特撮がまったく詳しくないヒトが運営している、特撮なページ 戻る


2014年9月23日(土曜)
Reading Cafe ピカイチ(下北沢)
で行われた

『秋の伝通院祭り』

に行ってみた。

秋の伝通院祭り(しかしこれはイロイロな意味でウオフ・マナフの罠だった??)
 
レポートがおそくなって申し訳ない。
うぉん、寝込んでたねん。
胃カメラなんて初めてでやんの
‥鼻からいれるやつではなくてしんどかったわ。新手のゴーモンかとおもったわ((((;゚Д゚)))))))

まあなんやこんなでも、一応「異常なしの具合悪し!」
‥‥調子悪かったねん

さて。堀口研究所こと「下北沢ピカイチ」いったら
伝通院先生こと芹沢さんさん
堀口博士こと赤星さん
石井さん博士さんが
マイクテスト中だった
マイク二本、なんだ??この仕様??
石井さん「え、今日はアフレコ体験ですよ書いたじゃん」

まじか??あれはマジだったのか????
石井さん「日頃コッチが羞恥プレイ状態だから皆さんにもその気分を体験してもらおうかと!」

ギャース????

そーいう趣旨かぁーーーー!

石井さん「あの憧れの伝通院先生とアフレコ体験ですよ(ゲス顔)」
芹沢さん「え、僕ずっとアフレコなんすか??」

試される大地ピカイチ
そう、星の勇者たち(関係者)は『戦うのもいいけど息抜きもしたいよね(羞恥プレイ込みで)』
ということになったかどーかは…知った話ではない。
一般的????視聴者コミコミで…グランセイザー…らしい


むろん↑コレではない


石井さんさん曰く
「いやぁ〜酔っ払うとさぁ記憶が曖昧で〜前回のこともあっはっはー」
…あれれー♪おかしいなぁる企画立てたの誰だったっけかなぁ。
まあ酔うと記憶が曖昧になるよね(遠い目)

そしたら、誰が自転車でやってきた。
てっきり線が細いから松沢蓮さん(秤谷仁)かと思ったら


インパクター・ロギア(星山くん)/こと阿部さんだった
インパクター・ロギアはチャリで来た!!
※チャリで来たとは。
ケッコー前に有名になったネットミーム(meme:流行り言葉、画像、ネタ)である。
ちなみに写真を撮る際にガッツポーズを決めなくてはいけない。
…まあ検索すりゃ出てくるよ
私「錆びてますなチャリ、いいチャリなのに」
高級チャリのフレームは錆びていた????
阿部さん「友達から『買い取りました』が、なにか?」

インパクターロギアは普段から黒目がちだった!
→いっいやぁ。リアルロギアこと阿部さんさんの『素』の姿なんて見たこと無いからさぁ。ねー。

そしてインパクターロギアこと阿部さんさんのチャリは堀口博士こと赤星さんに弄ばれたのであった??
盗んだバイクで走り出すー!

ちなみに尾崎豊のいう
『盗んだバイクで走り出す♪』
なバイクは「ヤマハのパッソル」といわれている
つまり原チャリこと原付である

むろん15歳では運転できない。鍵穴さえ回せればエンジンがかかる盗まれやすいバイク。しかも尾崎豊さん本人も14歳!!!!の時に作った歌であることですし、そんな大きなバイクは乗れないですね。
防犯対策が難あり過ぎかつお安い乗り物だったのでそーいう、いまでいうヤンチャな人類によく狙われる大変災難なバイクであったらしいです。

阿部さんさん「フワッこりゃぁ…難しいシーンだっやりたくねぇぇ」
…アテレコ大会で阿部さんさんが一瞬つぶやいた言葉である。
…アテレコは「当のプロでも『ネタによって難易度が色々らしい』」
アテレコは伝説の
『しまった回』
『涼子さんと仁の会話』
『伝通院先生(レムルズ)VS天馬(タリアス)』
などなど。
阿部さんさん+芹沢さんさん「日頃の僕らの苦労の様をみんなで体験してみよう(ゲス顔)」

我々『ごっご褒美ですっっ(震え声)』


そして我々のアフレコ体験に容姿やなく「監督目線で指示を飛ばす阿部さん」
※ちなみに一番オイラがポンコツでした@アフレコ

あれおかしい。本日は伝通院祭りなのになんか『見えない何かに乗っ取られている気がしてならない』

きっと気のせいだ。
天馬を探せ!!キャンペーン

そう。話は変わるがグランセイザーは『天馬を探す』というある意味壮大な話から始まったといっても過言ではない。
…つまりグランセイザーに出ていた星の戦士たちは「ある意味みんな天馬候補」だったという。

正木蒼二さんは優等生だなぁ(私見た目)
映画のときに作られたスーパーバトルメモリーにてボツネタになった「俳優インタビュー(今回イベントのスペシャル特典)」でもそーだったが、グランセイザー本編DVDに特典でついてきたインタビュー映像でもそうだが
「皆と違って『大人』」である。
どういうわけか一番大人であるwww
毎回みててもこの雰囲気って不思議だなぁと(私的コメント)
 
実は辰平は『大工』だった
石井さん「辰平最初大工で行こうって話があって」
私「ぴったりじゃないですか」
芹沢さん「子どもがなりたい仕事ナンバーワンじゃないですか。腰にジャカジャカつけて」
石井さん「だって地味じゃん。だから没になった」

