ホーム

幸せになった子達

 

 ここに登場するのは皆、施設に収容され、殺処分される運命にあった子達です。
 健康診断と不妊去勢手術を済ませて、里子に出しています。
 里親に不妊去勢手術を任せると、してもらえない場合があります。また、手術することによって貰ってもらいやすくなります。

写真をクリックすると拡大して見られます

マル君

 おじさん顔だけどとても性格のいいマル君。仲の良いご夫婦に貰われました。

ケンタ君

 貰われてすぐに脱走。けれども迷子札のお陰で無事おうちに帰ることが出来ました。

アルエちゃん・コジロウ君

 アルエちゃんはちょっと風邪を引いてしまいましたが、ママが看病してくれてすぐ元気になりました。

恵真ちゃん

 小さい頃、汚れたような色でちょっと心配しましたが、今ではとてもきれいなレディになりました。

コタロウ君・ハンゾウ君

 目も見えないときにお母さんから離された二人。おとなになっても兄弟仲良くね。

ハル君

 マイペースな甘えん坊君。
 家族みんなが動物好きの、暖かい家庭に貰われて行きました。

ユメちゃん

 角膜炎を放置されていましたが、随分良くなりました。大人しく甘えん坊なので、とても大事にされています。

マリンちゃん

 一人になると寂しくて鳴いてしまいます。先住犬のポニーちゃんと仲良くなれるといいね。

さくらちゃん

 不妊手術の予約中に子宮蓄膿症が発覚。ですが無事手術も終え、今は甘〜いママにベッタリです。

パンちゃん

 フィラリアの末期で保護され皆心配しましたが、優しく腕のいい獣医さんに貰われました。

コテツ君

 普段は物静かですが、お散歩に行くと、元気で明るくなるコテツ君。

クルミちゃん・コテツ君

 愛らしいこの子達はとても仲良し。お陰で二匹一緒に貰われました。     

マロちゃん

 どんな事情があったのか、声帯を取られ声が出なかった子です。     

メイちゃん・テン君

 渋い色合いの女の子、メイちゃんと色の綺麗な男の子テン君。
 6匹兄弟のうちで一番早く巣立った子達です。
      

ラッキーちゃん

 今はご近所の人気メだそうで、やんちゃなおてんばさん。     

チョコちゃん

 姉妹の中で一番体が小さかった子。成長してもヤギさんのようにかわいい彼女の写真が送られてきました。    

ナナちゃん

 やはり子犬は強い。一日で姉妹全員お嫁入り。ナナちゃんもとても大切にされています。   

ジョイ君

 小ぶりで利口、人懐っこい彼は、何故か縁遠い子でした。

クレアちゃん

 姉妹の中で、何故か一人だけ色と大きさが違ったクレアちゃん。             

アコちゃん

 ほんの少し前まで人気NO.1だったダックスでさえ捨てられる時代。      

チョコ君

 前出のアコちゃんとは、ほぼ同時に見つけられ、警察に来たようです。                

レオ君

 とても人懐っこいチンチラシルバーの男の子。
 キャリーバッグに入れて捨てられていました。

ゴン太ちゃん

 名前はゴン太でも、れっきとした女の子。お父さんが歴代のワンコに、と決めている名前がゴン太なのだそうです。        

プーちゃん

 最初は毛がほとんどなくて、見るも哀れでした。が、なんと!新しい家庭に貰われてからどんどん生えてきました。 

モモちゃん

 可愛くて大人しく、誰にでも好かれるタイプの子(のはずが・・・)とても大切にされているのに、つい我がままが出てしまうこの頃。

ラッキー君

 外猫にありがちの、風邪で目をショボつかせた状態でした。
 紐遊びが大好きな子。
 

ムック君

 体が大きく、お年寄りでガンコ。 一時はどうなることかとハラハラしましたが、無事、親切な方に貰われました。    

ラブちゃん

 体にノミが数十匹。
 ボランティアトリマーさんのお陰でピカピカになりました。
    

フナッピーちゃん

 角膜炎のため、片目は失明。
 おとなしい子で、とても優しい里親さんに貰われました。

メグ

 管理人宅の子その2。
 前の飼い主が引越しするときに放棄されました。誰にでもなつく、気のイイ子です。

シズオ君

 背中に大きな腫瘍がありましたが、去勢と同時に除去。元気に貰われてゆきました。

ノア

 管理人宅の子です。
 殺処分される日の前日に保護しました。臆病な性格が治りません。


トップ ホーム