避妊手術までの記録
性格がよくて骨格もあるコに巡り会えたので(親ばかですが・・・)、
どうしてもシャラの子供が欲しいと思い、いろいろよ〜く検討して探した結果、
地域的な問題もありまして、断念しました。
そこで避妊手術を受けることとなり、2001/4/28手術しました。

この後の日記はこちらにまとめました。

  • いつ?
    インターネットの中をグルグルと回って調べると、
    普通、生理が終わって2ヵ月はおっぱいが大きくて、
    これが終わらないとだめなんだってわかった。
    シャラの場合、生理が終わったのが、1/23。
    となると・・・
    そろそろおっぱいも小さくなるころだぁ。
    そういえばだいぶ小さくなったような・・・。
    次の生理がくる1ヶ月前には、準備が始まるらしいから、その前にやらなくちゃ。
    次の生理はたぶん 7/末。
    6月の末までには完璧に終わってないとダメか?
    そろそろ準備はじめなきゃ・・・


  • どこで?
    1月のはじめ、初めて行った L動物病院は若い男の先生だった。
    親身に話も聞くし、雰囲気もよさそう。綺麗な病院だし。
    痩せないと麻酔の量が増えるから高くなりますよと言われた。
    確かあの時は、まだ幼犬用フードで、ムクムクと太ってたからなぁ。
    あれから何キロ痩せたかな?




  • 今月末に決行!
    この間の日記を書いてから、急速におっぱいが小さくなった。
    あと1.2週間でベストな状態かも。
    GW前に終わらせてしてまおうと思う。
    ところでその前に病院に行ったほうがいいのかなぁ。
    電話してみようっと・・・




  • 病院に予約!
    今日家族会議を開いて、4/28くらいだったら
    行けそうということで 病院に電話してみた。
    前もって病院に行かなくても、
    予約さえすれば直接その日に来ていいんだって。
    お昼までに連れて行けば、12〜4時までの間に終わらせるとのこと。
    この日でいちおう予約OK。
    予約したら、少し実感がわいてきた・・・。




  • 不安
    昨日ひととおり注意事項とか先生に聞いたのだか、
    ひとつ不安なことがある。
    前日の夜中の12時以降は絶食ということ。
    もちろん前日の夜は普通どおり食べるとして、問題は手術当日の朝だ。
    ものすごい食い気のあるシャラ。いったいそんなこと出来るのかなあ。

    よく鼻息を感じて目をあけるとシャラがドアップでいることがよくある。
    朝の5時!きっと私たちが寝返り打つたびに見てるのだろう。
    もちろんこのコの頭の中は、「朝おきる=ご飯」 なのである。
    起きて、大小をベランダでして、慌ててうちに入り、ソファの定位置に座り、
    「ヒィィーッ〜〜」と切ない声で、もらえるまで鳴いてる。
    夜もこんなかんじで、お散歩が終わったら「早く家に入れてくれ」
    と言わんばかりにベランダのドアの前で「ヒィーッ」。
    こんな調子だから、ご飯は「つゆだく」にしないと、
    のどつまりしそうになる。
    そのくらい急いでカブカブ食べる。女の子?って感じ。

    ご飯命のこのコに、朝を抜くということは耐えられるのだろうか。
    すごい不安・・・。




  • あと5日!
    いよいよ今週かぁ。
    しばらくお友達のシェリーちゃんとも遊べなくなるなぁ。
    近々遊んでもらわなきゃ。
    病院に持っていくものとか聞いたが、何もいりませんとのこと。
    「ケージに敷くもの持ってっていいですか」とも聞くと、
    「こちらで用意してますのでいらないですよ」。
    シャラは枕がないと寝れないのにぃ!
    麻酔が効いてて枕どころでないのかな〜


  • あと2日!
    2001.4.26 今日はシャンプーしておこうと思う。
    手術したらしばらく入れないしね。
    クレートトレーニングも日頃からしておいてほんと良かった。
    こういう時に役に立つもんなんだとつくづく思う。
    でもクレートでずっと寝ることはあまりないんだけど、大丈夫かな?


  • いよいよ明日。
    2001.4.27
    昨日は予定通りシャンプーも完了。
    風邪をひかないように、いつもより丹念に
    ペットタオルでゴシゴシ水分をふきとった。疲れた(+_+)
    今日は多めにお散歩しよぉっと。あ〜緊張してきた・・・。




  • 本日午後手術!
    2001.4.28 今日は手術の日。
    いつもどおり朝ウンチをしてその後はご飯のはずが、
    なかなか家の中にいれてもらえず、
    1時間位「ひぃーひぃー」とないてた。 かわいそうだが、ガマンガマン・・・。
    そして病院へ。診察室で体重をはかり、
    サッサとケージに入れられてしまった。
    手術の同意書にサインして宜しくお願いしますと
    深々と頭を下げてお願いし、病院を後にする。
    そして夕方電話すると、無事終わったとのこと。
    よかった〜。
    私たちが行くと興奮して立ち上がってしまうということなので、
    行くのは遠慮した。
    先生も出来れば来ない方が、興奮しないし、
    傷口が開かないのでいいとのこと。
    朝一で迎えに行くことにした。
    シャラ、だいじょうぶ〜〜??
    今ここにいないのが寂しいよぉぉ。


  • 無事ご帰宅。
    2001.4.29
    ヨレヨレッと病院から出てきたシャラ。
    ステンレス製の糸で縫ってあり、剃刀負けしてるおなか。痛そう。
    エリザベスカラーはしなくても舐めないコなのでいらないとのこと。
    うちに帰ってきても痛そうにゆっくり歩き、すぐに寝てしまった。
    朝ごはんをあげていいとのことで、少しだけ食べさせたが、
    一時間ほどで全部戻してしまった。
    その後ちょっとだけウンチをして、ちょっとだけオシッコして、
    水をぺロッとなめて、またねた。
    寝返り打つのが痛いのか、なんなのか、
    時々、「うーん」と唸った様に鳴く。 大丈夫なのかなぁ。
    かわいそうで、痛そうで、私もすっかり具合悪くなってしまった。
    痛い写真が見たい方はこちらからどうぞ。



続きはこちらです。これからが大変でした・・・引き続きご覧下さい・・・
2001/4/30から5/末までの日記はこちらです。


2001.4/29病院から帰ってきてから、枕に顔をうずめて寝てるシャラ






ここをクリックしてtopへ戻ってね
Copyright(c) 2001. yellow house shara-mama. All Rights Reserved.