when your cat has a bad pooh猫のお腹の調子が悪いときには?

cat-bar.gif (2575 bytes)

poopie.jpg (3518 bytes)下痢は体の中から悪いものを急いで追い出す為の自己防衛です。健康であっても起こります。小さい子猫、弱った老猫は別として、健康な猫ならば下痢自体は危険ではありません。
ただ、下痢に伴う脱水症状は命取りになる恐れがあるので、飲み水はたっぷり与えます。

下痢には急性のものと、慢性の物があります。
急性の場合、食べてはいけないものを食べたり、ストレスによって起こります。猫ちゃんが急に下痢になったら、前の日に何を食べたか思い出してください。エサを変えませんでしたか?人間の食べ物をあげませんでしたか?慣れないものを食べていませんか?一昨日はどうでしょうか?同じブランドのエサでも、味が違うと中に入っているものも違うので、下痢になることがあります。

慢性の場合には、原因を見つけるまで治りません。寄生虫、腸炎、食べ物アレルギー、その他の病気が考えられますので獣医さんに行きましょう。

下痢にも心配のないものとそうでないものがあります。まずは、猫の状態を見てください。 獣医さんに直行するかどうかは、次のポイントで決められます。

元気が無い
食欲が無い
それ以外の症状、発熱、嘔吐、痙攣などがある
便に血が混じっている(お尻を拭くと分かりますよ)

下痢気味でも上にあてはまるものが無く、いつも通りに食欲もあり元気があれば、1、2日様子を見て大丈夫です。(食欲がない、元気がない、便に血が混じる、熱がある、いつもと様子が違う、これらの場合には急いで獣医さんへGO! 寄生虫でも下痢をするので、便のサンプルをお忘れなく)  

下痢の時には弱った消化器官を休めるためキャットフードはやめ、手作り食にします。我が家では病気を伴わない単なる下痢の場合には、チキンのささみとおかゆをミキサーで細かくペースト状にした物に乳酸菌 (下参考)を混ぜて与えます。消化が良いものは腸に優しいので下痢を止めます。
また、これは“カス”にならないので、ウンチになりません。下痢は止まったけれど、今度は便秘?!と焦らずに大丈夫です。
チビの場合、2日はおしっこだけで、3日目にウンチ。このときには下痢ではなく状態の良いものです。治ったと言う事です。

健康でもフードが変わると下痢をすることもあるので、もしもキャットフードを変える場合には、急に100%交換するのではなく、最初は新しいフードと今までのフードを1:9の割合で混ぜます。
2日目は新しいフードを2割に増やし、3日目は3割・・・10日間で新しいフードと全交換するようにしましょう。
新しく猫を迎えるのであれば、これまで何を食べていたか、それまでの飼い主さんに聞いてください。

環境の変化で下痢をすることも珍しくありません。水分をたっぷり上げて脱水症状にならないようにすれば、これは時間と共に良くなるはずです。

数日しても良くならない場合には獣医さんに連れて行きましょう。
検査の結果、病気、寄生虫でなければ、『環境の変化のせいです』『何ででしょうね〜?』と言われるだけです。
下痢止めをくれるだけでしょうが、下痢止めは解決にはならないので1週間しても治らないのでしたら、他に原因があるのではないでしょうか?猫を良く知っている獣医さんに相談してください。  

実は、キャットフードには猫の健康に良くないもが入っていることが多いんです。フードを変えたことによって下痢が治ることは珍しくありません。

チビは大腸炎で常に下痢でした。獣医さんに相談して薦められたフードに変えたり色々したけど効果無し。
とっても困っていた時に、先輩猫ママさんに乳酸菌が慢性下痢に良い事を教えてもらいました。
腸内の悪玉菌が増えると、下痢をします。乳酸菌はそれを善玉に変えてくれるんです。薬ではないので副作用も無いし、とにかく驚くほどに良く効きます。チビのお腹の調子は見る見る改善に向かって、完治。乳酸菌は今も常に常備しています。
もし、元気なのにお腹の弱い子がいたら、これは絶対にお勧めです。

クリックしてね このサイトを参考にするといいですよ

go to HOME