飼育日誌14

16.2.1〜

 松観昭和 錦鯉のページ
新着情報

16.2.1 今日から2月、寒中であるが暖かい日
である。水温9℃は上りすぎではないだろうか。
大寒あたりから最低気温が1℃くらいに下がる予報

午後4時頃までは池底に固まっていて、日が蔭る頃
泳ぎだし壁を突付いているがまだまだ絶食が続く。

16.2.5 水温9℃、写真左中段の鳥取三色あけ3歳の白地に2番緋がかなり目立つので残念、墨が強く
緋も滑らかな紅で期待の星であったがこのような状態では処分の対象。

16.2.14 午後から春一番らしき南風が吹いて気温も16℃、水温は10℃まであがった。
普通の家屋は北風対策が出来ていると思うが、南は日当りをとるため遮るものが少なくてまともに風を受けて
埃や落葉を池に落し入れてしまう。寒い日などは居間からガラス越に池を眺めるのだが、今日は風で水面に
さざなみが立って鯉も見えない。、

16.2.17 ついに水温10℃まで上った。連日暖かくて鯉の泳ぎが活発で腹を空かせる事だろうが餌はまだ
やらない。もしも、餌をやるとしたら水温20℃、4月中旬頃になるだろう。5〜6年前までは麦をやわらかく煮て
ビタミンEなどを混ぜて餌付けをしたが、今では越冬用の餌を使って餌付けを行いずいぶん横着になった。

飼育日誌13へ

16.2.22 午後から春2番の強い南風で埃たっている。温度計は21℃、水温13℃まで上って鯉は餌を欲し
がって人影を見ると寄ってくる。2月の今頃は寒さのキビシイ時期と思うが、今年は例年と比べチョッと違う
ようだ。メス親の状態を観察しているが、腹の膨らみ具合がまだ小さく抱卵が進んでいないように思える。
あと3ヶ月後に産卵時期を迎えるので何とか抱卵して欲しいものだ。