ホーム|| 動物の権利|| FAQ|| 動物の権利リンク|| 趣味の話|| 趣味のリンク

趣味の日記



一杯のかけそば


2007/3/1(木)


先日、大阪の実家に帰った際に長年の友人である、カイガラくん(自称)と会い、久々に一
緒にスタジオに入って、セッションを楽しんだ。

4年ほど前の一時期:日韓ワールドカップで国中が騒いでいた頃:カイガラくんは東京にい
て住所も私の家から比較的近かった。大体2週間に1回のペースで東中野にあるスタジオに
入り二人でセッションをしていた(その後は決まって飲んでいた)。オリジナルはやらず、
邦楽もやらず、大体は古い渋めのロックのカバーをしていた。

私たち二人の音楽の趣味は根本的には異なるが、重なっている部分もある。問題は、カイガ
ラくんがやりたいのは、弾き語りであり、私がやりたいのはリード・ギターを弾くことで
あった点だろう。カイガラくんの方が折れてくれた事もあったし、ボブ・ディランの曲を無
理矢理なアレンジでやった事もあった。でも考えてみれば、大体、私がやりたい曲をやらせ
てもらっていた様な気がする(Led Zeppelinだけは頑として拒否されたが)。自分で言う
のもなんだが、勝手なやつである。

で大阪に帰った時の話。

最初は大阪で会った。次の日、カイガラくんは(一人で)京都のスタジオに行く予定だと言
う。毎週スタジオに行くことを自らに課してるそうだ。自ら物事を決め、それを実行してい
くタイプなのだ。私も自ら物事を決めるという点では一緒だが、それを実行するかどうかは
分からないという点で大きな隔たりがある。

邪魔しないから、スタジオに遊びに行っていいかと頼んだらOKしてくれたので、京都のス
タジオに行かせてもらう。私用にギターも持ってきてくれた。カイガラくんとしては、スタ
ジオ予約3時間のうち、1時間くらい私と遊んで、残りの時間を自分の歌の録音に当てる予
定だったらしい。しかし、久々に合わせてみると面白かったので、結局ほとんど、まるまる
3時間二人で遊んだ。簡単な録音機材で(本当にシンプルな機材だが音は優秀、でもカイガ
ラくんは本気で録音する時はもっとすごい機材を使うらしい)少し、録音もした。

いやあ、本当に楽しかった。ギターを弾くのさえ実に久しぶりだった。音楽というのは本当
にいいなと思った。音楽とは文字通り、音で楽しみことだ。別にプロを目指しているわけで
はないから、楽しければそれでいいのだ。ちなみに私は人前で(仲間うちならいいけど、
ちょっとあらたまった場所で)演奏するのは大嫌いだ。変わり者だろうか?

あまりにも楽しかったので数日後、次の週末もう一回スタジオで合わせてもう何曲か録音し
たいのだがとカイガラくんに電話した。親切なカイガラくんはこれも承諾してくれた。再
度、スタジオへ行く日までの数日間、私は久々に、ややまじめにギターの練習をした。実家
には大昔に買った安物のストラトのコピーモデルが置きっぱなしになっている。
アンプはない。アンプ無しでエレクトリック・ギターを弾くのは実につまらんがまあ、仕方
ない。金もないことだし。

(どうでもいい話だが、わたしはエレキギターという言い方にはどうしても抵抗がある。加
山雄三じゃあるまいし。村上春樹氏は小説の中で電気ギターと書いていた。正しいかもしれ
ないがそこまでも割り切れない気もする。慣れの問題だろうが)


約束の日、私はこの安物のストラトのコピーモデルを持って、京都へ出かけた。ギターは
カイガラくんが用意してくれるから持っていかなくても良かったのだが、えせストラトの
アームをジミヘンの曲で使いたかったから。

