-----------------------------------------------------------------
#11 道徳に正しい道徳も間違った道徳もありません。あなたにはあなたの
    道徳があり私には私の道徳があるわけです。そうですよね?
-----------------------------------------------------------------



     道徳における相対主義と呼ばれるこうした考え方は大変古くから存在
  してきましたが20世紀初頭にはヨーロッパにそれまで知られていなか
  った世界各地の社会の慣習が伝えられたのにともない、流行となりまし
  た。第二次世界大戦後、この流行はすたれましたがその後も時折、復活
  のきざしを見せます。

     我々が支持すべきだとされる道徳的立場というものも、もともとは個
  人的な意見のひとつに過ぎず、絶対的価値を持つものではない、という
  のがその主張です。

     この立場に立つことの主な問題点は人種差別の様な一般には道徳的に
  みて是認しかねる慣行をも非難することができなくなってしまうという
  ことです。相対主義を支持する人は何を根拠にヒトラーの民族浄化の思
  想を非難(もし非難するのであれば)できるのでしょうか?彼が唱えた
  「最終的解決(*1)」も道徳的真理の一つであったと認めなければならな
  いのでしょうか?

     相対主義者たちは他の社会の慣行を非難できないのみならず自らが属
  する社会における道徳的議論に参加することさえできません。たとえば
  もし誰かがペットフードに使う事を目的に人間の子供を産み殺すことを
  提唱したとしても、その提唱者がそのことを道徳的に問題がないと考え
  ているかぎり、それを非難はできません。

     それに加え、何をもって進歩とみなすかという基準も持たないため社
  会の道徳的進歩という概念を支持することもできません。安楽死や(重
  い障害を持つ)嬰児を殺すことや胎児を実験のために使用する事の是非
  といった道徳的問題に関しても発言できる立場にはありません。


     こうした問題に対し、相対主義者は道徳的に正しい事とはその社会が
  支持する考え方なのだと主張する場合もあります;道徳的に何が正しい
  かということはその社会の慣習や慣例の反映以上のものではないという
  ものです。彼らの主張によれば西欧社会においては動物を屠殺すること
  は大多数の人が認めているがゆえに容認し得るものだということになり
  ます。

     この議論もたいして根拠のあるものではありません。南北戦争以前は
  奴隷をもつことは正しいことで戦争が終わってから正しいことではなく
  なったというのでしょうか? すべての道徳的問題に関する決定は世論
  調査によって決めるべきだと言うのでしょうか?


     異なる社会には異なる慣行があり、ある人には道徳にかなっていると
  見られる行為が別の人には道徳にかなっていないと見られるということ
  があるのは事実です。しかし、そうした違いはそれぞれの人が置かれて
  いる状況の違いから来るものです。

     たとえば、生きていくだけで精一杯の様な状況にいる人々にとって限
  られた食物の一部を幼児のために割り当てることは、食物を集めること
  に寄与できる家族の他の成員の生存に対する重大な脅威となります。こ
  うした状況下においては嬰児殺しも道徳的に是認し得るものとなる可能
  性もあります。


     しかし道徳的な真理というものは確かに存在しています(さもなけれ
  ば道徳はなにごとをも禁止する力を持たない空虚な存在となってしまう
  でしょう)
  
     動物に対する差別に反対する人々は奴隷制度や人種差別や女性差別に
  反対してきた道徳的真理を求める人々と同じ流れの上にいるのです。

              AECW
                                 




     動物の権利運動の支持者の多くは(私自身を含めて)道徳とは相対的
  なものだと思っています。動物の権利という考え方は神話めいた教えや
  定義が困難な普遍的道徳としてしまうよりも動物の権利に反対する人が
  持つ道徳概念にのって議論した方がより説得力があるものになると私達
  は信じています。

     道徳における絶対主義への反対意見として以下の簡潔な指摘をするこ
  とができます:そうした絶対的道徳というものはどこからやって来るも
  のなのでしょうか? 
     道徳的絶対主義とは権威主義的なものにすぎず何の解決ももたらしま
  せん。

