換気システムのフレームのサビ 2002年 2月16日 作成

2月10日、1年ぶりに換気システムの熱交換器部分のフィルター清掃をしました。
本来なら半年おきくらいで行うべきでしたがついつい伸びてしまいました。
結構な汚れのフィルター清掃はそれなりに終わったのですが、換気システムの外気ダクトが露出している部分がさびていました。

熱交換器を取り外したところです。
塗装がはがれた部分はすっかりさびていて雑巾にさびた鉄粉がたくさんついてきました。
さびていない部分も塗装が浮いてきていました。
熱交換器のダンボールのような部分の汚れもさびた部分は他の部分に比べ黒ずんでいました。


早々、スモリさんに連絡をとり製作した電機メーカーとも今後のことについてどうしたら良いか検討を御願いしました。

サビの原因として外気ダクトの冷気が結露してさびだしたのではないかと思います。
この部分は普段見えないところで建物の構造上も特に大きな問題になる個所ではないのですが、熱交換器フィルターには鉄粉がついて交換機の劣化を早める要因になるのではないでしょうか。
また、この様にさびた姿をみるとあまり気持ちよいものではありません。

結露によるものであれば結露しにくい構造に、また、結露してもサビない材質に等改善を電機メーカーには御願いしたいものです。

この現象についての対処等具体的にアクションがありましたらまた報告いたします。