ホーム|| 動物の権利|| FAQ|| 動物の権利リンク|| 趣味の話|| 趣味のリンク

趣味の日記



渡辺明竜王 vs ボナンザ


2007/3/21(水)




品川プリンスまで、「渡辺明竜王 vs ボナンザ」を観に行った。
将棋界のトッププロと最強の将棋ソフト「ボナンザ」が平手で対局する世紀の一戦(?)であ
る。

でもどうも盛り上がっているのは、マスコミ関係者が中心で一般の関心は今ひとつ低いみた
いだ。この対戦はネットでも観戦できるのでどうしようかと迷ったが、5日くらい前にやっ
ぱり現地に観に行こうとチケットを買った。最終的にチケットは完売となったみたいだが
この時点ではまだ間に合ったのだ。実際、行ってみたら観客はそれほどの人数でもない(そ
の分、やたらプレスの人が目についた)

NHKではこの対戦についてそのうち特番を放映するらしいが、10年程前、チェスの世界で
コンピュータ(IBMのディープ・ブルー)が人間(カスパロフ)に勝った時は、世界中で大騒ぎ
になったことを思うとこんなに関心が低いのは意外な気がする。下馬評ではまだまだ人間
(渡辺竜王)の方が有利と言われているせいもあるだろうが、それにしても。

まあとにかく、品川プリンスに到着。
前回、NHKの公開収録で将棋を観に行った時(放映が終わったらこの時のことを書くかもし
れません)の客層は、ほとんどが中高年男性だったが、今日の客層はだいぶ幅広い。女性も
若い人も見うけられる。やはりこの特殊な対局の性格を反映しているのか。

大和証券が単独スポンサーとなっていて、その分、企業の自己主張が鼻につく。なんとも気
色の悪い開会式。代表取締役の挨拶があり(そんなもの聞きたくない)、「主役の登場で
す」とかいって下らないジングルと共にスモークがたかれる(そんなもんたくなよ)。 ど
うも日本の企業にはあまり表に出ず、スマートにスポンサーになるという発想がないみたい
だ。「金を出してるんだから、やりたい様にやるのは当然」と思ってるんだろうか。ボナン
ザの開発者、保木さんも竜王はじめ将棋関係者もさすがに困惑気味の様子。


開会式での保木さんの言葉「(ボナンザを)作ったのは私ですが、今日はただの操作係で
す。先ほどコンピュータ将棋協会の会長が「勝つ確率は100万分の1」と言われましたが、
私は勝つつもりできました。確率は10万分の1とさせて下さい」

コンピュータの強みは「心がないこと」とも言われている。コンピュータは相手の指した手
に動揺したりしない。自分の指した手がまずかったと悔やんだりもしない。淡々と最善手を
探すだけである。しかし、当たり前のことだが、コンピュータに心はなくとも、ソフトを
作った人は生身の人間である。今日までやれるだけのことはやって、対局が始まれば
「ただの操作係」であるはずの保木さんが見るからに緊張している。ボナンザの手を指す役
は奨励会(いわばプロ棋士の見習い)の人がやったのだが、初手だけは保木さんが指した。
この時だけマスコミがステージ(今日の場合は360度まわりを囲まれたステージ)近くにき
て写真を撮ることが許可されている。写真撮影用に初手を指す動作を繰り返すのだが、保木
さんの手は明らかに震えていた。対する、渡辺竜王は落ち着きはらっている。この対照的な
姿は(言っちゃ悪いが)見ていて面白かった。


まあそんなセレモニーも終わり、いよいよ本格的に対局が始まる。持ち時間は各自2時間ず
つ、それが切れると一手1分以内。長丁場になるのか。

ところが、いざ対局が始まるとものすごいスピードで手が進んで行く。ボナンザも竜王もほ
ぼノータイムで指していく。せっかくの勝負があっさり30分くらいで終わったら嫌だなあ
と思い始めていたらボナンザの手(ボナンザに手はないけれど)が止まった。頃合いを見
て、宴会場に設けられた大盤解説に移動する。この移動は結構遠かった。

大盤解説は森内名人、鈴木大介八段、木村七段が順番に担当。聞き手役で中井広恵さん、山
田久美さんとなかなか豪華。これで千葉涼子さんが来てくれたら言う事ないのだが、まあそ
れは個人的な願望。木村七段の解説はすごくおかしかった。おもろい人や。

