晶子のお庭は虫つ゚くし

ドクガの観察日記1

ホーム  サイトマップ  ガの仲間 観察日記1 2 3

ドクガ科 ドクガ
終齢幼虫の体長は約40ミリ、頭部は光沢ある黒褐色で、全面にまばらで短い二次刺毛を生じています。

体は黒色で背線は細く橙色です。胸脚は光沢ある褐色、腹脚は黒褐色で淡褐色の長毛で覆われています。

年一回の発生で若齢幼虫で越冬。幼虫の脱皮は12〜16回もおこなわれます。

体毛に触れると発疹やかゆみがあるので、幼虫、卵塊の毛、蛹、繭には触らないでください。

食草 サクラ、ウメ、ナシ、リンゴ、バラ科、キイチゴ、イバラ科、クヌギ、クリ、コナラ、カキなど

 

2001年6月4日(月)

イタドリにいたドクガの幼虫 イタドリの葉にいた毛虫さんです。

大きい方の毛虫は2.5センチで、小さい方は2センチです。

2001年6月10日(日)

 

ドクガの幼虫 大きい方は3センチ、小さい方は2センチでした。

あまり変化は見られないようです。

 

 

2001年6月12(火)

イタドリにいたドクガの幼虫 二頭とも糸を飼育ケースにはって逆さまの状態で動かなくなりました。

脱皮でもするのでしょうか。

2001年6月13日(水)

 

イタドリにいたドクガの幼虫の脱皮 昨日逆さになって飼育ケースにいた毛虫のうち一匹が脱皮しました。.......................

写真の上が脱皮殻です。

 

  もどる つぎ ほーむ

2011.5.13更新