・淡水シタビラメ(別名:パンタナル淡水ヒラメ)
 学名:Achirus sp.?(詳細不明)
 分布:南米(主にアマゾン上流域)

南米淡水シタビラメ。日本近海にいる
ササウシノシタにかなり似ている。
一般的な南米淡水カレイ(左2匹)との比較。
かなり特異な形をしている。

 アマゾン上流域(ペルー)およびパンタナルに生息するシタビラメ型の淡水カレイ。眼は右側にあり、非常に小さくて間隔は狭い。有眼側無眼側ともに胸鰭がない。尾鰭はヤリ形。体は細長くて大変肉厚である。口および頭部周辺には細かい毛状の突起がある。動きは緩慢だが、捕食は極めて素早く行う。餌は生き餌を好み、強い魚食性を示す。飼育方法は A. errans に準ずる。日本への輸入はほとんどないようである。最大で 30 cm を超えてかなり大型になる。なお、本種は形態的にササウシノシタ科のものに非常によく似ており、南米淡水カレイが属するアキルス科に入れるのに疑問が残るが、南米大陸にササウシノシタ科の魚がいることが確認されていないので、アキルス科として記載しておく。

(飼育のコツ一口メモ)
 アマゾン川上流でのみ生息が確認されているが、日本への輸入がほとんど見られないことから、生息数が少ないか、あるいは生息地域がかなり狭い可能性が考えられる。しかし純淡水で長期飼育ができることが十分予想されることから、もし輸入されれば A. errans 同様、かなり人気が出ると思われる。