晶子のお庭は虫づくし

キイロスズメの観察日記1

ホーム  サイトマップ  サイトマップ蛾 観察日記1 2 3 4 5

スズメガ科>コスズメ亜科>キイロスズメ
終齢幼虫の体長は80ミリから100ミリ、胴部は長大な円筒型で体表はなめらかです。尾角は10ミリで腹側へ弧状に湾曲しています。
緑色型と褐色型があり、緑色型は第1腹節に白色の大きな楕円紋、第2節に小さな円紋があります。尾角は黄褐色で先端が少し黒色です。老熟すると全体褐色となります。胸脚は黄褐色。褐色型は第2〜第7腹節に暗藍色斑を列する。
蛹越冬です。幼虫は7月〜10月にみられます。
食草はヤマノイモ、ツクネイモ、ナガイモ、オニドコロなどのヤマイモ科植物。

2002年9月3日(火)

キイロスズメ終齢幼虫 庭のヤマイモにキイロスズメの終齢幼虫が

いました。

体長は6.5センチです。

 

 

キイロスズメ幼虫 キイロスズメ幼虫
とても臆病なのかしっかり頭部を体の中に埋めてしまっています。

2002年9月6日(金)

 

キイロスズメ終齢幼虫 体長は7.5センチです。

スズメガってよく胸脚を口の側に持ってきて

いることが多くてこのしぐさがなんとも言え

ずかわいいです。

 

2002年9月8日(日)

 

キイロスズメ幼虫 体長は8センチです。

使用するカメラによって随分色が変わって

しまっていますが、実際の色はこの写真の

が一番近いようです。

 

2002年9月12日(木)
食草を粗く綴ってその中で蛹になる準備を始めたようです。

2002年9月15日(日)

 

キイロスズメの蛹 蛹になったようです。この写真は10月4日に

撮影したものです。

大きさ6センチです。蛹の前のほうがへら型

になっています。

 

2003年9月17日(水)

キイロスズメ羽化 キイロスズメ羽化
キイロスズメがようやく羽化しました。
蛹化してからちょうど1年随分と長い間蛹でいたものです。

 

 

もどる つぎ ほーむ

2011.5.7更新