・淡水シタビラメ(縞模様タイプ)(別名:ロングボディーヒラメ)
 学名:Cynoglossus punticeps
 分布:インド〜東南アジア・オセアニア

punticeps.jpg
縞模様が特徴的なシタビラメ。

 眼は左側にあり、非常に小さく間隔は狭い。有眼側無眼側とも胸鰭はない。体は非常に細長くて大変薄い。動きは比較的素早く、底や壁面を滑るように泳ぐ。口は小さく著しく曲がっていて、吻は Cynoglossus 属のものとしては比較的短い。体色はくすんだ金色の地に太い黒褐色の縞模様がある。また、この種は前述の 2 種と混ざって輸入されることはなく、輸入量も多くないようである。飼育方法は上記の種に準ずるが、汽水域にも分布することから、状態が思わしくない場合は若干の塩分(海水:淡水 = 1 : 5 〜 1 : 4 )を加えた方が良い。最大で 30 cm 程になるが、飼育下では 10 cm 程。

(飼育のコツ一口メモ)
 淡水でも長期飼育が可能だが、突然死をまねく恐れもあるので、薄い汽水飼育が無難。トリートメントや事故対策など、全て C. feldmanni に準ずる。縞模様が魅力的な種類だが、最近はほとんど輸入されないのが残念。