晶子のお庭は虫づくし

ニトベエダシャクの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記1 2 3 4

体長約35ミリ。体はほぼ同じ太さの円筒形で、尾端は丸い。各環節には数本ずつの横皺が顕著です。

第5腹節には微小な腹脚があります。頭部は橙黄色で無紋。胴部は青白色で背面に灰色を帯び、

白粉を装うような感じがします。気門とその周辺が円形に黒紋をなして顕著です。

発生は年一回幼虫は5月上・中旬に老熟して土中に入り蛹化、羽化出現は11月中・下旬 常,に体を丸めている習性があります。
食餌 サクラ、リンゴ、ズミ、アラカシ、クヌギ、ミズナラ、ブナ、クワ、アカシデなど。

 

2003年5月5日(月)

ニトベエダシャク幼虫 コナラにいたニトベエダシャクの幼虫です。

体長は1センチです。

2003年5月7日(水)

ニトベエダシャク幼虫 ニトベエダシャク幼虫
体長は1.6センチです。

 

2003年5月11日(日)

ニトベエダシャク幼虫 ニトベエダシャク幼虫
体長は1.8センチです。移動の時は糸を吐いているようですが、
これは万が一の場合の命綱のようなものなんでしょうか。

参考文献
原色日本蛾類幼虫図鑑(下)
原色日本蛾類図鑑(上)
日本幼虫図鑑 北隆館

もどる  つぎ ほーむ

 

2011.4.30更新