晶子のお庭は虫づくし

ホソオビアシブトクチバの観察日記1

ホーム サイトマップ サイトマップ・蛾

ヤガ科 シタバガ亜科 ホソオビアシブトクチバ
終齢幼虫の体長は約60ミリ、尺取虫状の歩行をします。胴部は灰白ないし淡灰褐色。幼虫は6月〜7月、9月〜10月に見られます。若齢幼虫は全体暗色の色調で第1腹節の眼状紋が顕著です。幼虫は7月と9月〜10月に見られます。蛹越冬 A1亜背部に小眼状紋があるので、アシブトクチバと区別がつきます。
食草 バラ、トウゴマ、ウメバガシなど

2000年8月27日(日)

ホソオビアシブトクチバ幼虫 バラの花の終わった花びらの枯れたところに茶色のイモ
ムシが2頭しました。バラにいつも来る派手毛虫さんとは
違うみたいです。

 

2000年8月28日(月)
2匹とも体長が5センチで枯れたバラの花びらを食べています。写真の色よりも茶色です。

2000年8月30日(水)
一頭、行方不明になりました。逃げたのかもしれません。もう一頭はパラの枯れた葉を食べていました。

2000年9月2日(土)
あまり変わりありません。糞はしているようなので、餌は食べているようですが、あまり動きたがりません。

2000年9月6日(水)
姿がありません。土に潜ってしまったようです。

2000年9月21日(木)

ホソオビアシブトクチバ 蛾が羽化していました。色は黒に近いグレーだったと思
います。かなり横に開いた感じの三角形でした。

外横線の導入部は白色影に縁取られ、中央の白色帯
は幅狭く鮮明です。

 

参考文献
日本産蛾類生態図鑑 講談社
原色日本蛾類幼虫図鑑 保育社

 もどる ほーむ