晶子のお庭は虫づくし

ツメクサガの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記1 2 3 

ヤガ科>ツメクサガ
老熟幼虫は体長約30ミリ。頭部は淡褐色で十数個の小黒点があります。胴部はやや光沢があり黄緑〜緑色または赤みや黒みの強い個体もいます。背面に多数の細い淡色の縦線を走らせ、体の各節縦線上に約14個の黒色突起があります。多発して高密度になると緑色部分がすべて黒色になります。若令の頃は葉裏から葉肉を食し表皮を薄く残す。3令頃から葉の表面に現れ、円形あるいは不整形な食痕をつくります。葉の縁から食害することはまれです。若令幼虫はシャクトリ虫状に歩行し、物に驚いたときは敏捷に落下します。
蛹で土中越冬

食餌 ヤグルマギク、キンギョソウ、アマ、ウマゴヤシ、テンサイ、ダイズ、アカツメクサ、アルファファなど

2003年8月15日(金)

ツメクサガ幼虫 ツメクサガ幼虫
ムラサキツメクサにいたツメクサガの幼虫です。体長は1.1センチです。

2003年8月16日(土)

ツメクサガ幼虫 ツメクサガ幼虫
ツメクサガ幼虫  下の幼虫はモンキチョウの幼虫で同じようにアカツメクサを
食餌にしています。
こうしてマクロ撮影すると違いがはっきりわかりますが、野外では同じように気門線が
白色で似ており、見分けにくい幼虫でした。ツヤっぽいのがツメクサガの幼虫です。
モンキチョウ幼虫 モンキチョウ幼虫
モンキチョウ幼虫

参考文献
原色日本蛾類図鑑(下) 保育社
日本産蛾類大図鑑 講談社
日本農業害虫大事典 全国農村教育協会

もどる  つぎ ほーむ

 

2011.4.27更新