晶子のお庭は虫つ゚くし

シモフリスズメの観察日記1

ホーム  サイトマップ  ガの仲間 観察1 2 3 4 5

スズメガ科 メンガタスズメ亜科 シモフリスズメ

終齢幼虫は体長70〜90ミリ。頭部はほぼ円形、腹部各環節にはほぼ7条の横皺があり、表面は平滑です。

尾角はまっすぐに伸びて、円錐形の突起が密生しています。緑色型と褐色型がいます。

蛹越冬で5月頃より羽化して年2回の発生、幼虫は6月から10月に見られます。

食草 ゴマ、クサギ、ハマゴウ、ムラサキシキブ、キリ、モクセイ、ネズミモチ、イボタノキ、ハシドイ、ヒイラギ、

オリーブ、オオバイ、シソ、ノウゼンカズラ、ガマズミなど。

2001年8月3日(金)

シモフリスズメの卵 ムラサキシキブの葉の上にシモフリスズメの卵と思われるもの

が産みつけらていました。

2001年8月4日(土)

シモフリスズメの卵 卵の色が白く変ってきました。.............................................

 

シモフリスズメの幼虫孵化 シモフリスズメの幼虫が孵化したようです。

体長は7ミリでした。

 

2001ン8月5日(日)孵化して2日目

シモフリスズメの幼虫l 体長は1.1センチでした。

スズメガにしては体がかなり細いような

気がるのですがこれから成長するので

しょうか。

2001年8月7日(火)孵化して4日目

シモフリスズメ 脱皮したようです。

2令幼虫でしょうか?

2001年8月10日(金)孵化して7日目

シモフリスズメ 体長は2センチになりました。

2001年8月15日(水)孵化して12日目

シモフリスズメ幼虫 体長は3センチです。

体の白い線がはっきり

してきました。

 

もどる  すすむ  ほーむ

2011.5.20更新