晶子のお庭は虫つ゚くし

クロスズメの観察日記1

ホーム  サイトマップ  ガの仲間 観察日記1 2 3 4 5

スズメガ科>クロスズメ
体長約65ミリ。頭部は胴の太さに比べてやや大型、上方が狭まって卵型、黄褐色で2対の黒条縦走する。胴部は比較的細い円筒型。尾角の長さは約7ミリ、あまり湾曲していません。

側線が明瞭な白条をなし両側を細い黒線で縁取られています。側線の後端は尾角に向かわず、まっすぐに第8腹節の後端に至る。

背面は赤褐、または黒褐色です。尾角は赤褐色。胸脚黄褐色、腹脚暗褐色。

若令の頃は頭部は緑色で白条があり、胴部も緑色で一対の背線、側線は白色、気門下線黄緑色で濃緑の細線に縁取られています。
幼虫の出現は6〜7月及び8〜9月で2回の発生。蛹越冬
食餌 アカマツ、クロマツ、。ゴヨウマツ、エゾマツ、トドマツ、カラマツなどの針葉樹

近似種にマツクロスズメがいますが、クロスズメは亜背線が明瞭な白色で、上下が黒色で縁取られていますが、マツクロスズメは不明瞭で縁取りもありません。

また胸脚がクロスズメは褐色、マツクロスズメは白色です。

2003年7月6日(日)

クロスズメ亜終令幼虫 クロスズメ亜終令幼虫
アカマツにいたクロスズメの亜終令幼虫です。体長3センチです。

2003年7月9日(水)

クロスズメ亜終令幼虫 クロスズメ亜終令幼虫
体長3.8センチ、夕方より頭部がずれて眠に入ったようです。
クロスズメ亜終令幼虫

2003年7月10日(木)

クロスズメ亜終令幼虫 クロスズメ亜終令幼虫
頭部がずれてきているのがはっきりわかります。

参考文献
日本産スズメガ科幼虫図譜 風知社
原色日本蛾類幼虫図鑑 保育社
原色日本蛾類図鑑 下 保育社

もどる つぎ ほーむ

2011.4.30更新