ボナンザは、四間飛車に振って一目散に穴熊に囲った。金銀4枚で固めた、がちがちの穴熊。
対する竜王も居飛車穴熊に。双方、相当固い。ボナンザの方はがちがちに固めたのはい
いんだけど、そのせいで攻め駒が飛車と角ぐらいしかない。(悪手かどうかはともかく)人
間ならまず指さない様な手も出たりして、このまま見せ場もなく負けてしまうのではないか
という雰囲気になりかけた。

ところが、そこからのボナンザがすごかった。角を見事にさばいて馬を作った。対する竜王
も竜を作ったが、優劣不明ぐらいの形勢まで持ち込んだ。指し手を間違えそうな難しい所で
も正確に指す(もちろん、これは解説を聞いてるから分かる事。私の棋力では到底分からな
いレベルの高い話です)

でも最終的には終盤に竜王が切れ味の鋭い攻めと正確な寄せで勝利する。ボナンザも攻め合
いに行ったのだが、最後は桂馬がないと王手がかからない形(桂馬ゼット)になり、一手違
いの負けとなる。

勝負の行方がほぼ決まった段階の大盤解説室。観客から「ボナンザの棋力はどれくらいなん
でしょうか?」という質問が飛ぶ。それまで快調にしゃべりまくっていた木村七段が、言葉
につまっていると中井さんが「竜王と一手違いということですよ」とうまい答え方をする。

専門的には、一手違いと言っても最終的にかなりの差が開いたということになるらしいが、
それでも竜王と一手違いなのだ。並の力じゃない。渡辺竜王は局後の記者会見でも「毎回、
勝てる自信はない」と言っていた。10万回に1回どころか、少なくとも100回に1回くらい
は勝ちそうだ。失礼だが並のプロ相手だと10回に1回くらい勝つような気もする。竜王は序
盤中盤こそ、ちょっと慎重すぎるかと思うくらいの指し回しだったが、終盤戦の寄せ合いで
は一手の狂いもなかった。一手でも間違ったら危なかったかもしれないし、プロと言えど
も、なかなかここまで完璧に指せるものではない。ボナンザの強さにも驚いたが、弱冠22
歳の竜王の強さも再認識させられる結果だった。


対局は約3時間で終了した。ボナンザの消費時間は1時間55分。渡辺竜王は1時間11
分。持ち時間が短ければ短いほどコンピュータの方が有利と言われていたみたいだが、
結果的にボナンザの方が長く考えていたのが興味深い。最後の方で決定的に不利になってか
ら、往生際悪く長く考え込んでいたのが人間臭いと言うか何を考えてるんだか。
詰まされるまでやるのかなあと思っていたら投了。形勢を自分で評価し、一定以上の差が着
いたら投了するという設定にしてあったらしい。

とにかく驚いたのは、ボナンザが中盤に強かったことだ。一般的に将棋ソフトは序盤は定跡
を覚えさせればいいし、終盤の読みは正確(たとえば詰め将棋を説く力では、すでにコン
ピュータが人間を上回っている)、問題は中盤だと言われている(・・と思う) しかし、
ボナンザは中盤で見事に力を出した。正直言って、これは人間を追い抜くのは時間の問題で
はないかという気がする。



局後に行われた記者会見の内容は極めて興味深いものだった。

まずは渡辺竜王。

一週間くらい前から、ボナンザ対策を研究しまくったらしい。

「好きな手、嫌いな手、長所、短所、かなりの事が分かりました。現在、プロ棋士でボナン
ザについて一番詳しいのは僕でしょう(笑)」

えーと、上記は記者会見じゃなくて、渡辺さんのブログからの引用(更新、はや)でした。
すみません。竜王、おつかれさまです。

でも竜王が研究したのは自分のPC上のボナンザであり、本番ではもっと強いものが出てく
るのが心配だったそう。その心配は現実のものとなり「大体、大駒一枚分くらい」強くなっ
ているとの印象を受けたと言う。序盤の指し手が早かったのは自宅のボナンザと指し手が同
じで研究通りだったせいらしい。しめしめと思ったが、そのあとが違ったそうだ。自宅のボ
ナンザは強引な攻めを仕掛けてきて自滅するのだが、今日のボナンザはそういった攻めを
「思いとどまった」とのこと。ふーん。