さて、スタジオに入ってからが大変である。昔、やった曲を思い出しては練習し、録音し
て・・の繰り返し。結局、以下の6曲を録音した。どうでもいい情報ですが、録音日は
2007年2月18日です。

Little Wing(Jimi Hendrix)
Knockin' on Heaven's Door (Bob Dylan)
I Shall be Released (Bob Dylan)
Wild Horses (The Rolling Stones)
While My Guitar Gently Weeps (The Beatles)
Here Comes the Sun (The Beatles)

ボブ・ディランなんかは、割とあっさり終わったが(何だかもうこれ以上、やりようがない
という感じで・・ボブ・ディランというのはそういう人である←ほんまかいな)後の曲は結
構大変だった。おまけに、コピー・ストラトはちょっと弾いただけでチューニンングが狂っ
て使いものにならず、録り直したり。

3時間の予定がそれでは足らず、4時間に延長してびっしりやった。(後述するが、びっし
りと言っても私だけちょっと昼食休憩した)最後に 'Here Comes the Sun' のアコース
ティック・バージョン(Vocalとギターの完全分業制)を録ろうとしたが、私がギターをミ
スったところで時間切れ。

終わったら、くたくただった。でも充実感があった。プロのミュージシャンなら「よう働い
た」ということになるのだろうが、我々はプロではないので、「よう遊んだ」というとこだ
ろうか。でも遊んだというのともちょっと感じが違うな。まあ、とにかく満足だった。

この時の録音の一部をカイガラくんが編集しネットに公開してくれたので、ここで紹介。し
かし、本当に器用な人だ。
カイガラくんの音楽室

'Wild Horses' は私も納得の出来だが、'Little Wind' と 'Knockin' on Heaven's Door' 
に関しては、チューニングの狂った、えせストラトで弾いているので、すごく気持ち悪い。
どうか、ご辛抱を。カイガラくんによると、ほとんどのテイクが音割れしていて使えなかっ
たそうだ。私はそうも思わなかったけど(録音を全部、CD-Rに焼いてもらって聴いたの
だ)音に厳しい人なのだろう。

私はエレクトリック・ギターを弾いているだけで、歌もアコギもカイガラくん。'Knockin' 
on Heaven's Door' のハーモニカもカイガラくん。このハーモニカが実に味がある。うまい
のか下手なのかよく分からないが、とにかく味がある。まさにボブ・ディランみたいなハー
モニカ。


*********************************************************************
ここから話は変わって、そのスタジオのご主人の話。
そのスタジオは京都、阪急桂駅の近くの・・うどん屋にあった。。というのは嘘だが、うど
ん屋のわきの階段から登った二階にあったのだ。このうどん屋のご主人は、音楽好きでスタ
ジオまで作ってしまったのだが、それだけでは食っていけずうどん屋もやっているらしい。

そのご主人とカイガラくんが「もうかりまっか?」みたいな話を(カイガラくんはそんな下
品な言い方はしないが)していた。

「いやー、あかんな。そりゃスタジオから収入はあるけど、最初作る時に億単位の金をかけ
てるしな。補助金が降りればもう少し楽になるんやけど」
(注:台詞は大雑把な記憶で書いてます、正確ではありません)

補助金? なんでスタジオに補助金がおりるんだ?

話を聞いてみると、このご主人は長年、ボランティアで子供たちなどに音楽を教えていたら
しい。そのNPO活動(・・という表現でいいのかな)に対し、補助金がおりるかもしれない
ということだそうだ。

色々と有名人の知り合いも多いらしい。
「クロード・チアリとも知り合いやで。あの人が昔やってたバンドはえらい人気でビートル
ズが前座を務めたこともあんねんで」

あとで、調べたらそれは「レ・シャンピオンズ」というバンドらしい。「ビートルズの前
座」ではなく、「ビートルズが前座をした」のである。へえーとか思って聞いていると

「それから、ほれ、あのめくらの・・めくらっちゅうたらあかんけど、あの目の不自由な・・」
「長谷川きよしですか?」
「いや、そやなくてあの黒人の・・」
「もしかして、スティーヴィー・ワンダー?」
「そや、そいつや」

