アジサイ科Hydrangeaceaeと

アジサイ属Hydrangea:日本

  ヤマアジサイTopへ戻る 
  日本産の主な野生種アジサイ科とアジサイ属:世界染色体数

アジサイ科について、手元の資料などを参考にまとめてみました。専門家ではないので誤りもあると思います。お気づきの節はご連絡いただけるとありがたいです。

アジサイ科 Hydrangeaceae

アジサイの仲間は、従来広く使われてきた、「エングラーの分類体系」では、ユキノシタ科に属しています。
しかし、最近の研究を幅広く取り入れた、「クロンキスト(1988年)の分類体系」では、ユキノシタ科からアジサイ科を分離独立させています。この考えへの支持が広がっているようです。

「クロンキストの分類体系」のユキノシタ科は、主に草本類からなり、
一方、アジサイ科は主に木本類で構成されています。

アジサイ科の植物は、世界に約16属200種が分布するといいます。

アジサイ科の植物は、世界に広く分布し類似の種類も多く、変異の幅の広い種もあり、分類は現在も完成したものはありません。アジサイ科の範囲、種・変種・亜種・ホームなどのとらえ方は、専門家の間でも意見の違いがあるようです。

このサイトでも、他のページと異なった書き方の所があると思います。未調整で申し訳ありません。ここでは手元の資料を総合的に判断しまとめてみました。

日本産アジサイ科植物

日本産のアジサイ科植物は、アジサイ族とバイカウツギ族の2族に大別されています。それぞれの族に含まれる日本産の主なおよびは、次の表のようになります。

アジサイ族のうち、アジサイ属は多くの種を含むみますが、アジサイ属以外の属は小さな属で日本産の植物は1種ずつしか含まれていません。

アジサイ科 Hydrangeaceae
1,アジサイ族  主な種 
a,イワガラミ属
イワガラミ
b,バイカアマチャ属
バイカアマチャ
c,シマユキカズラ属
シマユキカズラ
d,アジサイ属 Hydrangea
ガクアジサイ、ヤマアジサイ、タマアジサイ、ノリウツギ、ツルアジサイ、ガクウツギ、コガクウツギなど多数
e,ギンバイソウ属
ギンバイソウ:草本
f,クサアジサイ属
クサアジサイ:草本
     
2,バイカウツギ族   
a,バイカウツギ属
バイカウツギなど
b,ウツギ属
ウツギ、マルバウツギ、ヒメウツギ等
c,キレンゲショウマ属
キレンゲショウマ:草本

アジサイ属 Hydrangea

アジサイ属は日本にも多くの種が分布していますが、世界ではアジアから北米・中米・南米太平洋諸島にかけてさらに多くの種が分布しています。
*ヨーロッパ・アフリカ・オーストラリアには分布しないようです。
*近縁のBroussaisia属がハワイに分布している。

アジサイ属は世界に広く分布し、多くの種を含むので、
Michael Haworth Booth(英)の「The Hydrangeas」によると、形態や分布域の違いなどにより、3っつの節やさらに亜節に区分されています。*

日本産アジサイ属植物

アジサイ属はさらに、以下のような節、亜節に分類されています。日本産の種は次のような位置づけになります。

●アジサイ属 Hydrangea
1,アジサイ節  主な種 
A,アメリカナ亜節
日本に分布する種はない。北米大陸東部に分布。日本産のヤハズアジサイをここに含める考えもある。
B,アジサイ亜節
ガクアジサイ、ヤマアジサイ、エゾアジサイ、ガクウツギ、コガクウツギ、コアジサイ等、
C,ノリウツギ亜節
ノリウツギ
D,タマアジサイ亜節
タマアジサイ、
2,ツルアジサイ節 ツルアジサイ
3,コルニディア節 日本に分布する種はない。メキシコ以南の米大陸、フィリピン、台湾、太平洋諸島に分布する。
A,モノセギア亜節  
  
B,ポリセギア亜節
  

 

<<アジサイ分類の新しい試み>>遺伝子DNAの解析

<<種間雑種作成の取り組み>>新たな園芸植物への挑戦 

*印の項は雑誌「新花卉」第109号の特集記事「外国におけるアジサイ類:横井政人著」からの引用です。

       

メールの宛先

kayo-ese@seaple.icc.ne.jp