晶子のお庭は虫づくし

アケビコノハの観察日記1

ホーム  サイトマップ  サイトマップ蛾 観察日記2 3

ヤガ科>シタバガ亜科>アケビコノハ
終齢幼虫の体長は約75ミリ、体は長大な円筒形ですが、第1から第3節腹部を背方に湾曲して頭部を下方に曲げて尾端を高く持ち上げていいます。成虫態で越冬し、発生は年2回と思われます。
食草はアケビ、ミツバアケビ、ムベ、ヒイラギナンテン、 アオツズラフジ

あざやかな緑色のアケビコノハの幼虫をJunkoさんが撮影されました。写真はこちら

2002年7月27日(土)

アケビコノハ終齢幼虫 アケビコノハの終齢幼虫が我が家の庭の

ミツバアケビにいました。

2002年7月29日(月)

 

アケビコノハ終齢幼虫 ちょっとでも物音がするといつものポーズに

戻ってしまい、なかなか葉を食べている

ところが撮影できませんでした。

 

2002年7月30日(火)

アケビコノハ幼虫
蛹になるためにアケビの葉を綴り合わせているところです。

2002年8月1日(木)
蛹になりました。

2002年8月15日(木)

アケビコノハ アケビコノハ
アケビコノハが無事に羽化しました。

 

もどる つぎ ほーむ

 

2011.4.25更新