晶子のお庭は虫づくし

2007年夏 小さな妖精(Small fairy) 晶子作

ホーム サイトマップ

小さな妖精 

私と彼らの出会いは一匹の妖精からだった。その妖精は丸々と太ったイモムシで、正面から見た顔はまるで指しゃぶりをする
赤ちゃんのようであった。そして、どことなくあどけなさがあって愛らしかった、そんな妖精の名はオオミズアオ、私はこの幼虫を
見て非常にびっくりした。なぜなら可愛いと思えたからた。それだけで驚くとは変な人だ、と思われるだろう。
しかし、私にとってこのようなイモムシは以前まで怖いものの対象だったのだ。

それなのにも関わらず、、いきなり好きなってしまった。それだけに、とても衝撃的な出来事だった。
余程引き付けられるものがあったのだろう、私はすぐに虫の虜になった。これが私と虫との運命的な出会いである。

 それから8年が過ぎ、今でも虫の研究をしている。今までたくさんの虫を育ててきたが、ピーク時は飼育ケースが
七十ケースを超えることもあり、幼虫の世話に一日三時間も費やし、熱中していた。
時には彼らの脱皮や羽化を目撃することもあった。脱皮の直前になると幼虫の気門の辺りに
白い筋が入り、波打つように体をくねらせる。その瞬間にいちばん虫の生命を感じる。
脱皮や羽化は彼らにとっては命がけで、失敗すれば、命を落とすこともある。たからこそ生命の神秘に純粋に感動すると同時に、
脱皮をさせないようにする農薬が存在することを悲しく思う。

 私にはどうしても忘れられない思い出がある。それは小学3年生の時のこと、ある日私は箱の中にとらわれた
ゴキブリを発見、ジタバタともがく姿がとてもやるせなくて、ゴキブリを箱の中から救い出して、家に連れて帰った。
その後しばらくそのゴキブリは幸せに暮していた。ある事件が起こるまでは。
ある日、ふと飼育ケースを見ると、ゴキブリがいない。どこに行ったのかと思い、ケースを一回転すると、
なんとゴキブリの体がバラバラになっていたのだ!手足や触角がティシュの上に散らばっていて、私はあ然とした。

 しかし、肝心の胴体がない。おそるおそるティシュをめくると・・・・・・そこには健全なゴキブリの姿があった。
これには本当に度肝を抜かれた。一瞬生き返ったかと思ったほどだ。よく見ると脱皮であったが。
私はこのことを通してさらに虫への興味が深まった。普段悪者扱いされているゴキブリだが、こんな一面もあるのである。
虫というのは全てが悪者というわけではないのだ。みなさんは虫をどう思っているだろうか。多くの人は気持ちが悪いとか
怖いとかいう反応を示すかも知れない。

 しかし、彼らが命がけで生きているということを心の片隅に留めておいてほしい。
どんなに小さな虫でも生態系の中で役割を果たしており、かけがえのないものなのだ。
人間もまたそうであるように彼らもまたそうであるのだ。
だから私は人と虫が共存できる環境を作り上げるために、生涯研究を続けていきたい。

                                                    2007.7  by 晶子(15歳 夏のある日の弁論)
                                

 

Small fairy 

Which do you like better, beetles or caterpillars ?
Or you don't like both either.
I think almost everyone answer "I don't like caterpillars."
But I like both. I like caterpillars better.
They are more beautiful and loveble creatures which you feel.
So today I want to tell you their charms and the reason I love them.

Oneday I met a fairy. I have loved caterpillars since then.
The fairy was a fat caterpillar.
It looked like a baby sucking his fingers.
And It was something lovely and infantile.
The fairy's name was Actias artemis.
I was very surprised to see the caterpiller.
Because I felt it was very cute.
You thought I am curious person who felt the caterpiller cute.
Before It was dreadful to me.
But suddenly I loved it.
My changing for the caterpillers were shocking to me.
I guess the caterpiller had a power to make person fascinated.
I loved insects at once.
This is my fated encounter with insects.
Eight years passed I have observed insects.
Sometimes I saw their shed skin and hatch.
Such a moment I feel insect's life.
To shed skin and hatch are very dangerous to them.
If they fail, they lost their lives.
So I impress their lives misteries purely.
And the same time I hate farm chemicals which prevent from shedding skin.

I have another memory not to forget.
When I was in the third grade in elementary school.
I found a cockroach caught in a box.
I pitied the cockroach which made efforts to escape.
So I helped it and took it to my house.
After that the cockroach lived happy.
But the accident happened.
One day I looked at the insect cace but I couldn't find the cockroach.
I moved the case. The cockroach went to pieces.
There were arms, legs and antennae on the tissue.
But there wasn't its essential body.
When I turned over the tissue ……,
An active cockroach was there.
I was really astonished by that.
I thought it came back to life.
Although it was only hatch,
I was interested in insects more.
However cockroaches are always hated,
they have such an interesting side.

Almost insects don't harm to people.
How do you think of insects ?
I imagine many people feel insects unpleasant and dreaddful.
But I want you to know they live at the risk of their lives.
Small insects carry out their role in the ecosystem
and they are irreplaceable.
Same as a human being, they are very important in the ecosystem.
From the newest study they have minds.
I always feel their minds.
So I want to make the environment
which coexist with human being and insects.
And I want to live together insects !

英語弁論のために加筆編集したものです。一つ一つ辞書で調べて訳したものです。
これも私の大切な作品です。

もどる  ほーむ