     もし本当に「道徳的真理」なるものが存在しているのならそれが本当
  に道徳的真理であるかどうかを判定する方法があってしかるべきですが、
  もちろんそんな方法は存在しません。証明する方法すらない「道徳的真
  理」の存在をAECWがどうして確信できるのかが私には不思議です。


     人の道徳心を喚起する方法の一例としてその人がなぜ他の人間のこと
  を配慮するのかたずねてみる事が考えられます。

  その人はほぼ間違いなくこうした配慮がたとえば

  1)人間は言葉を使えるから
  2)人間は交響曲を作曲できるから
  3)人間は遠い将来の計画を建てることができるから
  4)人間は文字や科学技術といった文化を持っているから

  などといった様な事実を理由にしているわけではない事に同意するでし
  ょう。更にはこうした配慮は人間が苦しみや痛みや傷を感じるといった
  ことを根拠にしていることを認めるでしょう。
     そこまで来れば人間以外の動物も苦しみや痛みや傷を感じる存在であ
  ることを指摘すれば良いのです。そうすれば自然とその人の人間以外の
  動物に道徳的地位を認めない態度は根拠もなく矛盾したものであるとい
  うことが浮かび上がります。

              JEH
                          





     ACEWの意見とJEHの意見の中間にあたる考え方もあります。

      数学の体系がいくつかの公理に基づいて作られているのと同様に倫理
   の体系もいくつかの公理に基づいて組み立てることができると考えられ
 ます。倫理の体系の基礎となるのはたとえば「不必要な苦痛を与えるの
 は間違ったことである」といった様な道徳的公理です。そうしたいくつ
 かの公理に加え、推論の方法論(演繹法や帰納法など)や経験的事実を
 考慮することで倫理的仮説を導き出してくる事は可能です。そうした意
 味のおいてはある道徳的意見が真実であると言うこともできます。

      もちろんそうした道徳的公理の内容に反対する事は可能ですし、それ
 が可能であるという点で道徳が「相対的」であるという言い方もできま
 す。しかし道徳的真理という概念自体は無意味なものではありません。

      幸いなことに最も基本的な道徳的公理はほとんど普遍的と言えるまで
 に受け入れられている様に思われます。社会を機能させるためにはそう
 した公理を認める必要があるためです。もし道徳的意見に食い違いがあ
 る場合にはJEHが言った様な「道徳心を喚起する」方法で問題はっき
 りさせ、議論すれば良いでしょう。
 
              DG





  固定観念にとらわれずにものを考えることができる人間にとって、
  動物が被っている苦痛は人間が被っている苦痛以上に容認しがた
  く感じられるものがある。人間が被っている苦痛については少な
  くともこうした苦痛は悪いことであり、苦痛をひきおこしている
  人間の行為は犯罪的であると認識されている。一方では毎日、無
  数の動物がわずかな良心の呵責もなしに無益に殺されている。も
  しも誰かがそうした事を指摘すればその人はばかげた事を言って
  いると思われてしまう。その事こそが許しがたい犯罪的行為なの
  だ。
      ロマン・ロラン(作家、1915 ノーベル文学賞)
                      

 参照: #5


    訳注 *1.  最終的解決(the Final Solution)
       欧州のユダヤ人を絶滅させようとしたヒトラーの
       計画のこと





...............


    -----------------------
    #11  There is no correct or incorrect in morals; you have yours and I
        have mine, right?
    -----------------------

