晶子のお庭は虫づくし

モモイロツマキリコヤガの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記1 2 3

ヤガ科>モモイロツマキリコヤガ
体長約30ミリ、胴部細いシャクトリムシ状。第1〜第3腹節の亜背線部に各関節1対ずつの長い指状の突起を生じ、第3腹節のものはやや短い。

また第8腹節の背面中央に1本の長大な尾角様の突起を生じ、その先端は左右に二岐する。頭部暗紫褐色で触覚赤褐色。

胴部紫紅を帯びる暗黄褐色ないし暗褐色です。背線および側線は黒褐条なすが、きれぎれになり、気門線上と気門下線に一層細い暗色条が

さらにきれぎれにあらわれる。指状突起は濃色、気門及び胸脚は黒色。腹脚、尾脚も暗色です。

幼虫は6〜10月に見られます。 食餌 サルトリイバラ シオデ(ユリ科)

 

2004年7月4日(日)

モモイロツマキリコヤガ若令幼虫 モモイロツマキリコヤガ中令幼虫
一番小さい幼虫です。体長8ミリ 体長1.5センチ 
モモイロツマキリコヤガ幼虫 モモイロツマキリコヤガ幼虫
サルトリイバラにいるところを見つけたのですが、ちょっとでも葉が揺れるとあっという
間に地面に落下して姿を隠してしまいます。一番大きい個体は2.5センチです。

2004年7月5日(月)

モモイロツマキリコヤガ幼虫 モモイロツマキリコヤガ幼虫
一番大きな幼虫です。 一番小さな幼虫です。
成長とともに体の模様がはっきりしてくるようです。

 

モモイロツマキリコヤガ幼虫
シャクトリムシのような体勢をとっているこが多いようです。
A3、A4の腹脚は退化しています。

参考文献
日本産蛾類大図鑑 講談社
日本産蛾類生態図鑑 講談社
原色日本蛾類幼虫図鑑(上) 保育社
原色日本蛾類図鑑(下) 保育社
日本幼虫図鑑 北隆館

 

もどる  つぎ ほーむ

 

2011.5.8更新