晶子のお庭は虫づくし

ウリキンウワバの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記 1 2 3 4 5

ヤガ科>ウリキンウワバ
各地に普通に生息 出現期は7月〜10月 幼虫または蛹越冬
卵は約1ミリの球形で乳白色。老熟幼虫は体長約4センチ内外 全体に淡緑色で、頭部は小さく、体は後方に向かって太くなります。
食餌 キュウリ、メロン、スイカ、カボチャ、ヘチマ、カンピョウ、ヒョウタン、ユウガオ、などのウリ科植物やハクサイ、ダイコンなどの葉も食べます。

2005年11月11日(金)

ウリキンウワバ幼虫 ウリキンウワバ幼虫
ハクサイについていたウリキンウワバの終令幼虫です。体長3センチ
ウリキンウワバ幼虫 ウリキンウワバ幼虫

 

ウリキンウワバ幼虫
第3〜4腹環節には腹脚がないため、シャクトリムシのような歩き方をします。
ウリキンウワバ幼虫 ウリキンウワバ幼虫
腹脚の鉤爪は内側のみ半環状に並び、僅かに長さが異なります。右側写真の毛が生えたようなものが
鉤爪です。

2005年11月12日(土)
上記の個体は飼育ケースの上部隅で繭作りを始めました。

参考文献及び引用文献
日本幼虫図鑑 北龍館 
原色日本蛾類幼虫図鑑(上) 保育社 
日本産蛾類生態図鑑 講談社
日本農業害虫大事典 全国農村教育協会
日本産蛾類大図鑑 講談社
原色日本蛾類図鑑 保育社

もどる  つぎ ほーむ