ホーム|| 動物の権利|| FAQ|| 動物の権利リンク|| 趣味の話|| 趣味のリンク

趣味の日記



2000/08/24(木)



 「ヒカルちゃん」と言うと「西田ひかるか?」と言われる。
ちゃいまんがな、ヒカルちゃんゆうたら伊集院光・・やのうて、宇多田ヒ
カルちゃんに決まってまんがな。ええ年した、おっさんが「ヒッキー」な
んてゆうてんのも、気色悪いやろ? ちゅうたら、ヒカルちゃんでも十分、
気色悪いでと言われる。

ふん。



 とにかく宇多田ヒカルである。運良くチケットがあたり、8月23日千
葉マリンスタジアムのライブに行ってきた。千葉マリンスタジアムは遠い。
海浜幕張の駅までも遠いが、駅からも少々歩く。コンサート終了後はその
道が(特に歩道橋が)大量の人でごったがえして、まるで進まない。
もちろん電車も混む。くたくたになって帰ってくる。そのへんは、不満た
らたらだったが、コンサートそのものは申し分なかった。

 中止になった、徳島の振替公演が残っているが、一応ツアーの最終日で
ある。「Addicted To You」でコンサートは幕を開ける。最初のうちはちょ
っと声の調子がおかしくて大丈夫かいなと思ったが、すぐに立ち直った。

「やれる曲は全部やるよー」とのことで、このツアーではまだ4回目くら
いと言う「Give Me A Reason」をやった。名曲である。
 ツアーで2回目と言う「はやとちり」もやった。この曲は最初、聴いた
時は実になんとも地味やなあという印象しか残らなかったが何度も聴くと
とてもいい。これが才能というものだろう。ライブで聴くとやっぱり、地
味でたしかにライブ向きじゃないと思うが。

 結局、自分の曲はほとんど全部やったんじゃないかと思う。この人には
(少なくとも今までのところ)駄作というものはない。名曲ぞろいである。
それだけでも十分なくらいだが、一番の聴きものは実は他人の曲のカバー
だったかもしれない。

もともと、シングルに収録されている「Fly Me To The Moon」はもちろん
やった。

a〜ha の「Take on me」もやった。懐かしい。

一曲だけ知らない曲がでてきたが、あとから調べたら、
「Living on my own」というフレディー・マーキュリーの曲とのことだっ
た。のりの良い曲だ。

そして、「日本の夏特集」と題して山口百恵の「プレイバック Part2」
が出た。宇多田ヒカルの「プレイバック Part2」! 人間、生きている
と色々みられるものだ。得した気分である。


圧巻は尾崎豊の「I Love You」だった。

歌い始めたもののヒカルちゃん(!)は途中で歌詞を忘れてしまい曲を止めて
しまった。そして「もう一度歌わせて」といってやり直した。これがすご
かった。

はっきり言って一回目と全然違うのである。本当にすごかった。必殺の
ビブラート炸裂しまくりである。完全に本気を出したという感じだった。


もう、かなりはるか昔の事、巨人×中日戦をテレビでみていた。巨人が
1対0で中日をリードしたまま、9回裏の中日の攻撃になった。
ピッチャーは江川だ。中日の先頭打者は3塁打を打った。ノーアウト3塁。
これなら、悪くても同点にはなると思った(当然・・かどうかしらんが私
はアンチ巨人) でも、そこからの江川はすごかった。もろに本気を出し
た。あとの3人に手も足も出させず(3三振だったかもしれない)そのま
ま試合を終わらせてしまった。江川は嫌いだが、それでも本気になった天
才はすごいもんやなと感心した。

そんな事を思いだした。
いやあ、すごいもんを見させてもらった。あれ一曲だけでも十分価値は
あったかもしれない。



千葉は遠かったけど。



 ※後日記
  この日のライブはほとんど、そっくりそのままビデオ/DVDとなった
  わけです(もちろん、買いました)


...............



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