白点病


症状と原因

白点病は金魚などを含めて、鑑賞魚飼育の中でもっともポピュラーな病気だといえるでしょう。また感染力が強いので、発生するとすぐに水槽全体に広がってしまう厄介な病気でもあります。その症状は、その名の通り魚のヒレや魚体に白い斑点が出来るというもので、病気の進行に伴って、白い部分がだんだん白くなって、最後には身体中が白くなり死んでしまいます。

この病気の正体は、イクチオフチリウスと呼ばれる繊毛虫の仲間の厳正動物である病原虫が、魚に寄生するために引き起こリます。この病気にかかると、魚はかゆがってしきりに魚体を底砂や岩などに擦りつけます。これは、寄生された部分の病原虫が動き回るためで、これが原因で傷がつき、より病原虫を体内に侵入させることになります。

また、この病原虫がエラに寄生して繁殖すると、エラの機能が低下して、酸素を取り込むことが出来なくなって魚が死んでしまいます。病気の名前の由来となっている白点は、この病原虫が繁殖をしているコロニーになっているわけです。

この病原虫は25℃以下の低水温で繁殖をし、高い水温では繁殖力が弱まるので、この辺が予防や治療のポイントになります。この病原虫は、濾過バクテリアのようにどんな水槽にも潜在的に存在しています。水槽の水温が1日に5度も変わるような環境だと、病原虫の大量発生に加えて、魚の抵抗力が弱まるために、一気に発病してしまいます。この病原虫のライフサイクルは、仔虫が魚に寄生することに成功するとその体液を吸って成長し、十分に成熟すると今度は魚から離れて水中を漂います。そして、底砂やガラス面などに付着すると分裂期に入り、1日で数百から数千の仔虫となって、再び水槽中に放出されて、再び魚に取りつくことを繰り返します。

分裂期に水温が高いと(25℃以上)より多くの仔虫に分かれますが、それぞれの個体の大きさは小さく、それだけ魚に取り付く機会は減ります。逆に水温が低いと(15〜22℃程度)個体の数は少なくなりますが、より大型の個体となり、遊泳能力も高くなるので、寄生に成功する確率も高くなります。しかし、一般の熱帯魚水槽での発病は、外から新しい魚を持ちこんだことがきっかけになっていることが、やはり多いようです。

この白点病は、淡水魚ならほとんどがかかる可能性があります。金魚などと比べると飼育水温が高いので、発病率は低いようですが、ネオンテトラ、カージナルテトラ、フレームテトラなどの小型カラシン、ブラックモーリー、トランスルーセント、ハチェット、エンゼルなどが発病しやすい熱帯魚だと言えます。


対策

病気が出た場合は、治療をしなければなりませんが、小型水槽に発症した魚を移して治療するのか、その水槽そのもので治療した方がいいのかで迷う人も多いと思います。

白点病は病気という名前にはなっていますが、原因は水槽中に病原虫が増えたことが原因です。ですから、発症した魚の手当てだけではなく、水槽全体の手当てをすることが大切になってきます。白点病によって死んだ魚には多くの病原虫が寄生していますから、すぐに取り除かねばなりません。

対応する市販の専用薬としては、「グリーンFゴールド」「メチレンブルー」「アマゾングリーン」などの殺菌を中心にしたものが用意されています。

薬剤の中には塩分が多く含まれているものもあるので、水草の入っている水槽に入れると、水草が枯れるなどの害が出ることがあります。また、活性炭やゼオライトなどの吸着濾過をおこなうものは、薬剤を吸収するので除きます。そのため水草の入っている水槽に使う場合は、水草を取り除いてから添加する方がいいでしょう。また、濾過バクテリアの働きもなくなりますから、1週間以内に水換えをするなど、.水質を維持する必要もあります。薬剤は規定量を添加した場合は、その効果は5日前後は続きます。

早期発見であれば、発症した魚だけをトリートメント水槽で薬浴させ、発症していない魚のいるメインの水槽は、27〜30℃の高水温にしておけば、病原虫の増殖を防ぐ事が出来ます。

白点病の治療は、寄生している病原虫よりも、分裂して水中を漂う仔虫を殺すことが目的です。寄生しているものは、魚の体内に潜り込んでいるために、薬剤で駆除する事は困難ですが、先にも書いたように、成熟すると自然に離れるので、その時を狙って駆除するわけです。

寄生された魚は体液をどんどん吸い取られているわけですから、それだけ体力を消耗します。ですから、治療する場合は十分なエサを与えて、体力を維持することも重要です。

1度発症して生き残った魚は、次の感染に対して耐性を持つようになりますが、逆に体内に病原虫を隠し持っている可能性もあります。そのため、1度収まったように見えても、新しい魚を入れると再び発症するというケースもよく見られるので、注意が必要です。


予防

白点病が発症するのは、病原虫のイクチオフチリウスが魚に寄生するためですが、これは自然発生する(バクテリアのように空気中から伝わる)場合もありますが、外から魚を入れるなどして、外の水を入れた時に持ち込まれるケースが多くをしめるようです。

ですから、新しい魚を買って来た時などは要注意。元気そうでもすぐにメインの水槽に入れず、小型水槽を用意して、数日間様子を見るようにするといいでしょう。

また、水温が不安定な状態が続くのも病原虫を繁殖させる原因となります。特に水温が低下する冬場は、ヒーターを能力の高いものに交換したリ、サーモスタットも信頼性の高いものに交換するなどして、水温が安定するようにします。特に魚の入れ替えなどで、水温の違う水槽などに入れると、発症する可能性があるので注意しましょう。この様な時は、新しい魚を入れる時と同じように、慎重に水合わせをするようにします。言い古されたことですが、水槽の水質を維持するために、こまめな水換えを定期的に行う事も大切です。

また、複数の水槽のひとつで発症した場合、水はね程度で他の水槽にも感染してしまうので特に注意します。また、ネットなどの器具も、発症した水槽とは違うものを用意して、感染が広がらないようにすることも大切です。


 

       日常管理の注意へ      魚の病気についてへ