく揺れる所を僧が刀で突くと揺れが止まった
調べてみると床下に熊の墓があり、熊を殺した人間は
その崇りで死んでいたことが解った。
イクチ
茨城県の海に棲んでいたとされる長さ数kmの巨大な海蛇の一種
『譚海』と言う記述によるとイクチは、鳥山石燕の画集『今昔画図百鬼拾遺』
にあるアヤカシと同種の物らしく、船を見つけると近づいて来て
船を乗り越えていくのだと言う。イクチの身体からは大量の油が染み出して
船の中に溜まるので、汲み出さないと船が沈んでしまうのである。
アヤカシより小さいのか、その身体は数時間で船を乗り越えると言われる。
イシナゲンジョ
長崎県江ノ島沖で起こると言われる音の怪現象
海辺に出現する妖怪の磯女が起こす音だとも言う
フルソマや天狗倒しに類した現象で
漁師達が霧の深い夜などに漁をしていると
何処からか岩が崩れるような大音響が聞こえてくるのだと言う
どう考えても只事ではない音なので、翌日音がした方向に行く人が多く居るが
何かが起こった様子は何処にもない、これがイシナゲンジョである。
磯女
九州の沿岸近くによく出現し、奇妙な声で男を呼び止めると言う女の妖怪
長い髪をした女の上半身をしており、下半身ははっきりしないが全身が濡れている
絶世の美女である場合が多いが、呼び止められて近づくと
地面に届くような長い髪が纏わり付いてきて、血を吸われて死んでしまうといわれる
鹿児島県の磯女の場合は一目見ただけで病気になって死んでしまう
盆の期間と大晦日は特に磯女が出現しやすい時期だという。
磯撫で
西日本の近海に棲むとされる、魚の妖怪の一種
鮫に似ており、大きな尾鰭には無数の細かな針が付いている
船に近づくと、人間のいる方に尾鰭を振って、針で引っ掛けてさらうと言う
磯撫でと同種の妖怪が、鹿児島では影鰐と呼ばれている。
この地方では鰐は鮫の事を指すので、影鰐と磯撫では同じ姿だが
影鰐の場合は、海面に映った船乗りの影を狙って近づき
その影を飲み込むのである。しかも、影を飲み込まれた船乗りは
死んでしまうといわれている。
イッシャ
キジムナーに似た行動をする妖怪の一種。奄美諸島の徳之島に棲むと言われる。
子供のような姿で笠と蓑を身に付け、尻尾が立っている
その尻尾が玉蜀黍に似ているので、人間が玉蜀黍を尻に付けて振ってやると
こうしてイッシャと仲良くなり、一緒に漁に行くと際限なく魚が取れるという
しかし、取れた魚の片目をイッシャが食べてしまうので
取れた魚は皆片目になっていると言われる。
一反木綿
一反(約11m)ほどの長さの白い木綿の布の様な形をした妖怪
夜中に道を歩いている人がいると、何処からともなくひらひらと飛んできて
身体や首に巻きついてくる。鹿児島県高山地方では人を殺す事もあると言う。
どう見ても布のようで生き物には見えないが、ある侍が一反木綿に襲われて
とっさに刀で切り付けた所、その刀に血が残ったと言う話がある。
しかし、一反木綿はすぐに消えてしまい、捕まえる事は出来なかったと言う。
飯綱
人間に憑くと言われる妖獣で、狐憑きの一種
体長10cm位の鼬のような小動物だが、四本の足が互い違いに並んでおり
指は五本、手と足は人間に似ている。民間宗教家のような特殊な人間の
命令で動く物で、憑き物としては犬神や管狐ほど一般的ではないという。
人間に取り憑いた場合、その人は狂った様に何かを口走り
やたらと大食いになるが、水に溺れさせると飯綱は逃げるとされる
お金に憑くと勝手に増えるとも言われる。
飯綱系天狗
真言密教の茶吉尼天信仰と修験道が結びついて生れた天狗
烏天狗の姿で髪を逆立て、剣と宝珠を持ち、火炎を背景にして
脚に蛇が巻き付いた白狐に乗っている。火災から家を守る力があり
飯綱権現の名で信仰の対象になっている。
また、呪術の達人であって、人間に狐を操る力を伝授すると言われる
しかし、この術を授かった人間がそれを邪な目的に使う事も多いので
飯綱系天狗事態が悪いイメージで語られる事もある。


幻想妖魔旅館