晶子のお庭は虫づくし

クロスジコブガの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記 食餌(クヌギ)1 2 3 食餌(コナラ) 4 5  食餌(クリ)6 7

コブガ科>クロスジコブガ
体長14ミリ、頭部は光沢のある黒色で丸く小さい。体はビロード状の黒褐色でよく発達した瘤起があります。前胸〜第1腹節および第4〜7腹節の気門上・下の瘤起と第1、第4腹節の亜背部の瘤起は橙色で白色の刺毛を叢毛し、中に黒色毛が混ざる。第2〜3腹節の各瘤起は黒色で生じる刺毛も黒色です。背線は白色で細く、前胸から第2腹節の前縁まで途切れがちに認められるが、第3腹節から後方では各環節に1個の小白斑として残るのみです。胸脚は光沢のある黒色。第3腹環節には腹脚がありません(腹脚は3対)。気門線は黄白色
似た幼虫にシメキクロコブガがいます。

食餌 クヌギ、コナラ、クリなどのブナ科植物の葉

2004年5月16日(日) 食餌 クヌギ

クロスジコブガ幼虫 クロスジコブガ幼虫
クロスジコブガ脱皮殻 クヌギの葉裏に糸をはり巣を作っていました。
脱皮直後のようで脱皮殻からありました。

体長は1センチです。

2004年5月18日(火)

クロスジコブガ幼虫 クロスジコブガ幼虫
第4〜7腹節の気門上・下の瘤起が橙色になりはっきりしてきました。体長は1センチです。

引用文献及び参考文献
日本産蛾類生態図鑑 講談社
原色日本蛾類幼虫図鑑(上) 保育社
日本産蛾類大図鑑 講談社
原色日本蛾類図鑑(下) 保育社
天蚕(ヤママユ)資料樹、ブナ科植物を貴主とする
鱗翅目昆虫相に関する研究 滋賀県農業試験場
日本幼虫図鑑 北隆館

 

もどる  つぎ ほーむ