晶子のお庭は虫づくし

クロオビフユナミシャクの観察日記1

ホーム サイトマップ サイトマップ・蛾 観察日記1 2 3

シャクガ科>クロオビフユナミシャク
体長20ミリから25ミリ。若令の頃は頭部が黒色、体色は淡緑色、2令になると体色が灰褐色で、側線部がやや淡色です。終令幼虫は頭部は黒褐色で前頭は黄白〜淡褐色、副前額縫線〜中縫線に沿って黄白色。体の背面は赤紫色、亜側線、側線部は淡黄色、気門上線と気門線は淡黄色で気門上線と側線部の間、気門上線と気門線の間は赤紫色です。頭部が黒褐色、体全体が淡黄緑色になる個体もいます。肛上板は黒色。
食餌 アカシデ、クマシデ(カバノキ科)、イヌブナ、クヌギ、コナラ、アベマキ、シラカシ、アラカシ(ブナ科)、ズミ、リンゴ(バラ科)、タカオカエデ(モミジ科)、ヤマツヅジ(ツツジ科)

似た幼虫にヒメクロオビフユナミシャクがいます。ヒメクロオビフユナミシャクは、頭部全体が淡褐色で黒褐色の小斑が散在します。体は淡黄緑色で背脈菅は透けてみえます。全体に細長く、肥大していません。こちらも肛上板は黒色です。

2004年4月29日(木)

クロオビフユナミシャク幼虫 クロオビフユナミシャク幼虫
コナラにいたクロオビナミシャクの巣です。 コナラにいたクロオビナミシャク幼虫
クロオビフユナミシャク幼虫 体長は1.5センチです。

2004年5月3日(月)

クロオビフユナミシャク幼虫 クロオビフユナミシャク幼虫
クロオビフユナミシャク幼虫 背線以外の亜背線、気門線が薄くなっていました。
体長は1.8センチです。頭部が黒色から黄白色がまじっ
たマダラ模様になりました。

終令幼虫は頭部は黒褐色で前頭は黄白〜淡褐色、
副前額縫線〜中縫線に沿って黄白色

引用文献及び参考文献
日本産フユシャクガ類(鱗翅目、シャクガ科)の分類学的、生態学的研究 中島秀雄著
原色日本蛾類図鑑(上) 保育社
日本産蛾類生態図鑑 講談社
日本産蛾類大図鑑 講談社

もどる つぎ ほーむ