ボナンザの開発者、保木邦仁さんのコメントは更に興味深い。(以下、大体の記憶で書いて
ます)

「とにかく、鑑賞に耐えうる棋譜が残せただけで大満足です」
「マシンのスペックもあがっているが、プログラム自体も改良しました。竜王の大駒一枚く
らいと言う表現は(自分は専門家ではないので)良く分かりませんが、「次の一手」問題の
正解率が少なくとも3%くらい良くなりました。これは相当大きいことだと思います」

竜王の攻めの決手となった「3九龍」について質問が出る。ボナンザはこの手を軽視してい
たらしい。どうしてそうなったのか?

「一直線の読みというものができないことに問題があったのだと思います。すべての手を読
めるというのはコンピュータの長所でもあるのですが、この様なケースで一直線の読みがで
きないということは短所となることが分かりました。この点については今後、改良できると
思います」

ちょっと難しい話になっているので記者から追加して質問が出る。多分、間違ってないと思
うのだが以下は私の解釈。

人間・・というかプロであれば一目で、この先は変化がなく一直線に進むと分かる局面があ
るが、ボナンザにはそれが認識できない。たとえば、プロが10手先までが、一直線だと判
断したら、そこから先の手を読むのだがボンンザにはそれが出来ない。その様な場面で仮に
ボナンザが20手先の変化まで読んだつもりでもプロの目からすると実質的には10手先まで
しか読んでいないことになる。・・もうひとつうまく説明できないが、大体そういうことで
はなかろうか。

「今後の課題は?」との質問に「序盤だと思います」と保木さんは答える。

終盤での修正すべき課題はさっき言ったとおり。中盤での強さは見せつけた(保木さん自信
がコメントしたわけではないが)。問題は、序盤。駒の配置というのは重要だと保木さんは
考えているらしい。単に定跡を覚えさせるだけでは満足しないのだ。隣で竜王もうなずいて
いる(様に見えた) 保木さん自身は将棋の腕は(自称)初心者らしいのだが、とにかく頭
のいい人なんだなと思う。

そもそも、保木さんにとって将棋ソフトの開発は趣味であったそうだ。(本職は東北大学大
学院の研究員、専門は理論物理化学)自分自身は将棋に関しては、まったくの素人なので、
どうしたら強いソフトが作れるかという方法論を考えた。そしてボナンザに膨大な棋譜を覚
えさせ「自分で強くなる」ようにしたという。(それを具体的にどうやるのかは私には想像
もつかないし、説明されても多分理解できないだろう。しかし、それこそ本当の人口知能
(AI)かもしれない)

そうやって単なる趣味から生まれたボナンザは昨年、初出場した、世界コンピュータ将棋選
手権大会(コンピュータどおしで戦う)で、優勝した。個人が趣味で作ったソフトが、いく
つもの会社が相当な人とお金と時間をかけて開発してきたソフトを負かしてしまったのであ
る。


一番興味深い話は「今回、渡辺竜王対策としてソフトを特別に修正したのか?」という質問
に対する答えだった。

渡辺竜王の棋譜はボナンザの参考になるほどの量があるわけではないので、今回それは考え
なかった。

ボナンザを強くする理想的な方法はプロを相手に数多く指すことだが、膨大なデータが必要
なので人間相手にそれをやるのは実質上、不可能だ。それでどうしたかと言うと、他のソフ
トを相手に何10万局も指させた。そうするとボナンザは穴熊ばかり指すようになった。



多分、近い将来ボナンザが(あるいは他のソフトが)人間に当たり前に勝つようになるだろ
う。そして結局「四間飛車穴熊が一番強い」と結論が出てしまうかもしれない。もしそう
なってプロがこぞって、四間飛車に振り穴熊に囲うようになったとしたら、ちょっと味気な
い様な気もする。

でも、私も四間飛車の穴熊は大好きです。あまり勝てないけど。


**************************
※この日の棋譜は大和証券杯ネット将棋公式ホームページで見る事ができます。
最初に簡単な登録(無料)が必要ですが。

それから渡辺明竜王のブログです。ご参考まで。



...............