画期的治療法

これはサイト金魚革命のサイトマスター、こくりゅうさんに教えていただいた松毬病に代表されるエロモナス症の画期的な治療法です。
一応、一般的なものではなく、こくりゅうさんが独自に到達なさった治療法なので実行はご自身の責任に置いてなされるようお断りしておきますが、キチンとした裏づけもあり、実際効果が上がっているものです。

それでは手順を説明します。

●水30Lに対して小さじ1杯(約5g)の割合でココア(添加物無し)を湯で溶いたものと規定量のパラザンDを投与。

これだけです。たったコレだけで末期以外のエロモナス系症候群は短期間で全快、カラムナリス系症候群にも非常に効果的です。すごいでしょ?

どうしてこういう効果が上がるかというと、要は、ヘリコバクター・ピロリの除菌と同じ原理になります。つまり菌が張るアルカリのバリアに対し、ココアの成分がそのバリアを完全無視でダメージを与えるという事です。パラザンDもph11の強アルカリ性で、どちらも、アルカリでバリアを張る菌に対しては効果絶大。
よってこの併用によって治療効果の上昇が現実となるという訳ですね。

また、ココアは植物性の食物繊維と脂肪を含んでいる訳ですが、これが消化を補助し、薬浴中にココアを食べた便秘症で転覆気味だった金魚が久し振りに太くて長い立派な糞をしたという報告も上がっています。
また、パラザンDを入れず、ココアだけでも効果があるそうです。

ただし、ご本人が「末期以外の」と、あえて記述されているなど、別に魔法を使っているわけではなく、より効果的な治療法だという位置付けなので、そこは頭に入れて置いてください。

こくりゅうさん、掲載許可ありがとうございました








戻る ・  TOPへ戻る