ホーム|| 動物の権利|| FAQ|| 動物の権利リンク|| 趣味の話|| 趣味のリンク

趣味の日記



6年ぶりの宇多田


2006/8/18(金)




6年ぶりに宇多田ヒカルのライブを観に、さいたまスーパーアリーナに行く。

もうあれから6年もたってしまったんだ。早い。あっという間だ。6年と言えば小学校1年
生の子供は中学生になっているのだ。でも6年たってもヒカルさん(何となくヒッキーとも
ヒカルちゃんとも書きにくくて困っている)はまだ23歳。若いなあ。前、観た時なんてま
だ17歳だったんだもんなあ。

さて、ヒカルさん登場。でも、あれっ? 声があまり出てない。特に高音部が出ない。
「First Love」でも聴かせどころの高音部が出なくて苦しそうだし、「誰かの願いが叶う
ころ」ではメロディーラインを変えて歌ってるほどだった。本人もだいぶつらそうに見える。
体調が悪いのだろうか。ツアーというものは多少調子が悪くても、キャンセルするわけにも
いかず大変なんだろうな。がんばれ。

ステージの途中に「2分だけ待って」と言ってちょっと引っ込む。不思議なことにその後、
声はだいぶ復活したみたいだ。あの2分間に何をしたのだろう。謎だ。

選曲は最新作(ULTRA BLUE)からが中心になるかと思っていたが、そんなこともなくシング
ルになった曲を中心に全アルバムからまんべんなく選んだ感じだった。レパートリーもずい
ぶん増えてきたし、やはりこうせざるを得なかったのかな。前回のライブの時はまだアルバ
ム1枚とシングル数枚を出した時点だったので、持ち歌すべてをやった上に山口百恵
(Playback Part2)や尾崎豊(I Love You)などのカバーに椎名林檎の物まね(笑)まで
してくれたんだが、さすがに今回はそういうわけにはいかない。

アンコールの一曲目は「Automatic」だったが最後に一番聴きたかった「光」をやってくれ
て嬉しかった。「Automatic」で終わっちゃったらこの6年間はなんだったのだという感じ
になってしまう・・というほどのことでもないかもしれんが。「光」は名曲中の名曲だ。

アンコールも含めて2時間ほどでステージは終了。なんだかあっという間だった。

席がステージの右手はるか上をいう特殊な場所だったせいもあるが、なんとなく自分の気持
ちがうまく演奏に入りきれないまま終わってしまった。前回の千葉マリンスタジアムも席は
ずいぶん遠かったがもっと入り込めた気がする。会場のせいもあるかもしれない。前回は頭
の上は空だった。空の下での一体感。One nation under the sky である(なんのこっちゃ)
今回は無機質な屋根の下。どうせでかい会場なんだったら頭の上は空の方がいい。

神宮球場で観る野球と東京ドームで観る野球の違いみたいなものかもしれない。
どうして、ドーム球場なんかがこんなに増えてしまったんだろう。話がずれてますが。



...............



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