---------------------------------------------------------------------
#15 動物に荷物運搬やその他の仕事をさせる事は搾取に当たるのでしょうか?
---------------------------------------------------------------------


   この問題を簡単に考えると我々は皆、生きていくために働かなくて
   はならないのだし、それは動物だって同じだと言う事も出来るでしょ
   う。問題は私達、動物の権利を支持する人間は動物の事を人間の子供
   と同じ様な存在として見ている事でしょう。つまり、両者とも同様に
   保護されるべき存在であり権利を持ちながら道徳的責任を負う能力は
   ないという事です。

   私達は子供を強制的に働かせたりはしません! とは言っても子供
   と動物は違うと言う人もいるでしょう。その主張は次の様なものです:
   動物は永久に自分で判断する能力を欠いた存在だ(自ら進んで働くの
   に同意する事はあり得ない)子供の場合は違う。

   子供には完全に大人になるまでに発育し道徳的自我を獲得するため
   の時間が必要とされるため、私達は子供に労働を強要しません。

    動物に対して私達はその動物が役に立てる仕事をさせ、その代わり
   私達は彼等を殺して食べたりといった虐待はしないという考え方もあ
   ります。もしそうした事が十分な配慮のもとになされるのなら、つま
   り動物達の働く条件が搾取工場的なものではなく、十分な休息や余暇
   等が与えられる等適切なものであるなら人間と動物の両方を満足させ
   双方に利益をもたらし、動物の権利の哲学にも反しない関係を作る事
  は可能でしょう。

               DG







...............

    -----------------------
    #15  Is the use of service animals and beasts of burden considered
        exploitative?
    -----------------------

      A simple approach to this question might be to suggest that we all must
    work for a living and it should be no different for animals. The problem is
    that we want to look at the animals as like children, i.e., worthy of the
    same protections and rights, and, like them, incapable of being morally
    responsible. But we don't force children into labor! One can make a
    distinction, however, that goes something like this: The animals are
    permanently in their diminished state (i.e., incapable of voluntarily
    assenting to work); children are not. We do not impose a choice of work for
    children because they need the time to develop into their full adult and
    moral selves. With the animals, we choose for them a role that allows them
    to contribute; in return, we do not abuse them by eating them, etc. If this
    is done with true concern that their work conditions are appropriate and not
    of a sweat-shop nature, that they get enough rest and leisure time, etc.,
    this would constitute a form of stewardship that is acceptable and beneficial
    to both sides, and one that is not at odds with AR philosophy.
                                    DG


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