ホーム|| 動物の権利|| FAQ|| 動物の権利リンク|| 趣味の話|| 趣味のリンク

趣味の日記



死刑廃止論


2007/9/1(土)



最近の日本では、凶悪な事件が多発し増加しているように見える。しかも凶悪な事件があま
りにも安易に起こされるケースが目につく。こうしたことが続くと人々の心もすさんでき
て、「そういう犯人は死刑にしてしまえ」という声が優位になる。そういう風潮が次の凶悪
な事件の土壌となる。悪循環であり、どこにも救いが見えない。 



死刑制度についてはまず冤罪の問題が思い浮かぶ。あるいは死刑を執行しなければいけない
立場の人間の心的な負担も問題となるだろう。でもそれよりも根本的なところで死刑という
ものに対して、疑問を感じる。 


何よりも違和感を感じるのは、国家が「合法的に」人間を殺すということだ。 

法律や裁判は極めて恣意的なものだというのを覚えておいた方がいい。ちょっと風向きが変
われば、法も裁判も、どの様に運用されるか分かったもんじゃない。それは、戦時中の日本
を見ても、あるいは現在、不倫や贈収賄を理由に死刑を執行する国があることを見ても分か
ることだろう。どんな場合であろうとも国家が人の命を奪ってはならないという原則を作る
べきではないだろうか。(現実には国家をしのぐ様な殺人者は存在しないのだが。第二次大
戦の犠牲者の数を考えても) 

国家権力という側面をひとまず置いておくとしても、「人が人を裁く」ことの危うさという
ものがある。 

本来、人が人を「正しく」裁くことは不可能だ。もし、人を正しく裁ける存在があるとすれ
ば、それは神ということになるだろう。人が人を裁くという行為は、社会を維持するための
必要悪だというくらいに思っておいた方がいいのではないだろうか。必要悪としての裁きの
結論に死刑が含まれるのは行き過ぎだと思う。 

若い頃は、人間の「責任」とは何かということについてよく考えた。


もし、人間の存在は、持って生まれた遺伝的要素と育った環境によって決定されると考える
なら… 
1.遺伝的要素に本人の責任はない。 
2.育った環境も本人の責任ではない。 
じゃあ、そもそも人間に「責任」なんてものがあるんだろうか…と考えたわけだ。 

今は、そうは考えない。人間にはある程度、自己を決定する能力があり、責任もあると思っ
ている。 
でもなおかつ今でも、ある人が悪事をはたらいたとしたら、どこまでその責任を問えるのか
…どこまでが非難すべき要素で、どこまでが同情すべき要素なのか…そんなことは誰にも分
からないと思っている。



立ち読みしただけなのだが、最近、目の不自由な人のために1500冊もの点字への翻訳をし
たという死刑囚について
書かれた本を見た。 

刑が確定してから13年間たち、死刑は執行された。周囲の人は誰も刑が執行されると思っ
ていなかったらしい。 

******** 
作家として認められていた、永山則夫氏も事件から30年近く経って処刑された。 


こうした人たちを死刑にする必要が本当にあったんだろうか。 
死刑制度があり、死刑判決が下ったからというのは死刑を執行する十分な理由になるんだろ
うか。 



無期懲役と死刑との量刑に格差がありすぎることが日本の法制度の問題として長年、指摘さ
れてきた。 いい加減、本当にこれを何とかするべきではなかろうか。死刑を廃止し、終身
刑を(あるいはアメリカの様に懲役200年という様な刑を)可能にすべきだと思う。 



******** 
はるか昔にあるテレビ番組で見た写真が印象に残っている。 
番組の内容はほとんど覚えていない。その写真のことだけを覚えている。 


二人の人間が実の親子の様に仲良く笑って写真に写っている。 


女性の方は実の子を殺された母親で男性の方は、殺した犯人だった。


番組でその二人の経緯を詳しく説明はしなかったと思う。 
でも、二人の人間が乗り越えてきたであろうものを想像すると、ちょっと胸が熱くなった。 




加害者と被害者がここまで和解できるケースは極めてまれだとは思う。でも、どんなにわず
かでも、その可能性だけは残しておいて欲しいと思う。 


死刑にしてしまったのでは、可能性は残らない。






...............



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