ふぇれず お住まい ごはん 飼育費用 BODY キリ番 宝 物 肉球☆友の会
同 盟 リンク 闘病日記 成長日記 事件簿 ダイエット 臭腺手術  
掲示板 TOPへ            

マーシャルフェレット、ぐらの8ヶ月に及ぶ臭腺との戦いの記録。
手術はしっかりされていると言われているマーシャルだけど、
マレに取り残しがあるようです。

《注意》 術後の痛々しい写真がありますので、苦手な方はご覧にならないで下さい。

腫れ発見!

















結構大きなシコリ
プックリ腫れている
*** 2004.5月 ***
5/7
ぐらの肛門の左側に2×1.5cmほどの腫れを発見。
炎症しているようで、ポンポンに腫れている。
触っても痛がらないが、ここ数日あまり元気がなかったのはこれのせいなのかも。
食欲はあるが、いつから腫れていたのかは分からない。

5/8
ぐらを病院へ。
臭腺に膿が溜まっているようで、もう少しで破裂するところだったと言われた。
切開して膿を出すことに。たくさんの膿と血が出た。
一週間分の抗生物質をもらい、帰宅。
数時間は出血が止まらなかったが、傷口を気にすることもなく、ちゃんとご飯を食べ、お薬もちゃんと飲んでくれた。
この腫れは単発のもので、これでよくなるものと思っていたがこれがぐらの臭腺との長い戦いの始まりだったのだ・・・。

5/13
切開した傷口も良くなってきて、コリコリも小さくなってきたと思ったら、今度は肛門の右側にもコリコリが!

5/15
薬だけもらいに病院へ。

5/21
また大きくなってしまった左側を再び切開して膿を出してもらう。
前回の乳白色の膿とは違い、緑っぽい膿が出た。
緑膿菌といい、しつこいモノらしい。
なので、傷口に直接抗生物質を入れる。
普段声を滅多に出さないぐらがグゥ〜と鳴く。
飲み薬を続けて、また一週間後に病院。

5/28
炎症は治まってきているようだ。あと一週間薬を飲ませることに。
体からこんなに膿が出るなんて・・・他の病気なんじゃ??と聞いてみたが可能性はないそうだ。
とりあえず薬で抑えて、何度も再発するようなら手術を考えることになる。

「オシリが腫れるとダルくなるんだ・・・。」
*** 2004.6月 ***
6/8
ぐらのケージ内でのトイレ外しが始まった。
オシリの腫れが大きくなってるような、なっていないような・・・。
オシリに違和感があるとトイレを外すみたい。

6/10
右側がまた腫れている。

6/12
病院へ。
切開するほどは腫れていないので、2週間分の薬をもらう。
腫れが気になるようで、よく舐めているので汁が出ていた。
梅雨時の今は手術に適さないようで、するなら秋以降がいいと言われる。手術・・・どうしよう。

6/12
右側の腫れが破れ、膿が出ている。
納豆のようなクッサイにおいがする。
でも膿が出たせいか腫れは少し小さくなった。

ダルダルゥ〜。
*** 2004.9月 ***
9/4
またまたプックリと腫れてきたので病院へ。
7月8月は少し大きくなっても自然と小さくなってたのになぁ。
抗生物質を2週間分もらう。

「食欲はあるよ。もっとちょーだい♪」
*** 2004.10月 ***
10/17
また腫れてきた。異物感があるようで、トイレで踏ん張っても何も出ず。
粗相の数が増えてきた。
ということで病院に行き、抗生物質を2週間分もらう。

