サン・マロ旅行2005年

2005年12月24日〜2006年1月1日

1日目

10時にテニス友達も一緒にたきび号でパリを出発。
たきびは早速乗り込んだTお姉さんにペロペロ〜と挨拶しています。たきびには助手席足元にいてもらいたかったのですが、結局私の膝の上で寝たり、座ったり、立ち上がったり・・・。腕枕で寝られたら重〜い!(と言いながら口元がほころんでる?)

クリスマスイブの今日はさすがに高速道路も車が多い。それでもブルターニュ方面に向かうので渋滞にはならず、ホッ。ランチはドライブインのクレープ屋さん。家族連れの多さにびっくり〜。

シオンさん一家とは現地集合ということになっていました。気になって電話してみるものの、連絡はつかず。会えるかなぁ。

道中雨が降ったり晴れていたり。あ、海が見えてきた。
もうすぐ目的地のサン・マロに到着です。約4時間半かかりました。宿泊地のチェックインまでまだ時間があるので、まずサン・マロの街へ。城壁内のメインストリートを歩いてチーズ屋さんのある通りへ向かいます。今晩のチーズとバターを購入して、お向かいの魚屋さんをチェックしてから再び車に乗り込み宿泊地へ向かいました。

あ、ここ、ここ!と思ったらシオンさん一家号が目の前にいました。
すごいタイミング。姫ちゃんが後部座席に、大輔くんは噂の指定席にいます。
まず、わんこを置いてチェックイン。この宿泊地は大きな一軒家を改造したウィークリーマンションみたいな感じになっていて、台所完備なので調味料と材料さえ入手すれば立派にお料理が作れます。お気に入りのレストランでクリスマスイブとクリスマスを、と思っていたのに、3連休だということなので、シオンさんと打ち合わせをして2日間は宿泊地でバカンスホーム(?)ディナーを予定していました。

チェックインを済ませたら、今度は急いでディナーの仕入れに出発。
管理人マダムお薦めは隣町の魚屋さんでしたが、行ってみると魚介の種類が少ないようだったのでサン・マロ城壁内のお魚屋さんへ。5人前の盛合わせを注文して、待ち時間の間にパン、野菜、明日の為の鳥などを仕入れて、戻ってみると・・・ものすごい大きさの盛合わせが出来上がっていました。

クリスマスイブメニュー:
エスカルゴ
魚介類の盛合わせ
チーズ4種類
生チョコ
シャンパン


クリスマスイブはシオンさん達の部屋でディナーとなりました。宿泊地の各部屋に準備されていたミニクリスマスツリー、シオン家が準備していてくれたキャンドル、パリたきび家から持ってきたパーティー用テーブルクロスでセッティングは完璧です。まずはエスカルゴで気分を盛り上げて、その後は巨大な魚介盛合わせにアタッ〜ク。生ガキ、つぶ貝、エビ、カニをシャンパンと一緒に堪能しました。食べきれないほどの量で満足満足〜。大輔くんと姫ちゃんの合わせ鏡うたた寝も見れて感激な夜でした。

2日目

戻る