親に返す方法




○保温について

小鳥は40〜42度と言う体温を持っています。
ヒナはまだ羽毛が生えそろってないので体温の調節が難しいため、保温をしっかりしないと、体温が下がってしまいます。
体温が下がると、消化器官が動きにくくなり、餌を食べることや消化ができなくなってきて、やがて弱ってきてしまいます。
体温が下がると、羽毛が生えている子は、羽毛全体をふわっとさせて、首を後ろに曲げて、くちばしを羽毛に突っ込みます。

注意:体温が下がってないときでも、首を曲げて寝ることがあります。
熟睡するときなどこの格好がよく見られます。
この格好をして、羽毛全体をふわっとさせているときは、体温が下がっていますので、注意して保温してください。

ヒナを保護したらまず保温です。弱っている時、餌を食べない時もまずは保温をしてください。

人間が暑いと思うくらいでも、ヒナには寒い場合があります。常に室温と巣箱やカゴ内の温度が適温になっているかどうか、温度計でチェックしてください。

夏の暑い日でも、羽毛が生えていない子は保温が必要になる場合があります。それぞれの適温を見て、しっかりと保温しましょう。
適温以上になると、暑さで熱中症になる恐れもあります。十分に気をつけてください。
熱中症についてを読む


○保温の温度



赤裸の肌が見えるヒナ・トゲトゲのヒナ・・・37度の保温と70%の湿度が必要です。



トゲトゲの先から羽毛が出てきたヒナの保温の適温は35〜37度です。
巣箱内が35〜37度に一定になるように、こまめに温度計でチェックします。



トゲトゲのストローが半分くらい取れてきた子は33度〜35度が適温です。
巣箱内が33〜35度に一定になるように、こまめに温度計でチェックします。



おなかとおしりが生えてなく、
羽根にストローのついているヒナ・・・30〜32度の保温、60%の湿度が必要です。



全体に羽毛が生えそろい、
おなかやお尻も生えているヒナ・・・30度の保温、60%の湿度が必要です。
室温が26度以上あれば、特に保温は必要ありませんが、夜間の気温低下があるときや羽毛を膨らませているようなら保温は30度内で必要です。

弱っていて羽毛を膨らませたまま、ウトウト寝てばかりで、餌を食べないヒナ
・・・羽毛の生えそろったヒナの場合、29〜30度の保温、60%湿度
・・・赤裸〜トゲのヒナの場合、37度の保温、70%の湿度
※このようなヒナはこちらへ↓
  弱ったときの応急処置方法へ

○保温材

電気スタンド
裸電球 ひよこ電球
ペットヒーター
ペットボトル
湯たんぽ
電気あんか
こたつ
ホットカーペット

カイロは発熱時に酸素を多く消費するため、使ってはいけません。
ヒナから新鮮な酸素を奪ってしまいます。
※弱っている時には、絶対にヒナを直接手に抱いて暖めることはしないでください。
ヒナは40度と言う高い体温を持っていて、人間の方が体温が低いために、かえってヒナの体温を奪ってしまいます。
必ず保温材を使って、巣箱内がそれぞれの適温になるように保温してください。


○保温方法

・電気スタンド 裸電球 ひよこ電球

巣箱やカゴの片側からのみ、電気をつけてその発する熱で温めてあげます。巣箱内の温度を測り、電球との距離を近づけたり遠くしたりして、巣箱内が適温になる距離を保ちましょう。

・ペットヒーター

   犬猫用(敷くタイプ)     小動物用(ハムスターなど用の敷くタイプ)
どちらもOAネジラーやビニルタイプの針金、紐などで固定する
右のようにヒーターが小さいときは、ヒーターを止まり木近くに寄せるようにする。

   犬猫用(敷くタイプ)     小動物用(ハムスターなど用の敷くタイプ) 
どちらもヒーターと同じ厚さの本などを使って、かごの半分だけをヒーターに乗せるように調整する

パネル式のものは、巣箱の下に半分だけに敷きます。
中に電球の入った小鳥用のヒーターは、カバーが熱くなる事があるので、ヒナが当たらないように気をつけましょう。

・ペットボトル 湯たんぽ

2本用意し、片方には60〜80度のお湯をいれ片方は空のままで、2本一緒にタオルでしっかりまいて、巣箱の下におきます。片方を空にすることで半分だけ温めます。冷めたらお湯を取り替えます。

・電気あんか ホットカーペット
巣箱の下に半分だけ敷いて温めます。

・こたつ
巣箱の半分だけをこたつ内に入れ、半分は外に出るようにします。温度ははじめは弱にして様子を見て、巣箱内が適温になるようにしましょう。


どの保温法も必ず巣箱の片側のみに当てます。
寒い時は自分で熱源の方へ寄っていきますし、暑いと反対側に逃げれるようにするためです。
そのため巣箱内には逃げるスペースも作ってあげてくださいね。
必ずそれぞれの適温を一定に保つよう、それ以下にも以上にもならないように、こまめに温度計で測ってください。
通気はしっかりと取ってあげ、いつも新鮮な空気が巣箱内に入るようにしましょう。
※画像には、巣箱内が見えやすいようにタオルのふたをかけておりません。
巣箱にはタオルをかけてふたをしますが、保温をするときは暑くなりすぎないよう、また新鮮な酸素が入るように、隅を巣箱の1/4ほど開けておいてください。
ヒナは物陰に隠れたほうが安心できるので、ふたをせずすべて開け放しておいては不安がります。
少し開けておけば、いつでも様子が見れますから、その隙間に温度計を差し入れ、巣箱内の温度がわかるようにしてください。
保温をして寝させる時や目を離す時は、もう少しふたをして、ヒナが巣箱から勝手に出て行かないようにしてください。


保温材だけでは、巣箱内の温度が上がらないなら、エアコンの暖房、オイルヒーター、電気ストーブなどの空気の汚れない暖房器具を使い、部屋全体を温めてもいいでしょう。
空気の汚れる器具(石油ファンヒーター、石油ストーブなど)はヒナを一酸化中毒などにさせてしまう危険がありますので、使ってはいけません。


※エアコン使用時は暖房も冷房もともに空気が乾燥してしまい、湿度が低下します。
乾燥した状態はよくありません。
喉が渇きすぎて水をよく飲んだり、目が乾燥してしまったり、皮膚が乾燥したりします。
水を多く飲みすぎると下痢や多尿の原因にもなりますので、湿度の調整も行ってください。
適湿は60%くらいです。カゴの近くやヒナのいる場所付近の温度と湿度をこまめにはかってくださいね。



保護方法チャートへ戻る

TOPへ戻る