バセドウのへや1/2

私は、2000年8月30日に血液検査の結果バセドウ(氏)病と診断されました。
この病気はとくに20〜30代の女性に多い病気で(ちなみに私は25才)、
甲状腺ホルモンが増加し、甲状腺の腫れ、食べても食べても痩せる、動悸、多汗、
眼球突出、手足のふるえなどの症状があるようです。私の場合そういう症状で
病院を訪れたわけではないのですが、たまたま風邪で訪れたときに、
甲状腺の腫れ(喉の写真)を指摘されました。そして検査を受けてバセドウ病とわかりました。
今は、早く発見できてよかったなと思っています。
治療法も確立されてる病気ですから、焦らず治していきたいと思ってます!


バセドウ病のしくみ 主治医から教わったバセドウ病の原因を図と文章で示してみました。
                   詳しい情報は、甲状腺専門の病院のHPで得られます。(リンクあり)

私のバセドウ病発見からの治療経過を日記にしていこうと思ってます。
のぞいてみて下さいね!

注)日記の中でかかれている治療等は、私にあったものを先生が選んで下さっているので
  あくまで参考程度に考えて下さい。
  同じ様な症状でも必ず主治医に相談して、ご自分にあった治療を進めてくださいね!


8月26日 発見!甲状腺の腫れ
8月30日 バセドウ病と診断
9月13日 やっぱりバセドウ 
9月15日 かゆいかゆい! 薬の副作用?! 

9月20日 先生、かゆいんです
9月27日 薬の効果はいかに?
10月25日 久々の診察
11月22日 TSAb復活・・・
12月27日 TSHが正常に!


HOME