晶子のお庭は虫づくし

虫の詩人であり小説家でもある西沢 杏子さん 作 「青い一角の少年」

ホーム サイトマップ  お勧めの図鑑-絵本・児童書

西沢 杏子さん公式HP『虫の落とし文』

虫の詩人であり小説家でもある 西沢杏子さんの公式サイトです。『今月の虫と詩』には、西沢さんが撮影された素敵な虫の写真と詩が掲載されています。
詩人としての感性だけではなく、虫を愛する心が詩に託されており、読むものの心を惹きつけます。

 

西沢杏子さん 作 「青い一角の少年」
『青い一角』シリーズ第二段の「青い一角の少年」では理子と
そのいとこ、道史が神隠しに----。

反抗期の道史は椎野木家の掟「十一歳の間だけ、こだま峠で
笛を吹いてはいけない」を破ってしまう。

姿を消した道史を追って理子も自ら神隠しに遭う。

森の中でのさまざまな体験と理子の優しさによって道史は
変わっていく。

心の中の反抗心に悩む方必読の一冊。

                                by 晶子

著書 『青い一角の少年』
西沢 杏子 作  小松良佳 絵
発行 角川学芸出版
定価 1600円
平成22年11月25日 発行

 

2011.3.10更新

もどる  つぎ ほーむ