10/20
また舐めて破ったらしく、汁が出ていた。
膿が見えていたので、軽く押して出してあげる。ニュゥ〜っと緑膿が出た。

10/25
さすがしつこい緑膿菌!膿を出してもあまり腫れは小さくならない。毎日のようにケージ内で粗相をする。
かといって、病院に行くほど大きくはないんだよなぁ。

「薬をやめるとすぐに腫れちゃうんだ・・・」
*** 2004.11月 ***
11/10
また腫れてきている。腫れの中心が赤くなって炎症を起こしているようだ。

11/13
病院へ。
薬をやめるとすぐに腫れが復活してしまう。腫れるまでの間隔が短くなってきているので、手術の話が出る。
簡単な手術ではないようで、関東の知り合いの先生を紹介することもできるって言われたけど、それってぐらの負担になならないかな。
今の先生にやってもらえれば一番いいんだろうけど。

「手術までにたくさん食べて、
体力つけなくちゃ!」












12/29のぐら。
トイレ以外はずっと寝てる。












内出血して桃みたい。











ケージの掃除の間に少しお散歩。
ちょっと元気になってきた。


*** 2004.12月 ***
12/4
少し腫れ気味なので、薬だけもらいに病院へ。

いろいろ考えたのだが、今までの経過を知っている今の先生に手術をお願いすることにした。

12/28
とうとうぐらの手術。
お昼前に預けに行って、夕方にお迎えに行く。
予定では左右両方取るはずだったが、右側は触診しても全然分からない大きさになっていたので、左側だけの手術になった。
手術時間は1時間半くらい。癒着がひどくて大変だったらしい。(通常の臭腺除去だと両方で1時間半くらい)
切り取ったモノを見せてもらう。ポップコーン大くらいの肉片で、切って中身を見せてもらうと、たくさんの膿が詰まっていた。
あの小さな体からこんなに肉を切り取ったんだから、かなりの負担になっただろう。
その後、やっとぐらと対面。
キャリーの中でエリザベスカラーを付けられて、力なく横たわっている。
麻酔から覚めたばかりだからボーっとしているせいもあるが、明らかに顔に覇気がない。
傷口の周りは内出血していて、とても痛々しい。肉を切り取った部分は空洞になっているのでブヨブヨしているし、出血もまだ止まっていない。
他のフェレ飼いさんが公開している臭腺除去後の写真と明らかに違う。そういう傷痕を想像していた私には、何でこんなにヒドイ手術痕なの??とちょっとショックだった。
あまりの痛々しさに手術なんかしない方が良かったのか・・・なんてちょっと考えてしまう。

家に連れて帰り、別居用の小ケージに移して寝かせる。
当然ハンモには乗れないので、床の半分はトイレ、残りは寝袋を敷き詰める。潜れないので寒いだろうから、エアコンは24時間稼動。
夜には少し顔つきがしっかりして、ドロドロご飯をシリンジで食べる。
甘えなのかカリカリは食べたがらない。
カラーがかなり嫌なようで、外そうともがいている。ストレスにならなきゃいいけど。今日は注射などをしたので薬は明日から。今までと同じ抗生物質だそうだ。

12/29
朝は少しカリカリを食べてくれる。
カラーを付けているせいで、自分で水も飲めないし、ご飯も食べられない。
常にぐらに気を配り、喉は渇いていないか?お腹は空いていないか?寒くはないか?などと鬱陶しいくらいに世話を焼く私。
いつも我が家ではトイレにはおから砂を使っているのでぐらのトイレにも最初は砂を設置。だけどカラーを付けているせいでトイレに入るとき、ブルトーザーのように砂もうんちも全てすくってしまうのだ。いたずらする元気もないだろうと思い、シーツに変更する。これなら、オシリに砂もくっつかなくていい感じ。
トイレするたびに、痛そうに悲鳴をあげたりすることはないが、力を入れると血がにじむ。見ているとこっちが顔を歪めてしまう。
昨日言われた通り、内出血がお腹辺りまで広がり、足とシッポを除く下半身が全部紫色になってしまった。見た目が昨日よりも痛々しい。
出血のせいで貧血なのか顔色が悪い。鼻も耳も真っ白だ。
顔色は悪いが、ケージの扉を開けると出ようとする。元気はまぁまぁあるようだ。
出血とウンチですぐに寝床が汚れてしまう。一日に寝袋を3〜4回交換する。

