晶子のお庭は虫づくし

キタエグリバの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記1 2 3

ヤガ科>キタエグリバ
体長約40ミリ。体は細長く後方に向かって次第に太まり、第8腹節の背面ではかなり顕著に角ばります。腹脚は4対あり、第3腹節においてはやや小型となります。頭部は灰黄色で、前面に2対、両側に各1個の黒色円紋があります。これからの紋の大きさはキインロエグリバに酷似しますが、キタエグリバでは前頭の中央部に変楕円形の黒褐色紋があります。(キンイロエグリバでは稀に淡い斑紋の痕跡を認めることがあります。)胴部はビロウド様の黒色。前胸背楯は黄褐色で、背面は黒く、側部に黒色円紋があります。背線は真黒色で不明瞭です。亜背線、気門上線、気門下線はそれぞれ真黒色で細く不明瞭ですが、両縁は銀灰色の細い並状線で縁取られています。肛上板は真黒色、胸脚は黄色。腹脚は黒色で先端部のみ黄色です。越冬態は不明

食餌 アキカラマツ(キンポウゲ科) ムラサキケンマン、キケンマン

2004年5月29日(土)

キタエグリバ終令幼虫 キタエグリバ終令幼虫
カラマツソウにいたキタエグリバの終令幼虫です。体長は3.5センチでした。

2004年5月30日(日)

キタエグリバ終令幼虫 キタエグリバ終令幼虫
体長は4.5センチです。
頭部は灰黄色で、前面に2対、両側に各1個の黒色円紋があります。これからの紋の大きさはキインロエグリバ
に酷似しますが、キタエグリバでは前頭の中央部に変楕円形の黒褐色紋があります。

2004年5月31日(月)

キタエグリバ終令幼虫 キタエグリバ終令幼虫
前胸背楯は黄褐色で、背面は黒く、側部に黒色円紋があります。

*終令前までの幼虫は淡緑黄色で、各気門の上方に黒色円紋があります。

引用文献及び参考文献
原色日本蛾類幼虫図鑑(上) 保育社
日本幼虫図鑑 北隆館
日本産蛾類大図鑑 講談社
原色日本蛾類図鑑 保育社

もどる  つぎ ほーむ