新設サイトでのアドバイザー募集です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

こんなヒナが地面でボーっとしていたら........ 助けてあげたくなりますが....... それは“誤認救護”になってしまいます。 このヒナがどうして地面にいたのか 巣立ちヒナについて(必読) 保護したヒナが元気で左の画像の大きさに似ていたら それは巣立ちヒナを誤認救護してしまったのかも知れません。

保護機関も繁殖期にすべてを受け入れることは不可能だと思います。ご自身で責任を持って世話をし放野ができない場合は「保護しない」という選択肢もあります。弱いヒナは他の動物の餌になり他のヒナの命を長らえる。それも自然の摂理です。身近にいる野鳥も人間とは違ったものさしの世界に住む生き物です。野鳥の飼育は原則として違法ですので必ず放野を前提の緊急保護か放野不能の場合には許可を取る必要があります。責任をもって対処してください。

弱っている鳥、羽の揃っていないヒナの場合にはスグ保温してから糖分補給

【保護/獣医に行く場合には窓口へ連絡】して野生動物を診ていただける獣医情報をゲット

         

巣立ちヒナについて ←(必読)

誤認救護からのリリース

┗ 巣立ちヒナでは無さそうな場合

巣に戻せるか

(後頭部/羽の下など羽が揃っていない巣立ちヒナもいます)

必要な連絡先と注意事項(獣医情報)

そのヒナはスズメ??(同定は獣医さんで)

卵を拾った

大人のスズメの保護

資料画像(ゴミ)

緊急時に獣医さんに行くまで

餌について
餌の食べさせ方
餌の一覧
保温と鳥カゴについて
簡易巣について
リリース(放野)について

ミルワームの栄養改善
病気や障害について

掲示板
野鳥の保護のアンケートにご協力ください。 アンケート入力フォームはこちらです。