三上辰平。名前の経緯も残念だが、経緯そのものも残念だったようだ…蟹座の呪いは半端ないっ
※名前考えるのもう…疲れたって理由が濃厚
 
インパクター・ロギアへのスーパー尋問タイム

阿部さんさんは一般人と「お戯れ」をする機会が皆無らしく、珍客というか珍獣な我々にビミョーに興味津々。
私「子どもとか本気で恐れられてましたよね(某所でのヒーローショーでロギアが登場したら子どもはギャン泣きだった)なんかされたりしました???」
阿部さん「なんだ君は失礼なだな!!(そーいう悪い意味ではないww)なっ慣れ合いたくないんですよっっ」
私「子ども嫌い的な??」
阿部さん「失礼なっっっだってロギアが『子どもと慣れ合っちゃダメでしょ』ってことなんだよっっっ」

まあたしかに子どもとキャッキャウフフしているロギアなんてロギアじゃねーな。
プラスして子どもとピースサインで写っているロギアもなんか違うよな。

つまり阿部さんさん的に『インパクター・ロギアの姿』を自己防衛したかった模様で。


私「あの衣装ってどーだったの?」
阿部さん「君は漠然としているなっっっ」
私「マントにウエスタンブーツにショットガンっすよご感想はいかに」
阿部さん「…元は「ピチパツな全身タイツ的方向だったらしい」からマシかなぁと」
全身タイツ…そりゃぁ凹むよね。
そしてファンがもってくるホロスナイパー。
阿部さん「わーホロスナイパーだ♪…って電池いれとこうよっっっっ」
ノリツッコミ…さすが大阪人。と思ってしまった。

 
インパクター・ロギアからのスーパー尋問タイム
 
なんか趣旨ちがくね?????
阿部さん「君たちは…いったい何者なんだね??」
と色々尋問…もとい質問された(ご褒美です)
阿部さんは一人ひとりに質問して周り(いい人やんけ)「ほんとにふつーの人なんだ」
と。そうインパクター・ロギアにとって一般人的地球人はレアな存在だったのだ!!!!
 
福田亘さん「ロギアカッコイイじゃないですか!!!」

インパクター・ロギアのアルカニス…もとい阿部さんのケータイで召喚されたのは、スーツアクター福田亘さん(セイザーレムルズ・ロギアのスーツアクターだった方である)
この日来た方々は福田亘さんに関係した方が物凄く多い。
阿部さんはインパクター・ロギア
芹沢さんはセイザー・レムルズ
そしてホロスナイパーを作った旭工房さん。

みんな福田亘さんにつながる。

ガタイのいいナイスガイだったですよ。福田亘さん
福田さん曰く「ロギア大好きですね!! カッコイイじゃないですかっっっ」
と力説している福田さん。
その後ろでゆっくり腰を下ろしていた阿部さんが満足気にニヤニヤ。
阿部さん「インパクター・ロギアはカッコイイのだっっ」

赤星さん「ボクにとって初めての声の仕事」
PCエンジン版から大ファンな天外魔境2
そのパーティーメンバーだったのが赤星さんが演じていた極楽太郎である。

奥の大男が極楽太郎。
千年前にもあった根の一族との戦闘中危篤となった恋人・千代(人魚)の予言「千年後にまた会える」という予言を信じ彼女の涙を飲みその罪により人魚により投獄され約千年間牢屋に入っていた。
※人魚の涙を飲むと千年長生きできることができる。人魚はそのため滅多なことでは涙を流さない。なので人魚からすると『人魚の涙を飲む=大罪人』である。

主人公卍丸により開放され、千年ぶりに復活した根の一族を相手に再び戦うことになった『火の勇者』である

当日PSP用ソフト『天外魔境コレクション』にサインをしてもらった(なぜかパッケージの中身は『どこでもいっしょ』だったガクッ)
赤星さん「ボクにとって初めての声の仕事で嬉しかったね。ゲームも物凄く面白くてとても印象に残っている仕事だねぇ」
といわれていた。

石井さん「次はインパクター祭りで!!!!」
…ホントかどーかは分かりません。
もしかしたら今回のイベントはヒーローショーにおける
おねーさん「グランセイザーをみんなで呼ぶよ、グランセイザー!!!」

ドカーン!!
阿部さん「ヌハハハ!!この下北沢ピカイチはインパクター・ロギアが乗っ取った!!!」
的な展開だったのかもしれない。
インパクター・ロギアは生きていた!!!

ファン「ナレーションで唐突に『インパクター・ロギアは生きていた!!』とかいうから我々みんなビデオ巻き戻して話数確認しましたもん」
とみんながリモコンを片手にボタンを押しているようなポーズをぼぼ全員www
村石監督「えーwwwwww」
といって爆笑する監督の横でぼそっと阿部さん

阿部さん「それをいうなら『早戻し』なっっっ」

酔っ払いだらけのあのピカイチでそれに気がついた人が何人いたか、というか阿部さん当人も覚えているか定かではないが。
…阿部さんがガンガン飲んでいた焼酎。おいら持ってきたものっす。
名前は「ぼっち」落花生焼酎っす。※ちなみに100%落花生ってわけではありません。

ちなみに「ぼっち」というのは
落花生を乾かすコレのことであり……
これのことではない。

次回はインパクター祭りになるのか伝通院の逆襲なのかはわかりませんが。
失礼なヤツ(私)にもメゲず??????
次回の来訪を期待してお待ちしています。

 
 
 
 

 


  戻る