注文フォーム
始めたきっかけ

<震災の犬猫、動物達>

平成7年の阪神淡路大震災の5ヶ月後、あるTVニュースを見た。現地で動物ボランティアさんがケージに入った小さな犬の飼い主さんを捜していた。その子は白いマルチーズ。ガタガタと籠が揺れるくらいに震えてる。

  『この子はあれ以来ずっとこの震えが止まらないんです。
  家族の方が早く引き取ってくれないと可哀想。この子以外にも
  突然のショックに同じく今だ震えが止まらない子が沢山います。
  何方にお戻ししたらいいかわかりません。』

なんという恐怖を味わったのでしょう。人間でさえ突然の自然の脅威の前に我を失った。動物だって同じこと。もし名札さえ付いていたら、ボランティアさんが家の前までお連れした事でしょう。 自宅で大事にされている子は名札はいらない、なんて嘘。家族から離れた事のない子ほど、こんな時には恐怖は倍増します。

<交通事故の新聞記事>

家族で旅行中、高速道路で交通事故に遭いました。ぶつかった時に犬が逃げ出しました。思いもよらない事で名札は付いていません。柴風の8キロ位のオス犬を○○あたりで見かけませんでしたか。家族同様大事な子です。捜しています。どうかお知らせ下さい・・・。』

<夜中の雷> 

三日前から老犬が交通量の多い道を引かれそうになって尻尾を下げて歩いていた。そのうち家に帰ると思っていたが、さすが四日目に保護した。大きな20キロ位の雑種、赤い首輪におばあちゃんが持つようなお守り鈴、右目の上におでき。警察に電話したら飼い主さんらしき人のTELがわかった。『名前はチビ、赤い首輪はしてるがお守りは付けていない、おできは左目の上、おまけにオス』微妙に違う特徴だがとりあえず犬に会ってもらう。しょぼくれていた犬は目を輝かせてシッポをしっかり振って帰って行った。お守り鈴は私と同じように心配したおばあちゃんが、無事に帰れますようにと付けてくれたのでしょう。この子は夜中の雷で鍵を開けて逃げたらしい。

<多頭の黒猫達>

黒猫が多くて薬をあげる時にわからなくなる。通し番号がほしい。

<名札付けをあきらめた皆さんの声>

ペンで書き込んだ文字が消えていく。プラスチックは割れる。何度付けても壊れる。落として無くなる。市販は値段が高い。沢山多頭飼いで全頭に付ける費用はない。ets・・。

私達はもう10年以上前から実用的な迷子名札を捜していた。名札は
小さな事だが緊急時には必需品だと思ってます。皆がすっと付ける事が
できる名札が世間にないなら自分で作ろうと考えた。ほんの少しだが、
小さな命が救われるようにお手伝いできればと願っています。

<保護のためらい>

走っていた犬を見たが、捕まえても飼い主が見つからないと困るのでそのままにした。名札が付いている事がわかったらつかまえたのに・・。

<泥棒と猫>

泥棒が屋根を伝わって入った。窓を開け放して逃げていったが、我家の猫は外に出たことがないので、窓から猫が逃げ出してはないかと物を盗まれた事より心配した。完全室内飼いだから首輪も、もちろん名札などしていない。どうしても嫌がる我儘猫に首輪と名札を付ける工夫をしたい。


TOP
タグ サンプル写真

災害時に登録済で名札が付いていると避難所に
  動物も一緒に非難できる地域もあります。

付け方の工夫
リンク
送って頂いた可愛い子のフォト
ペットのための防災
ペットのための防災

Vol. 1を是非お読み下さい

最近、災害や地震が多いです。
その時私は、犬は抱きかかえるだけで精一杯、
猫は追いつけませんでした。
皆さんは如何ですか。ご不在に備え名札を付けましょう。
急ピッチで作ってます。2014・1月



ちなみに