特撮がまったく詳しくないヒトが運営している、特撮なページ 戻る


2009年03月22日(日曜)にあった
『超星神グランセイザー』トークイベント
“村石宏實監督に大いに語っていただくのだ!”

に行ってみた

ご無沙汰振りです、うぱ・るぱぱの管理人のうぉんです。生きてます。で、未だにグランセイザーが大好き。
そら当然だわな。このサイトがノホホンと放置状態でありながら、存続ばしているのだし……って理由になっていないか?
まあいいや。
そんなこんなで「知らなかったら、完全スルーしていただろうイベント」に行って見た。阿佐ヶ谷まで。

……。グランセイザーにはてんこ盛りの思い出と、恩がある。
正直、当時マジでビョーキで死にそうになっていた私にとって、相方が「今度東宝で特撮ヒーローものがテレビでやるんだ」って言葉が最初で見ることになった、この番組。
当時っからコテコテのヲタだったけど、一生懸命に特撮番組を見るようなこともなかった私にゃ、どーいうワケだが大変に元気になる……いや、文字通り元気が出た番組だった。番組当初、二週間で紙袋ふたつ分の薬を飲む生活だった自分が、ロギアと水のトライブやリヴァイアサンが大暴れな二部あたりでは、就職まで出来るようになるぐらい回復した。
別にあやしい何かが入っていそうで、入っていたのかもしれないがw
まぁいいや。

そんなこんなで、ラビフィーさんに呼ばれたわけで。ラビフィーさんは、あの変態ロギアさんのオサレ撃ちで愛された「ホロスナイパー」の生まれた場所、旭工房さんに棲みつつ、あちこちに神出鬼没なウサギさんです。
そうそう……、後で知ったんだけど、超近所なんだわよ、ラビフィーさんの巣穴こと「旭工房」さん……。

お金があったら、今でも欲しい。本物レプリカ(日本語おかしいし)なホロスナイパー。相変わらず、カッチョイイのだ。あ、気になるですか? このカラフリャ〜なラビフィーさん。
炎のトライブ・ラビフィー
風のトライブ・ラビフィー
大地のトライブ・ラビフィー
水のトライブ・ラビフィー
なぜかドリル装備版・トラゴス・ラビフィーさん
沖田くん・ラビフィーさんと、ロギア・ラビフィー
左から、堀口博士ラビフィー、村石監督ラビフィー、セイザーダイル・ラビフィー
ラビフィーさんの飴まで貰ってしまった。目つきが極悪なのはご愛嬌w
で、ゲストの方々はこんな感じでした。
村石宏實さん・監督
赤星昇一郎さん・俳優(堀口博士役)
松沢蓮さん・(秤谷仁役) 
MASRさん・ミュージシャン(「幻の主題歌」作詞作曲)
仲代光希さん・旭工房代表、ホロスナイパー製造
石井信彦さん・東宝プロデューサー(司会)


(第二部から)
近藤孔明さん・助監督
岡本英郎さん・デザインワークス
品田冬樹さん・デザインワークス、特殊造型
西川伸司さん・デザインワークス
なかの★陽さん・ストーリーボード、絵コンテ
野添梨麻さん・脚本家(第38話、第39話)

最初に、ミニライブ。MASRさんの歌が三曲。マボロシのグランセイザーのオープニング曲をナマで聞けました。これは超ラッキーです。

で、ご無沙汰ぶり!!!! 松沢蓮さん・(秤谷仁役)登場!!!
あれ……髪どーしたよ君!!! なんつったらいいんだろう、あの手品師セロのよーな髪型を両横を激しく刈り上げた髪に、相変わらずの腰の低さ+細っっっさwwちゃんと食ってるのか、君は!!!
映画「空へ〜救いの翼〜」で井坂俊哉さん(ジャスティライザーの真也) で競演。青いものwww同士話でもしたのかというと……したはいいが、松沢さんはジャスティの公式HPをみても……だれが井坂俊哉さんか解らず、じーっと見て考えてから「あーー。髪が長かったんだーー」と気がつくw。なんつーか、松沢さんらしいっつーか、なんつーかw
で……。オーディション後らしい、松沢さんのインタビューってのが本邦初公開。
「俺みたいなヒトが、地球を救うとか……大丈夫かっっっ」
……はい、とっても不安いっぱいです(笑)
スタッフさんからも、本人を目の前にして「チャラ男のはしりみたいなヒト、元祖チャラオ」とか言われるし。
それも否定が全然できないから……まあ、仕方ないんだけど。


村石監督いわく、グランセイザーの俳優陣はどーやってきまったのか

1に「演技ができること!!」
2に「イケメン、美人!!」
で、300人をフルイにかけたら……ああなった。で、特に誰に、なに役ってのはふっていなくて集めてみたら、ああなった。
村石さんいわく「松沢さんは最初っから(才能を)かっていた」とのこと。だろうね、上手だし。
村石監督の奥さん+お孫さんいわく、いままで監督作品はたくさんみたけど一番スキなのは「グランセイザー」なのだという。理由はよくわからないが、ウルトラマンよりずっとスキだという。なんとなく解るなぁ、それ。

本邦初公開??番組発表記者会見秘話
司会のお姉さんを混乱に陥れる「ヒーロー属性」。なんでふたご座の戦士がカブトムシの能力なんねん??? 星座と動物が合致しているのは、山羊座とおうし座のみ。司会のお姉さんの脳は大混乱だった……らしい。

当日、雨宮涼子役のマヤ嬢が欠席で、水のトライブとか国防省の人たち以外勢ぞろい状態。
始まり当初っから、あの口調のマンマな電通院先生の中の人(芹沢さん)、ハイパーあがってカミカミな直人の中のヒトこと(高原さん……変わんないなぁ風貌その他が。歳をとらないのか、高原さんは)
カリン役の千葉美加と堀口博士の赤星さんが、どーいうワケだかポーズとって登場。
赤星さんのぶっ飛びな千葉美加のひみつ目撃発言で、会場は違う意味で大混乱????
千葉美加さんの、なにかを見た!!(いえません!!)とかで、いったやつに絵まで描かせた、赤星さん。
見た見たと騒いだ人間だれだったよ????
「亮かな、たぶん」
響き渡る、ああ〜な声。会場中が超納得。グランセイザー最強のエロ魔人・瀬川亮だもの……。
何度聞いたか。女優陣からの「天馬サイテー!!!!」な言葉をwwww

ああ書きたいが危険な会話がてんこ盛りすぎる第二部。
で抽選会。抽選券3枚の私に幸あるか????
サイン入りTシャツげっちゅ!!
ぉぉぉぉぉっっ脚本げっちゅーーーー
生まれて初めての本物の脚本っっっ
「戦いの終わる日」→実際の放送タイトル「終末の始まり」
「それぞれの思い」→実際の放送タイトル「滅亡の序曲」
「滅亡の女神」→実際の放送タイトル「龍の記憶、天の意思」
と……だいーぶ違う。
読むと、だいぶ内容すら違う。
なんにせよ。貴重な時間をありがとうです。
松沢さんいわく「まだ来るのか!!グランセイザーか!! まだ続けるかグランセイザー!!! 凄いやグランセイザー!!!」
そう。こりは大変個人的だが。最近はじめた、ケータイ捜査官7のブログよりも、こっちのサイトのほーがカウンター数は上である。いや、まじで。
今後とも、スタッフの皆さんともども、超星神シリーズに幸あれ!!
 

 


  戻る