ええー。おおものすぎるーー

それから、ご主人はやおら携帯を取り出す。
「えっ、もしかしてこれから、Hi,  Stevie とか電話するんですか?」と茶化すがご主人は携
帯の写真を見せたかったようである。

「ほら、これがスティーヴィー・ワンダーやろ。ここにおるのが知事でこれがわしや」
ほんとだ。。
「これは、小泉や」
小泉前首相と一緒に写っている写真である。もう口あんぐりである。

「そのうち、勲一等くらいもらえるんじゃないですか?」
「いや、今は勲一等とかそういう勲章はなくなってんね」
そうなんや。

「ベンチャーズがお好きとか?」(これはカイガラくんから、ちらっと聞いた情報)
「いや、そんなにベンチャーズが好きというわけやない。人に教える時、ベンチャーズや
と、やりやすいいうだけや」
「じゃあ、何が一番好きです?」
「うーん、やっぱりビートルズかな」
「あの。。握手してくれますか」

握手してもらう。

「で、次はやっぱりレッド・ツェッペリンですよね?」
「うーん、まあそやな」(顔は明らかに否定していた)

まあそんな会話をしてびっくりしたのが一回目。



次に行った時、腹ごしらえにスタジオの待ち合わせ室でパンを食べようとしていたら(スタ
ジオ内は飲食禁止なのだ)上にあがってきた、ご主人と会う。

「あっ、こんにちは。そういや下はうどん屋でしたね。こんなもん食べるよりうどん食べた
方がいいかもしれませんね」
「そりゃそや。うちのかけそば、うまいでえ。何なら、出前したろか」
「そうでっか、ほな一杯のかけそば、いただきましょか」
「よっしゃ、ほなすぐ作って持ってきたるさかい待っててな」
と主人は去って行った。

しかし、考えてみれば出前っちゅうても一階から二階に持ってあがるだけである。こんなと
こでぼけっと待ってるのもあほらしいので下の店に降りた。店の女の子と少し話をする。

「お客さんは、京都の方ですか?」
「いや、住まいは東京で今は大阪の実家に帰省中なんやけど。。そういや、わし、関西に来
たらうどん食お思ててん。なんで、そば食わなあかんねん。ちょっと、マスターよんでん
か」(字面だけじゃ伝わらないかもしれないが、これは関西的冗談のノリである)

で、本当にマスター(ご主人)が来る。

店の女の子「このお客さんが、なんでうどんやなくてそば食べさせんねんと怒ってはります
      けど」
マスター 「そりゃ、お客さんが、一杯のかけそばが食べたいゆうてんねんさかい、一杯の
      かけそばを出さんと失礼やろ」
私    「はい、そのとおりです。すみませんでした」

かけそば到着。いただく。

そして、お約束の関西風お会計。
「400万円でんな」
「400万円でっか。えらい安いでんな。ほな、1000万円から」
「へえ、600万円のお返し。おおきに」

実際、400万円・・じゃないや。。400円のかけそばはうまかった。東京で400円で
はなかなかこのレベルのそばは食べられないだろう。原価からいっても、うどんよりそばの
方が高いらしいし。

カイガラくんに、この話をする。クールなカイガラくんは言い放つ。
「そこで、4億円とか言われたらどうします?」
「そりゃ、一生懸命単位を合わせて、じゃあ10億円からとか言うやろけど、とっさに言わ
れたら対応でけへんかもしれんな。大体、まだ生まれてから一回もそんな関西人に会ったこ
とないで。もしおったら学会に報告せんとあかんな」


いや、関西とは実にアホらしいとこである。しかし、そのアホらしさがやっぱり好きだ。
なんだか、大阪に帰りたくなってきたなあ。さて、どうしたものか。。

...............



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