      This position, known as moral relativism, is quite ancient but became
    fashionable at the turn of the century, as reports on the customs of
    societies alien to those found in Europe became available. It fell out of
    fashion, after the Second World War, although it is occasionally revived.
    Ethical propositions, we are asked to believe, are no more than statements
    of personal opinion and, therefore, cannot carry absolute weight.
      The main problem with this position is that ethical relativists are
    unable to denounce execrable ethical practices, such as racism. On what
    grounds can they condemn (if at all) Hitler's ideas on racial purity?
    Are we to believe that he was uttering an ethical truth when advocating
    the Final Solution?
      In addition to the inability to denounce practices of other societies,
    the relativists are unable to counter the arguments of even those whose
    society they share. They cannot berate someone who proposes to raise
    and kill infants for industrial pet food consumption, for example,
    if that person sees it as morally sound. Indeed, they cannot articulate
    the concept of societal moral progress, since they lack a basis for
    judging progress. There is no point in turning to the relativists for
    advice on ethical issues such as euthanasia, infanticide, or the use of
    fetuses in research.
      Faced with such arguments, ethical relativists sometimes argue that
    ethical truth is based on the beliefs of a society; ethical truth is
    seen as nothing more than a reflection of societal customs and habits.
    Butchering animals is acceptable in the West, they would say, because
    the majority of people think it so.
      They are on no firmer ground here. Are we to accept that chattel
    slavery was right before the US Civil War and wrong thereafter? Can all
    ethical decisions be decided by conducting opinion polls?
      It is true that different societies have different practices that
    might be seen as ethical by one and unethical by the other. However,
    these differences result from differing circumstances. For example, in
    a society where mere survival is key, the diversion of limited food to
    an infant could detract significantly from the well-being of the
    existing family members that contribute to food gathering. Given that,
    infanticide may be the ethically correct course.
      The conclusion is that there is such a thing as ethical truth
    (otherwise, ethics becomes vacuous and devoid of proscriptive force).
    The continuity of thought, then, between those who reject the evils of
    slavery, racial discrimination, and gender bias, and those who denounce
    the evils of speciesism becomes striking.
                                    AECW

      Many AR advocates (including myself) believe that morality is relative.
    We believe that AR is much more cogently argued when it is argued from the
    standpoint of your opponent's morality, not some mythical, hard-to-define
    universal morality. In arguing against moral absolutism, there is a very
    simple objection: Where does this absolute morality come from? Moral
    absolutism is an argument from authority, a tautology. If there were such
    a thing as "ethical truth", then there must be a way of determining it, and
    obviously there isn't. In the absence of a known proof of "ethical truth",
    I don't know how AECW can conclude it exists.
      An example of the method of leveraging a person's morality is to ask the
    person why he has compassion for human beings. Almost always he will agree
    that his compassion does not stem from the fact that: 1) humans use language,
    2) humans compose symphonies, 3) humans can plan in the far future, 4) humans
    have a written, technological culture, etc. Instead, he will agree that it
    stems from the fact that humans can suffer, feel pain, be harmed, etc. It is
    then quite easy to show that nonhuman animals can also suffer, feel pain, be
    harmed, etc. The person's arbitrary inconsistency in not according moral
    status to nonhumans then stands out starkly.
                                    JEH

      There is a middle ground between the positions of AECW and JEH. One can
    assert that just as mathematics is necessarily built upon a set of
    unprovable axioms, so is a system of ethics. At the foundation of a system
    of ethics are moral axioms, such as "unnecessary pain is wrong". Given
    the set of axioms, methods of reasoning (such as deduction and induction),
    and empirical facts, it is possible to derive ethical hypotheses. It is
    in this sense that an ethical statement can be said to be true. Of course,
    one can disagree about the axioms, and certainly such disagreement renders
    ethics "relative", but the concept of ethical truth is not meaningless.
      Fortunately, the most fundamental ethical axioms seem to be nearly
    universally accepted, usually because they are necessary for societies to
    function. Where differences exist, they can be elucidated and discussed,
    in a style similar to the "leveraging" described by JEH.
                                    DG

      To a man whose mind is free there is something even more intolerable
    in the sufferings of animals than in the sufferings of man. For with the
    latter it is at least admitted that suffering is evil and that the man
    who causes it is a criminal. But thousands of animals are uselessly
    butchered every day without a shadow of remorse. If any man were to
    refer to it, he would be thought ridiculous. And that is the unpardonable
    crime.
                                    Romain Rolland (author, Nobel 1915)

    SEE ALSO: #5





このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