晶子のお庭は虫づくし

クロモンアオシャクの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間

シャクガ科>アオシャク亜科>クロモンアオシャク

平地から1000メートル級の山地にまで分布し、関東地方から南では多くみられます。
食餌 コナラ、ハギ

2002年10月3日(木)

クロモンアオシャク クロモンアオシャク
クロモンアオシャク ハギにいたクロモンアオシャクの幼虫で
す。
ハギの花びらや他の幼虫の糞などを体
につけてカモフラージュしています。

画面左上の写真の幼虫は顔がでている
のですが、わかるでしょうか。

2002年10月4日(金)

クロモンアオシャク クロモンアオシャク
蛹化の準備が始まったようです。飼育ケースに糸で体を固定しています。右側の写真
は飼育ケースの表側から撮影しました。

 

もどる つぎ ほーむ

 

2011.5.10更新