12/30
経過報告に病院へ。
内出血はひどいけど、腫れは引いてきているそうだ。術後2日目にしてはいい感じらしい。でも私にはよく分からない。
出血量はさほど多くなく、ご飯をしっかり食べていれば貧血に対して特に処置は必要ないと言われる。
オシリにうんちがついていたので拭いてもらう。オシリが気持ち悪いのかウンチの回数がとても多く、少しずつ何回もする。

12/31
朝、ぐらがケージ内で暴れる音で目が覚める。小さなケージにずっと入っているのが気に入らないらしい。
少し放牧してあげるが、カラーが引っかかってうまく歩けない。オシリからまだ浸出液が出ているので、あちこち汚しながらお散歩する。
うまく動けないのが不満で10分ほどでフテ寝。
内出血が少し薄くなってきている。

肛門と傷口の間が破れちゃった・・・。



オシリに入れる軟膏。
何種類かブレンド(?)されてるみたい。




1/11 傷口がだいぶ綺麗になってきた。


お手製のカラー付きハーネス。


カラー生活にもすっかり慣れたご様子。
というか諦めてる??



時にはこんなにリラックスした姿も見せるように・・・。


1/16 カサブタが取れるまでもう少し!!



カラー付きハーネス装着のため
しっぽボ〜ン!



1/20 とうとうカラーを外す。
久々の毛繕い〜♪

*** 2005.1月 ***
1/2
お腹まで広がっていた内出血がほとんど消えた。
こんなに早く消えるものなのか・・・私なんて一回内出血したらなかなか消えないのに<歳のせいか・・・。動物の回復力ってすごいな。
術後はどうなることかと思ったが、1日3〜4回シリンジでご飯を食べ、ケージから出たがり、動きにくいながらもウロウロする。
ただ、おしっこの色が少し変なので、先生に電話で確認する。
シーツだと分からないが、砂にすると緑っぽい感じになるのだ。
大きな手術だったので、筋肉の色素が出てきている可能性があるとのこと。食欲があり、ちゃんと排泄していれば特に心配はいらないそうだ。
その後、数日で普通の色に戻った。

1/4
病院へ。
オシリについたウンチとカサブタを取ってもらう。
傷口と肛門の間の皮膚が何度も腫れを繰り返していた為に薄く脆くなっていて、そこが敗れてしまっていたようだ。
中からは治ろうとして肉が盛り上がってきている。
これからは1日1回オシリをぬるま湯で洗い、破れてしまった穴に軟膏を入れることになった。肉が再生するのを助けるお薬なんだって。

洗ってあげると、お湯が真っ黒に。スッキリしたところで、薬をチュゥっと入れる。しみるようで、大暴れ。

1/6
体を掻くなど、後ろ足を使う回数が増える。
カラーに慣れてきたのもあるだろうけど、動きが早くなってきた。

1/7
お湯で洗ってふやけている時にカサブタを取る。傷跡はだいぶ綺麗になってきている。あとは肉が盛り上がってくるのを待つだけだ。
ウンチの後と洗った後は多少浸出液が出るが、出血は止まったので寝床の交換回数が減った。

1/9
ぐらが頻繁に耳を痒がっているので見てみると、外耳炎を起こしたときみたいに真っ黒黒。
ストレスで外耳炎再発??できる範囲で耳掃除をして、ドルバロンを入れてあげる。

