晶子のお庭は虫づくし

J.skyさんのクロスジカギバの観察日記7

ホーム サイトマップ お友達の作品一覧  ガの仲間 観察日記1 2 3 4 5 6 7

2003年9月30日(火)

クロスジカギバ クロスジカギバ
『羽化直後 蛹室の有った巣の裏へ回った 
毛深い脚』
『蛹の殻がせり上がっていた。
羽化していないと思い目を離している内にこの葉の裏に成虫がいた。
頂部の横のスリットは抜け出た跡のようだ。
瞬間が見られなくて残念でした。』

 

『同じ卵の塊から、生まれ落ちた、兄弟姉妹になりますね。幼虫時期に、全部で5頭発見して、一番大きいのが庭で逃げました。 
そして室内に取り込んでから、雨蛙に一頭が食べられるという、びっくりの事件が〜三頭が無事に羽化できて、幸いでした。
狭い小さな庭の、ミヤマガマズミとおぼしき 鉢植えを、よくぞ見つけて産んでいったものと 感心しきりです。
明日にでも 庭に放ちます。
いまは ガマズミ、コバノガマズミ、ミヤマガマズミの区別もそれとなくつくようになりました。
(^-^)
珊瑚樹も庭の隅に植わっています。この先越冬形態は解りませんが頑張って子孫を残して下さい。』

2003年10月1日(水)

『今日庭のコバノガマズミとおぼしき木に移しました。最後のスコッチ君(♂♀判らないんだった)が翅を激しく震って白い液体を出しました。
多くの蝶などでも飛翔前に体液を出しますよね。 あれかな?
そしてネムノキに飛んでサンゴジュの葉へ落ち着きました。なかなか日中は動かない真に夜行性だと実感しました。
夕方までそのまんまでした。 明日は居ないはずです・・・
三頭の内 庭へ出す前に一頭が自力で居なくなっていました。
三頭を移動する際に手指ですくい上げたら(こんな事はユウマダラエダシャクで一度やっただけ 
('|';)
非常におとなしく指の上を這うので余計にかわいくて。』

 

参考文献
原色日本蛾類図鑑(下) 保育社
原色日本蛾類幼虫図鑑(下) 保育社

もどる   ほーむ