ホーム|| 動物の権利|| FAQ|| 動物の権利リンク|| 趣味の話|| 趣味のリンク

趣味の日記



ビリー・ジョエル 愛のかけ橋


2007/3/3(土)


昨夜、20年来の友人と久々に会った。もう二人とも押しも押されもせぬ中年のおっさんで
ある。さすがにまだ「最近の若いもんは・・」などとは言わないが、近況、昔のこと、
ツェッペリンと、話はあっちゃこっちゃへ飛ぶ。

そんな話の中・・

「昔、中学で色気づいてきたころなあ、ちょうど『キング・コング』(※注:1976年作の
 やつ、ジョン・ギラーミン監督)を観てジェシカ・ラングの色気にすっかり、やられても
 うてな」

「うん」

「ほんで、ジェシカ・ラング見たさに『キング・コング』を2、3回観にいったんやけど
 な」

「おう」

「問題は、2本立てやったことや。『キング・コング』2回観るためには、どうしてももう 
 1本のしょうもない映画を観なあかんかってん・・」
(さすが、中学生。金はないが暇ならいくらでもあるぞという感じだ)

「・・なんちゅったかなあ、あのしょうもない映画。・・そや、『ビリー・ジョー 愛のか
 け橋』や!」

「えっ、『ビリー・ジョエル 愛のかけ橋』?」


「『ビリー・ジョエル 愛のかけ橋』!!  どんな映画やねん? それ」

「だから、ビリー・ジョエルがまだ売れてない頃、それこそピアノ・マンみたいにバーの片
 隅でピアノ弾いててやな・・そこに女の子がやってきて・・」

なるほど。もし、そんな映画があったらちょっと観てみたいが、そんな映画あるかい!!

答えはやはり、『ビリー・ジョー 愛のかけ橋』だった。
少なくとも2回、下手したら3回以上観ているはずだが、ひたすら暗い映画だったというこ
と以外、ほとんど何にも覚えていない。


ところで、「ジェシカ・ラングが好き」と言っても若い人はジェシカ・ラングを知らない
し、もう少し年齢層が上で彼女を知っている人でも賛同する人に会ったためしがない。しか
し、一時は(まあずいぶん、昔のことだけどさ)かなりの人気をほこった女優である。

村上春樹氏の‘THE SCRAP’ 懐かしの1980年代 にも彼女の話が出てくる。

>彼女は言うまでもなくメリル・ストリープと並んで今アメリカで「最も存在感のある女優」
>として高く評価されている人である。
<中略>
>「ジェシカはビュイックの血のまじったデリケートな子鹿だ」とジャック・ニコルソンは
>  彼女を評している。「彼女の前にひざまずきたいと思わないような男はまずいるまい
>  ね」

うんうん、よく分かってるじゃないの、ジャック。


さて、この1976年版の『キング・コング』、まあなんせキング・コングなんだから、ただ
の娯楽作品でしかないが、まずまず良くできているのではなかろうか。それからなんたって
ジェシカ・ラングが魅力的だし(笑)、まだ若き日のジェフ・ブリッジスもいい。この人も
その後、私好みの映画(「白と黒のナイフ」、「フィッシャー・キング」、「フィアレ
ス」、「ビッグ・リボウスキー」等)でしばしば目にする名優となった。


もう一つ、今となっては印象的なのが、この時キング・コングがワールド・トレード・セン
ター(以下、WTC)に登ったこと。

私は小さい頃ほんの一時期、アメリカに住んでいた。ニューヨークは日帰りで行ける距離に
あったので、何回も家族ででかけた。その頃丁度、WTCが建設中だったのを覚えている。

それから約四半世紀が経ち、ニューヨークを最訪した際、WTCの展望台にあがった。12月
のふきっさらしの中(寒かった)で見た夜景の美しさが印象的だった。

その数年後、ご存知のようにWTCは一瞬にして、この世から姿を消した。

それを思うと何だかしみじみする。
未来のことなんて誰にも分からない。


今後もまたキングコングはリメイクされるかもしれないが、WTCに登ったコングはあれが唯
一のものとなるだろう。

...............



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