1/12
カラーが外れないように多少キツメに絞めてあるので首が赤くなっている。ちょっと太ったせいもあり、最初は回すことができたカラーが回らない。
多少ゆるくても外せないようにカラーをハーネスに縫い付けて装着させてみた。新カラーを作っている間は、ずっと毛繕いをしていた。オシリはあまり舐めたりしない。
せっかくカラーを外しているのだからと耳掃除もする。おもしろいほど耳垢が取れた。仕上げにドルバロン。
ハーネスに付けたカラーは首は楽になっても、鬱陶しさが増すのか移動がほとんど匍匐前進で、シッポがボ〜ンになっている。
ぐら、もう少しの辛抱だよ。
最近は大ケージの一番下のハンモに自分で上って寝ていることがある。
小ケージだと出せ出せと暴れることが多いし、ぱるもひなもぐらの傷を舐めたりしないようなので、ぐらも大ケージにて同居させてみる。
やっぱり落ち着くようで、おとなしい。
ぐらが同居するならトイレ砂はやめてシーツにしないといけない。
トイレにシーツを固定して、その上にウンチをひとつ置いてみる・・・意外にも誰もイタズラしない。たまにガリガリしてめくったりはするけど、大丈夫みたい。

1/16
薬がなくなるので病院へ。
飲み薬も軟膏も終了〜♪オシリが汚れたときだけぬるま湯で洗うくらいでOKになった。
ただ少しだけカサブタが残っているので、カラーはまだ外せないんだって。
カサブタが取れたら外してもいいと許可をもらい通院は終了した。
あと1週間くらいかなぁ。
ウンチが細いのが気になるが、今は治ろうと肉が盛り上がろうとして直腸を圧迫しているのと、縫合した糸がつっぱっているせいだろうとのこと。
肉が完全に再生し、糸がとけたら普通の太さに戻るので心配はいらないそうだ。

1/17
おお!カサブタの端っこがめくれてきた!

1/18
カサブタがさらにめくれてきたので、引っ張ったら取れた。
糸が少しピンピン出てるけど、傷痕はきれい。少し汚れていたのでお湯で洗ってあげる。
カラー外してもいいかなぁ・・・もう少し待ってみよう。

1/20
とうとうカラーを外す。
必死になって毛繕いをしている。でもオシリは舐めていない。
ずっと潜れなかったトンネルや毛布に潜ってとても嬉しそう。
カラーが当たっていた首のところがグルッと一周赤くなって少しかぶれているが、すぐに良くなるだろう。
体を蒸しタオルで拭いてあげたら、カラーのせいで逆立ってた頭の毛も綺麗になった。
カラーを外したぐらはなんだかすごくかっこ良く見える。
活動時間はまだ短いけど、自分でちゃんとご飯も食べるしとても元気。
ぐら、よく頑張ったね。
どうか、再発しませんように・・・。

1/21 もうほとんど綺麗。
あとは糸がとけて、毛が生えてくるのを
待つだけだね^^
*** 追記 ***
ぐらをお迎えした時に国際フェレット協会に登録しなかったのだが、しておけば良かったな〜とちょっと後悔した。
なにやらマーシャルは臭腺の手術に関しては保障があるらしい。
一応、フェレット協会に電話をして確認してみたが、やはり未登録で3年も経っているから保障は受けられないと言われてしまった。
何があるかわからないから、登録はしておいた方がいいのかも・・・。
今更だけど、ぐらも会員になりました^^;


【 臭腺治療費 】
*** 04.12.28 手術費 ***  
再診料 600
入院料 0.5日 1,500
皮下注射 1,200
皮下輸液 1,200
エリザベスカラー 800
内用薬(抗生物質) 7日分 1,400
全身吸入麻酔 90分 12,800
左肛門腺全摘出 20,000
合成吸収糸他、手術消耗品 2,500
消費税 2,100
手術費合計 44,100
04.05.08〜05.1.16までの薬代など 29,510
臭腺治療費総合計 73,610

ふぇれず お住まい ごはん 飼育費用 BODY キリ番 宝 物 肉球☆友の会
同 盟 リンク 闘病日記 成長日記 事件簿 ダイエット 臭腺手術  
掲示板 TOPへ