晶子のお庭は虫づくし

ヨモギエダシャクの観察日記1

ホーム サイトマップ 蛾の仲間 観察日記1 2 3 4 2000〜2001年観察 2 3

シャクガ科>ヨモギエダシャク
体長55〜60ミリ 頭部は丸く、胴部は長大な円筒形で、背面から側面にかけての刺毛は疣起を伴う。特に第2腹節のものは大型で目立ち、第8腹節のものがこれに次ぐ。体色は緑色型、淡褐色型、暗褐色型がいます。

緑色型 全体淡緑を帯びた白色で、疣起は黄色、腹面中央は白色、気門は褐白色で黒環を持つ。胸脚淡黄色。

淡褐色型 全体淡褐を帯びる灰白色の地に黒色細点を密布し、縦条を作るが不明瞭。第2腹節の疣起は橙赤色で周囲を黒色に囲まれる。他の疣起は大きいものは黄橙色、小さいものは黒色。胸脚は橙褐色。

暗褐色型 全体暗灰色で淡褐色斑があり、疣起は赤褐色で黒色に縁どられる。胸脚は淡褐色、気門は淡褐色で黒環を持つ。
蛹越冬

食餌 キク、ダリア、ムギワギク、ヒメジョオン、ブタクサ、ダイズ、アズキ、クズ、バラ、モモ、ナシ、ユスラウメ、クリ、チャ、ミズキ、アカメガシワ、クララ、ホウキグサなど多食性です。

2004年7月4日(日)

ヨモギエダシャク幼虫 ヨモギエダシャク幼虫
クララにいたヨモギエダシャクの幼虫です。体長は1.7センチです。
右側の写真では糸を出して体を固定しているの
がわかるかと思います。

2004年7月6日(火)

ヨモギエダシャク幼虫
体長は3センチです。

2004年7月7日(水)

ヨモギエダシャク幼虫 ヨモギエダシャク幼虫
背中の黄色の疣起がはっきりわかるようになりました。体長3.3センチです。

引用文献及び参考文献
日本産蛾類大図鑑 講談社
日本産蛾類生態図鑑 講談社
原色日本蛾類幼虫図鑑(下) 保育社
原色日本蛾類図鑑 保育社
日本農業害虫大事典 全国農村教育協会 

もどる  つぎ ほーむ

2011.4.24更新