晶子のお庭は虫づくし

コガタツバメエダシャクの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記1 2 3 4 5 6

シャクガ科>コガタツバメエダシャク
幼虫の特長  体長は約40ミリ。頭部灰褐色で、体は赤紫色または緑褐色です。A5背面後方が帯状に隆起し、A8に1対の突起があります。A5の腹脚頭方に黄白色の帯が生じます。
幼虫は5月と8月下旬から9月上旬に見られ、葉を綴った中で蛹化します。

食餌 ヤナギ、カバノキ、ブナ、クスノキ、アワブキ、マタタビ、ツバキ、エゴノキ、スイカズラなど多食性です。

2004年4月12日(月)

コガタツバメエダャク幼虫 ミズキにいたコガタツバメエダシャクの幼虫です。

体長は9ミリ。気門付近に白線が入っています。

頭部がずれているので眠に入ったようです。

2004年4月14日(水)

コガタツバメエダャク幼虫 コガタツバメエダャク幼虫
脱皮したようです。体長は1.1センチです。
左側の写真では糸を吐き、葉につなげています。

2004年4月16日(金)

コガタツバメエダャク幼虫
体長は1.5センチです。腹側が白色に変化してきました。

参考文献
日本産蛾類大図鑑 講談社
原色日本蛾類図鑑(上) 保育社
 
日本産蛾類生態図鑑 講談社

もどる  つぎ ほーむ

2011.4.29更新