晶子のお庭は虫づくし

クロシタアオイラガの観察日記1

ホーム  サイトマップ  サイトマップ蛾 観察日記1 2 3 4

イラガ科 クロシタアオイラガ
終齢幼虫の体長 約18ミリ、中、後胸、第1・7・8・9腹節の亜背部の肉質突起は柱状に長く伸び、棘状突起は長く先端は黒色で鋭い針があります。体色は緑色、頭部及び腹面は淡緑色、中胸の中央から第8腹環節に至る赤色の太い背線は鮮やかな緑色によってその両側を縁どられます。気門は淡褐色。肉角は黄色でその針は亜背線部のものでは黒色ですが、気門線上は黄色で少し黒色部分があります。若令は多少縦縞を走らせています。年2回の発生
食草 カキ、クリ、クヌギ、ウメ、サクラ、ニセアカシアなど。

2001930日(日)カキの葉にいたクロシタアオイラガの幼虫です。

クロシタアオイラガ幼虫 クロシタアオイラガ幼虫
うっとりするぐらい美しいクロシタアオイラガの顔です。よく昔から美しい花には刺があるとはいいますが、イラガも
美しさ過ぎて刺があるのかもしれませんね。気をつけましょう。体長は測り忘れていました。

2001104()

クロシタアオイラガ幼虫 クロシタアオイラガ幼虫
体長は1.8センチでした。

 

引用文献及び参考文献
原色日本蛾類幼虫図鑑(下) 保育社
日本幼虫図鑑 北隆館
原色日本蛾類図鑑(上) 保育社

 もどる すすむ ホーム